“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

原因と結果の法則編4

はい、どーもー。最近アストラル界でシュタイナーとどつき漫才の練習に勤しんでいるというオレさまです。シュタイナーの「なんでやねん!」というツッコミの間の悪さについついイラっとくる日が続いていますが、ぽまいらはいかがお笑い芸人の道を歩んでいやがりますか。



あー。さて。



そんなアホなことはともかく。原因と結果の法則編、続きを抜粋していこう。



「どんな苦悩も病気も貧しい境遇も、すべては今回との人生と過去世において未解決になっている行いの結果にすぎません。偉大なるゴールとは、不健全なエネルギーを浄化し、ネガティブなエネルギーを創らないようにして、善い思考と行いのマスターになることです。



そうすれば、私たちは3つの体を過去の行いの重荷から解放し、健康と調和を享受できるようになります。



カルマ的な影響と、それに付随して起こる偶発的な出来事に支配されたままでいてはいけません。なぜなら、私たちには幸いにも自由意志と理性が授けられ、本来私たちはそれらのマスターなのですから。」




オレさまたちが生まれ、そして生きていくと、カルマと関連して、あらかじめ「決められた出来事」にいろいろと導かれる。



だが、ここで「人生のすべてはあらかじめ決まっているのだ」という運命論者に陥るのは、早計かつ愚挙としかいいよがねぇ。下線部にもあるように、オレさまたちには自由意志理性がある。



目の前に何がたち顕れても、それにどう対応するかは、オレさまたちの自由意志にゆだねられている。そして人生で出会う「辛く、困難なこと」というのは、オレさまたちが成長し、永遠のパーソナリティー(ハイアーセルフのような、本当の自分のこと)に調和していけるようにするために顕れるんだ。



そこには罪とか罰といったものは、決してないんだ。原因と結果の法則は、オレさまたちを目覚めさせ、より進化発達させるために機能している。病気、不運、事故と呼ばれるさまざまなアクシデントさえも、オレさまたちを永遠なるものへと近づけさせるために訪れてくるものだ。



それはどんなに痛くても、ダスカロスの言うように、「常に受け取るに値する」。



この世界を生きていれば、とてもそうは思えない理不尽なことばかりに思えるかもしれない。しかし、こうした神秘学的な知識は、理解して受け入れることができれば、前を向き歩き続けるための支えとなるだろう。キリストが言ったように「真理はあなたを自由にする」のだ。



どんな絵の具が用意されていたとしても、臆することなく向き合って、最高の絵を描いていこうじゃねぇか。原因と結果の法則は、おまえに扱えない絵の具を人生にもたらすことは、決してないのだから。そしてそれが今度はよい「原因」となり、おめぇの人生をより豊かなものにる結果となって廻ってくることだろうぜ。



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter