“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

スピリチュアルで言う「波動を高める」の意味ってなに?

スピリチュアルで言う波動って言葉について

どーも。夏樹です。

 

今回は過去メルマガからの編集記事。

そして読者からの質問をもとに書かれている。

 

スピリチュアル系の言う波動アップとはなんぞや

さて。

読者からもらった質問の中で、気になった質問がある。

 

「世のスピリチュアルサービスの中で、

波動アップを詠うものが結構ある。それはホントか」

 

・・・最近は

ヨソさまを否定するような言動を控えている、

すっかり丸くなったオレさまだが・・・

そうね。


そもそもそのテのサービスでよく言う「波動をあげる」とはどういう意味か、

考えてみよう。

 

スピリチュアルな道は本来、根源へ向かって霊的成長を促す

 

さて。一件遠回りする

ような解答をしていく。

元来、スピリチュアルな道は、霊性進化の道だ。

 

それはテオーシス(神との一体化)を目指す道を意識的に歩むことなんだ。

 

もっと簡単に言うと、神様に近づく道だ。

 

そしてこの「世界」とは、根源たる「神」を始原とし、ここがもっとも高き波動の世界と仮定できる。

この世界は神から生まれ、神へと還る。

そんな英雄神話の構造のような、行きては還る物語だ。ヒーローズジャーニーだな。

 

つまり、波動を高めるとは、広義の意味において「神様に近づく」ということを意味する。

 

意味しなくてはいけない。

 

一方、世にある「波動アップ」のグッズとか方法論って、効果があるという前提で言えば(笑)、


方法論は多々あれど、


・今現在のストレスを解放する。


・今現在のマイナス要因をつきとめ、除去する。


・今現在のマイナスの影響を与える因子から身を守る。


・今現在の心因性のネガティブな波動低下の要因を緩和・除去をする。


といった類の効果をうたうものばかりではないだろうか。

 

オレの知る限りではね。

 

つまりさ、

そういう方法を取るということは、感覚的にすごくスッキリ、あるいは成長した感があっても、


「マイナスをゼロにする」というものなんだ。


言い換えると、根本的に「霊的成長」を促す類ではないように思える。

一時的な心魂のバランスを整える程度ではなかろうか。

 

 

 

高き世界へ向かって―アストラル体(オーラ)のカタチが異なって見える


ちょっと考えてもらえれば分かるが、本質的に波動を高めるとは、神様へと向かうことと言ったように、「自分の存在次元」自体を高めることなんだ。

 

そしてそのためには、三次元の肉体だって十分な調整が必要だし、心魂、つまり「霊的身体」の練磨が必要になってくる。

 

高い霊視能力者にとっては一目瞭然なんだが、ほんとに波動の高い人=霊性の高い人って、アストラル体の「形状」が違うんだよね。


霊的修行によって、彫塑的に磨きあげられているワケ。

 

 

そんなプロセスが、たかだか数回のサービスで「向上」するわけないと思わないか?


物質の彫刻だって、掘り上げて完成させていくのに、すごく時間がかかるだろ。


波動向上だって同じことなんだ。

とても時間がかかる。

意志という彫刻刀をもち、アストラル体という素材を彫り刻み、美しく仕上げていく。

一体どれだけの時間がかかるというのか。もう推して知るべしの世界だ。(笑)

 

 


どうか、チープで高額なだけのへんなサービスに騙されないようにな。


ちょっとした波動調整でスッキリして、自分が成長したと錯覚し、ストレスだらけの日々の生活に戻り、いずれ元の木阿弥・・・。


そんなことにならないことを祈るぜ。

 

編集後記

と、今回は波動上昇に関する話だった。

参考になれば幸いだ。

何か意見があったら本メルマガから返信してくれればオレに届くぜ。


まったなー。

 

 

 

受講者1300人以上! たった8本で人生が変わる魂のメールレッスン

~キミが幸せになっても、誰も困らない~

★★★★★★★★★★★★★★

伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと落とし込みました。

「人生を諦めない!」

と気力が溢れてきた8本のメールを公開しています。

★★★★★★★★★★★★★★

 

「もう引き寄せの法則とか、いりません」

 

メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、

伝統的神秘学を平易にかみ砕き、

そのエッセンスで

読者の魂の活力を高め、

人生を切り開く力がパワフルに高まる

メールをお届けします。



このメールは、

ともすれば自分の人生に

見切りをつけ始めた、

とくにover40歳など、オトナたちのために書かれています。


今こそ、「ムリだ」というヤツを笑え!!

【コンテンツ一覧】

1. 人生は「そもそも論」で考えろ!

2. 欲求の階層を把握しろ!

3. 意識にコスモス(秩序)をもたらせ!

4. スピリチュアル・リンケージを生み出せ!

5. 1009回目のプロポーズ

6. 視覚化が未来を拓く

7. 自分の真の敵を知れ

8. もう一度、あなたが立つための力


追伸

本メール講座で「スピリチュアル・リンケージ」という概念を知り、身に着けてください。



☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter