“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

オレたちのショーン川上が、ほらっちょ川上と暴露されたww

どーも。なつきです。

トウトツですが、あえて言おう。ショーン川上ことほらっちょ川上は、このインターネッツ全盛時代の不幸な犠牲者である、と。

 

さて。最近、報道ステーション等にたびたび出演していた、国際的な経営コンサルタント、ショーン川上。アメリカの大学を卒業し、さらにMBAを取得、有名コンサルティング会社に就職して実績を積むなど、華々しい経歴から昨今はテレビの文化人枠で活躍していた。「インテル、はいってる」のシブい声の人、といえば分かる人もいるだろう。

 

たびたび報道ステーションを見ていたおり、よく登場していたので、「ちょw なにこのホストww うさんくせぇww」とヨメとよく笑っていた。我が家にとっては、とても良い笑いのネタ的なポジションを獲得していたショーン川上。ダンディでうさんくさいルックスと、シブいイケてるボイスでオレさまのハートをもキャッチしていたショーン。そんな愛すべきショーンが、学歴やら経歴やらの虚構が例によって荒ぶるセンテンススプリング文春に暴露されてしまい、完全な経歴詐称の人だったとバレてしまった。

 

それでもいおう。オレはショーンが好きだ。

しかもだ。センテンススプリングの暴露はようしゃない。ショーンの地元を訪ね、「ほらっちょ川上」(ほらふき野郎という意味らしい)というアダ名だったことも突きとめてしまった。愛すべきショーン川上は、まさにほらっちょだった。

 

しかしである。おれはあまり、このほらっちょを攻める気にはなれない。

テレビに出て、「それなりに」ビジネスを語り、大統領選について意見を求められれば、中道よりやや保守派的な意見をなめらかにしゃべるほらっちょ川上。そのスタンスは、左巻き跋扈する報道ステーションの中では、むしろ輝いていた。いや、あえていおう。一番まともですらあった、と。

 

よっっぽど偏っている知識人たちの方がかの番組には跋扈していたのだ。そんな中、ほらっちょは、あのうさん臭いまでの滑らかなトークとそれっぽい知識をちりばめて、まっとーな知識人風であり、見識を有していた。あのホストのような外見とうさん臭さにもかかわらず、ほらっちょは誠実な人柄ですらあるかのようにふるまった。そして番組側もそんなほらっちょをとても便利なツールとして利用した。

 

・・・っていうか、同罪だろ。ろくに経歴とかきちんと調べもせず起用していたんだから。

 

しかしさ。ちょっと思ったわけ。ほらっちょが、どんなモチベーションで立派な経歴を詐称してなりあがったのかわからん。実際は高卒だったらしいけど、それを隠してMBA取得の経営コンサルタントであり、文化人として、国際的なビジネスパーソンとしての仮面をかぶりつづけた彼は、テレビという虚構の世界において、一種の「役者」として、「国際的ビジネスパーソン」の役割を見事に演じていた。その努力だけは、なんというか、立派なもんただと思ったよ。(笑)

 

ウソも付き続ければなんとやら・・・じゃねぇけどね。なんつーか、神秘家としてのおれが言っちゃいけない気がするけども、それでもここまで演じてなりあがってきたショーンに、ネガティブながらもその努力と結果に対して、ある種の敬意すらもっちまったよ。(笑)

 

そして同時に思うわけ。仕事であれ人間関係であれ。結局、「ウソ」「隠し事」というのは、リスクでしかないということ。誠実さ、正直さというのは、実は最強のリスクヘッジなのだ。大人になればウソの一つや二つはつくこともあるだろう。しかし、それが誰かが傷つくのを避けるためなどの「方便」でもない限り、やっぱりつかない方がいいのだ。

 

真実をあかせること。

 

その強みは、いつの時代ももっと強い礎を人生にもたらしてくれるに違いない。

 

もしこの話に多少なりとも教訓があるならば、そんなところではないだろうか。

 

正直たれ。

当たり前で、当たり前すぎるの結論だけど、存外これが難しい―のかもしれねぇな。

 

ま。そんな話さ。

 

 

 

人生を変える8本のメールレッスン

★★★★★★★★★★★★★★
プロのヒーラーが学びに訪れる
スピリチュアルの専門家が
書き上げました!
 
1055人が読むだけで元気になり、
 
「人生を諦めない!」
 
と気力が爆発した8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter