スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

オレさまの暴論の50%はぢつは正論な気がする今日この頃・・・

そんなタイトルとはまるで関係のない、ついでに中身もない記事でも書こうかな、キャハっ♪なんてカワイぶってる社会不適合な神秘学徒オレさまですが(←はい、ここ、今日の複線な。)、ぽまいらはいかが「早く民主党政権つぶれないかなー♪」なんて早くも思っちゃっていやがりますか。



さて。最近、おもろいスピブログ・サイトがない。てめぇでいちおースピブログにカウントされるだろうブログ書いておいて言うのもなんだが。ないものはないんだから、しょうがない。



つかいっそのことさ、いわゆるアセンディッド・マスターらがてめぇで書けばいいとおもわねぇか? 大体、彼らのメッセージを伝えてるチャネラーが、ウソかホントかわかんねぇじゃん。それにチャネリング自体、チャネラーの質に大きく左右される。ミスのほぼないような正確なチャネリングなんて、それこそダスカロスがヨハナン(黙示録の著者とされるヨハネ)の教えやメッセージを伝えていたようなものくらいだ。



つか、そのレベルになっちまうと、もうチャネラーというか、ダスカロスのように一流の神秘家なので、本人自身のメッセージがすでに高度な教えなのだが。



そんなわけで、結局、チャネラーなどという中途半端なデンパなんぞ要らんな。(藁



という結論だ。その点、チャネラーを介さず、たとえばマスター・ヒラリオンがブログを書けば、チャネラーどもも失業してちょうどいい。シュタイナーによると、ヒラリオンは地中海を中心として活動しているそうだ。ダスカロスも生前、肉体化したヒラリオンに会ったことがあるようなので、確かに向こうで活動しているのだろう。



きっとヒラリオンのことだ。『アドリア海といえば、紅の豚。地中海といえば、このオレ、ヒラリオンの海。波動を下げるバカどもは、オレがみっこみっこに蹴散らしてやんYO!』とか逝ってノリノリで毎日更新してくれるに違いない。



そしてきっと、『キミが男だったら、オレの船に乗れ。そして胸に信じるもののために戦え』なんて小粋なセリフでオトコたちのハートをわっしとワシ掴みで、アセンションに導いてくれるに違いねぇ。



いやー。ヒラリオン、オトコだねぇ。 


・・・・・


・・・・・


あー。



そんな妄想じみたバカ話はともかく。



ブログといえば、PANDORAのリンク集。



ヒマなときは、よくここのリンク先を見ていたりする。どういうわけか、いふはアタマが呆ければ呆けるほど、妙な嗅覚が働くらしい。そのせいか、リンク先のブログがけっこう面白い。その中でもひときわ異彩を放っているのが、



社会不適合者TJの独り言だ。



いまオレさまの中でダントツ、ぶっちぎりの一位状態。もう、タマラない。本人にいえば苦笑するに違いないが、これまたダントツで




ぶっちゃけここ、「若いヤシらの教育上、いいだろ」とマヂで思っている。



本気だっつーの。(藁



そんなワケで、たまにゃー非すぴ系ということで、上記のプログをオオスメしちまう今日このごろだ。



ま。そんな話だ。



・・・最後まで書いて気付いたけどよ、なんとなくタイトルと結局うまくリンクしてね?(藁

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter