スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

講座お疲れ様でしたー!

講座参加された皆様お疲れ様でした!

今回内容濃かったですねー。

夏樹が当日朝の5時まで頑張ってただけありまんた。

 

私はなんか知らんが講座終わって寝て起きたら

体型がものすっごい変わってて笑いましたw

 

あと、初めての方に

うまく站とう教えられなくて

べらぼうに申し訳なかったです。

 

わかんないとこあったら言ってね!

 

大丈夫、大体夏樹がなんとかしてくれる。

 

あと、站とうに慣れてきた方は、

つま先と膝正面でまっすぐ立つことも意識してみて下さい。

「まっすぐ立つ」って意外と難しいです。

てか、私もまだ出来てない。

 

ちなみに。

甲高お椀型の足の人は、

割と足の外側の方で体重を支える癖がついていて

足の親指に体重が乗りにくいみたいです。

(ってか、私がそうですw)

日常生活でひたすら親指に体重が乗るように意識すれば、

そのうち乗るようになってくると思うので、

大変だけどちょっと頑張ってみてください。

※私の体験談だけどもね。^^;

 

座学の方に関しては夏樹からメールが行くと思いますので

そちらから質問などお願いします!

 

それではまた!

 

登録特典つきメールマガジンのお知らせ

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を待ってます。
内容にもどんどん質問してくださいね。


☑本物のスピリチュアルな成長に関心がある。
☑基礎的なスピリチュアルな体系を知りたい。
☑「最高のヒーリング」とは何か知りたい。
☑もう小手先のスピリチュアルは要らない。


そんな方に最適な「神秘学ベーシックテキスト」
もプレゼントします。

 

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

    • 塚口雅生
    • 2015年 8月 31日

    お疲れさまでした。
    今回の講座は本当に難しかった。初めて受けてたら心折れてました。藁。人間存在の問は身近だから特にわかった気でいるからこそ。かも知れないですね。
    あと、ターコさんの「笹食って場合じゃねえ」Tシャツ
    ツッコミどこ満載でツッコめなかったのすいませんでした。(^_^)
    質問です。真っ直ぐ立つて練習がイマイチしっくりこない感じなんで今度講座のとき、教えてください。
    塚口

    • 加藤 夏樹

      塚口さん
      「まっすぐ立つ」って難しいですよね。
      単に背筋を伸ばせばいいという意味とも違い。。。
      武術的な話になりますが、
      本当の意味でこれが出来る人は「達人」ですw

      もちろんそんなレベルが必要なわけではなく。

      気功を実践するうえで、
      きちんとした立ち方、ってところですね。

      適切な体重バランス、
      背筋の伸ばし方、
      そして力みをとる。

      基礎的なところが出来れば、
      十分です。

      そして塚口さんの場合、
      基本的には十分正しいんですよ。
      気のたまり方を見ていてわかります。

      ある程度正しい立ち方を身に着けて、
      そしてさらに自分で実践していくと、
      カラダが自然に最適化されていくんですね。

      多分塚口さんはその「ある程度正しい立ち方」は
      できてると思いますので次回までまた日々取り組んで
      いてください。

      またじっくりチェックしますぜ!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter