スピリチュアルとは何か。瞑想のやり方や理論、霊的学びや真理の探究など。

エーテル界との境界

画像出典

昔ギンコっぽいと言われていたもので。蟲師を使用してみた。(笑)

 

 

どーも。夏樹です。今回は2008年9月の記事より。

 

最近、ディープに自然の中に埋没していないな、
とふと思ったり。

 

とはいえ、街の中にあるが、
小さいながらもそれなりに美しい山が
近くにあるからいいのだが。

 

まぁ山といっても公園みたいなものだが。

そうは言っても、
小さいながらも山である。

やはり、生命にあふれている。

歩くと気持ちよく、
十分にエーテルの中を歩いていると実感できる。

 

 

 

さまざまな形態の生命が息づいている。
通常の視力で見える見えないに関係なく、
「カタチ」とは生命であるとつらつらと実感する。

 

エーテルとは、
形態形成力と言い換えることができる。

生命とは、すべからく、
なんらかのカタチをもっているものなのだな。

 

ゆえにカタチというものは、
表面的であると同時に、
本質の一旦を示す。

 

カタチには、
本質がにじみ出ている。

 

多かれ、少なかれ。

たとえば高等生物は高等生物と形態を持ち、
原始生物は原始生物のカタチを持つものなのだ。

 

森の中には、
さまざまな形態の生命にあふれている。

 

繰り返すが、
目に見える、見えないは関係がない。

 

風としか思えない生命も、
それはそれで一つの形態なのだ。

 

見えないならば、
見えないなりに感じればいい。
そこに息づく生命の気配とカタチを。

 

オレさまたちの住まうこの世界と
ほんの薄皮一枚の向こうには、
おおよそ想像もつかないカタチを持った、
生命がある。


エーテルの横溢する、
なんと躍動感あふれる世界か。

 

それもまた、この宇宙の一部屋なのだ。

遥かな高みも、この先にあるのだ。

ここが支えているのだ。

ここに、宇宙への入り口が確かにあるのだ。

 

宇宙が、ここに在る。

 

枯れ落ちた一枚の葉に宇宙を見出せない者に、
かの世界が扉を開けるはずがないのだ。

 

ま。そんな話だ。

 

登録特典つきメールマガジンのお知らせ

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を待ってます。
内容にもどんどん質問してくださいね。


☑本物のスピリチュアルな成長に関心がある。
☑基礎的なスピリチュアルな体系を知りたい。
☑「最高のヒーリング」とは何か知りたい。
☑もう小手先のスピリチュアルは要らない。


そんな方に最適な「神秘学ベーシックテキスト」
もプレゼントします。

登録はコチラから☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

カテゴリー

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/12/12)
    ビギ まぁ神智学ではないのだが・・・それはともかく、 >何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか? かまわんよ。またコメントするなりメルマガに返信するなりしてくれ。
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar ビギ さんより(21/12/05)
    どうにもその神智学は自分にはまだ少し早い様子、何なら手を付けないのも選択肢に含まれそうです。ですが何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか?
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/12/05)
    ビギ おう。ご希望にそえない点もあったかと思うが、すまんね。
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar ビギ さんより(21/12/04)
    返信しないとばかり思っていました(・・;) ①の方はほっとくはそう思います。現実に向き合うと言い出しているみたいです。神=キリストなら宗教観が総崩れですね(・・;) キリストの水は検討ついてましたが、物質おばけみたいな魔女とか一緒にわかるとは思いませんでした。 ②も含めて返信ありがとうございました
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter