“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

スピリチュアル的にみた親子関係と課題~相性の秘密~

スピリチュアル的にみた親子とは

どーも。

夏樹です。

過去メルマガを編集しつつの新記事作成です。

ほんでね。まぁそれはともかく、実家に帰省すると、ガンで死にかけている親父が、思いのほか元気でまだ持ちそうなんでちょいとホッとしている。

 

なんだかんだと寿命はいきそうだ。

QOL重視のようで比較的ライトな抗がん剤のようなものしか飲んでいない。

本人がそれがいいのなら、いい。幸い効いているのはいいことだ。

 

さて。今回は、スピリチュアル的にみた親子関係について。

「親子」というものは、スピリチュアル的にみてどんな課題を設定して生まれてくるのだろうか。

 

親は子どもにとってどんな存在か



幼少期、オレにとっては恐怖の対象のような親父だったが、長じてからは非常に仲はいい。


息子のオレが言うのもなんかだかんだ尊敬しているし、叶うなら、また彼の息子がいい。

そう思っている。

とはいえ、やはり何かしらの課題というものは親子間で当然存在していたはずなのだ。

「深い縁」というものを頼りに、おれが今世で必要とした環境をもっとも提供できるということを理由に生まれるくることもあるのだけどね。まぁ全く親側の成長のための課題がないことはないが。

 

そこで親父を他人事のように見つめると、「親子関係」においては、結構な成長のための素材を今回の人生で得たように思う。(対息子限定)

 

この放蕩息子( ´艸`)をどう指導するのか。

怒ると叱るは違うという気づき。

どこまでが支援でどこからかがただの甘やかしなのか。

まぁ、親というのは大変だな。

 

一方、対娘関係では、姉貴の話を聞く限り、結構な課題を残しているように思うw

おれに対しては二人目なので随分改善されたが、一人目は一人目ならではの苦労があったようだ。

多分、予定の半分も消化していないだろう。( ´艸`)

 

ついでに夫婦関係はなおのこと、こちらもまだまだ課題を残したなー、とおふくろの反応からはうかがえるw

 

多分だが、親子関係において、親父は「家族といえども独立個人として尊重すること」が課題のひとつだったと思う。

血縁であろうと、他人は他人。

人として尊重すること。

これが思いのほか、難しい。

ほとんどの親は、この点で悩むのではないだろうか。

 

 

親子関係のスピリチュアル/自分の子どもをいかに「個人たる他人」として扱えるのか

おれは今、とくに子どもはもっていない。しかし、もったとして、難しいだろうなと思うことがある。

それは親子であれ、「他人」として自主独立を尊ぶことだ。

 

とくに小さいころは当然、親として「干渉」するだろう。少しでもいい人生を送ってほしいと願い、学校以外でも可能な限り教育のチャンスを与えるだろう。

当然、子どもはそんなことよりも、「遊びたい」だろうから「こっちはおめーの将来を思ってだな・・・」と衝突するだろう。

そこで愛か、エゴイズムか、支配か、放置か、放任か、その線引きが難しい事態に直面するのだろう。笑

世の親御さんはそんな問題と奮闘しつつの子育てだ。頭がさがる。

 

そんな風に非常に難しいのが、子どもの人格を独立した存在として扱うことではないだろうか。

 

そもそも子どもは、幼いころは当然、親が完全に庇護下におかねば、生きられない。一方で少しずつ自我(人格)が生まれ、育ってきたタイミングで、どこまで指導下におくのかという問題に親は直面する。

 

ガチガチに管理したり、放任にしたり。

 

親が百人いれば百通りの子育てがきっとあるのだろう。

 

そしてこの「子どもとの距離感」を間違えたときに、過干渉だの過保護になったり、ネグレクトの問題が生まれたりする。

 

しかし、本来は親と子どもの間には、かつて構築した親和的関係に基づき、親子の関係は生まれてくる。

ただの教育論のような、あるいは心理学のような話だが、この問題は最高に高度な「スピリチュアル」な問題を含んでいるのではないだろうか。

 

 

スピリチュアルな親子関係、成長と清算のはざまで

で、こうした家族関係。証拠は提示できないのでアレだが、シュタイナーにいわせると、「30代以降に理性的に選んだ友人関係など、親和的な関係を結んだ人たち」が多いという。おれと親父は確かにそうだろう、と思う。縁が深い。

 

この関係性で「提供してもらえるもの」が、今世のおれの人生で必要であり、おれは主体的に今の親を選んだ。そしてカルマの管理者らによって承認され、今世での計画とともに生まれてきた。

 

誰のもとに生まれるのか。

 

それは「私」の主体的意志であるとともに、カルマの管理者との協働のもとに計画が立てられるのだ。

 

親子関係のスピリチュアル:実例から

これはある知人の例だ。彼は、ずっと父親との関係が悪かった。

本人は音楽の道にずっと進みたかった。親はそんな水商売で食えるか、とキレた。

しかし、彼は高卒後、フリーでありつつもテレビの番組の音楽、特殊効果音とかをつくる仕事を展開。「普通のサラリーマンの倍くらいは」は稼げるようになった。

ただ、結局父親は死ぬまで彼の仕事を認めようとはしなかったようだ。

 

彼は、彼なりになんとか改善はさせたいと願っていた。それは父親の生前・死後とわずでテーマで在り続けた。

 

まぁそんな彼はスピリチュアル好きも高じて、退行催眠とかも活用したセラピーもやったそうだ。

そこでいわゆる過去世を思い出したという。すると、ずっと昔としては、古代エジプト時代まで遡り、父母とともに、役割を入れ替えながら、ずっと親子関係をしてきたという。

 

そして何度も親子関係のコミュニケーションに関する課題に取り組んでいたようだ。

彼は言った。

 

「この思い出した記憶がただの夢なのか、僕に確かめる術はない。ただ、自分としては納得がいった。ただ親父はもう死んでしまったからなぁ。次回にこの課題は持ち越しかな(苦笑)」とのこと。

 

家族を演じる人たちが、必ずしも同じかはわからないが、特定の人間関係において、何度も何度も成長に向けた課題に取り組むというのは、あるかもしれない。

なぜなら、同じ人と「繰り返す」ことで培われるものがあるからだ。

 

 

親子も夫婦も、相性というのはスピリチュアルな経験値である

「何度も繰り返す関係」というので思い出すことがあるので、ついでなのでふれよう。

人間関係、とくに恋愛・夫婦関係などで「相性」というものがいわれることがある。

この相性に関して、キリスト教神秘主義のダスカロスが指摘していた件がある。


相性とは、一回の転生ではなく、複数回を通じて築かれる関係性、絆が基になるという趣旨の発言だ。

これ、うちのセンセと同じことを言ってるなと思い、印象深い件だ。

「仲のいい夫婦」とは、まさに何度も繰り返してパートナシップを築き、現在の「相性がよい」という状態にまでもってた関係性なのだ、と。

 

そこから考えると、今世ではあまりよくない親子や夫婦、恋人や友人も、来世で出会えばもう少しよくなるかもしれないな。

 

とくに夫婦というのは、そのように何度も出会い、別れを繰り返し、関係性をより良いものへと昇華していく。

今世をよい関係で始め、終えることができたなら、それはきっと、過去世で培った経験の賜物だろう。

そして来世ではさらによくしていけることができる礎を築いたといえる。

 

 

ただ残念なことに、今世では良好な関係を築けなかったとき。

 


これはこれで来世で出会い、課題の解決に取り組むかもしれない。

 


ただ、よく言うだろ。


孝行したいときに、親はなし。

夫婦であれ親子であれ。


そんな忸怩たる思いをしないようにな。

輪廻の神秘は、必ず縁深き人と再会させてくれるが、その機会を実りあるものにするのは、オレたち一人ひとりの努力なのだから。

 

と、親父の死も決して遠い未来ではないのだ、と思いつつ、

そんな話をしてみたぜ。

 

ま。そんな話さ。

 

編集後記

「オヤジ、生まれ変わっても、オレはまたオヤジの息子になりたいと思うぜ」

このセリフを親父が死ぬ前に、きちんと伝えられるかねぇ。


やれやれ。


ま。そんな話さ。

 

 

「人生が変わる」「魂が変わる」8本のメールレッスン

~キミが幸せになっても、誰も困らない~

★★★★★★★★★★★★★★

伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと落とし込みました。

「人生を諦めない!」

と気力が溢れてきた8本のメールを公開しています。

★★★★★★★★★★★★★★

 

「もう引き寄せの法則とか、いりません」

 

メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、

伝統的神秘学を平易にかみ砕き、

そのエッセンスで

読者の魂の活力を高め、

人生を切り開く力がパワフルに高まる

メールをお届けします。



このメールは、

ともすれば自分の人生に

見切りをつけ始めた、

とくにover40歳など、オトナたちのために書かれています。


今こそ、「ムリだ」というヤツを笑え!!

【コンテンツ一覧】

1. 人生は「そもそも論」で考えろ!

2. 欲求の階層を把握しろ!

3. 意識にコスモス(秩序)をもたらせ!

4. スピリチュアル・リンケージを生み出せ!

5. 1009回目のプロポーズ

6. 視覚化が未来を拓く

7. 自分の真の敵を知れ

8. もう一度、あなたが立つための力


追伸

本メール講座で「スピリチュアル・リンケージ」という概念を知り、身に着けてください。



☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(18/03/06)
    認める迄が ↓ココ ー\/ーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーー ーーーーーーーー ーーーーーーー (魂?) なイメージかな? こんな真っ直ぐじゃないけれど。 今の実感としては、入口さえ間違っていたから明後日の方向に行ってるのさえ気付かなかったのが、(自分に至る)入口をやっと見つけた、しかもめっちゃ目の前にあった!っていう迄が長かったから、分析・解体が遅々として進まなくても、「あ、今なんか違っているかもしれない」って気がするだけで、自分にとってすごく進歩しているように思えるの。 で、一回「よっし!これだ!答え(分析結果)出た!」って思っても、 次の時に同じ答え(分析結果)がどうもしっくりこなくて、 「あれ?一回めのはなんだったん?」て戻ってみたら、更に隠れていた答えが見つかって… の繰り返しかな?と(今のところ)思っていて、 正直、自分は内省をしている感ほぼ無いし(←ここにも思い込みがありそう)、 理性ってなんなん?って思うけど(理性が分かっていないことが分かったw)、 これは続けていくしかないな(多分そうせずにおれない)という気がしている。 そんなだから、ダスカロスのチェック事項、まじ多過ぎる。 とっても手がまわんない。 ただ、それだけあるって知っておくと、 光の当てる角度が変えられるっていうのはあるのかな? 何度も云うけど、今の私の雑感だから、後々、 「うわ!全く違ったわ!」となるかもしれん。 それでも北極星が見えているだけで全然気持ち的に楽なんだな。 自分を責めるのって、 自分がすごく正しいことをしているような気がしてしまうんだよね。 それでなかなか止められないのかも。
    » エゴイズムと向き合う
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/03/06)
    責めたらあかんな。(笑) >内省って自分のエゴイズムを認めるまでがごっつ苦しくて、 >そこを突破したら内省ってこういうことか〜って分かるのかなと。 意外とそうでもない。(笑) 認めても分析がすすまないと、なんとも、、、だね。 アレやらコレやらが「エゴイズムだったな」と 気づいたら、その根っこをさらに分析していき、、、と。 理性でどんどこ解体していくんだな。 その過程でさらに分析対象が増えてリストアップされていく。(笑) 単純に「難問」の回答に四苦八苦する受験生のように、 エゴイズムを理性で解体(分析)していくプロセスがまってるぜぃ。 なかなか満足がいく答えにたどり着けないしねぇ。
    » エゴイズムと向き合う
  • User Avatar なが さんより(18/03/06)
    わはw 私、内省の仕方?手法?めちゃくちゃ間違ってたことに気付いたw 自分にダメ出しばかりし過ぎて、ちょっとMっぽくなってたw 今現在の認識だけど、 内省って自分のエゴイズムを認めるまでがごっつ苦しくて、 そこを突破したら内省ってこういうことか〜って分かるのかなと。 スピリチュアルを学んでいるという優越感もあって、 自分はちゃんとやってると思い込んでいたから、間違いに中々気付かなかったのかもな。 ちょっとスピリチュアルから離れて、 要するに外から知識を仕入れることを止めて、 そもそもの自分の感情とか考えの癖とかをどんなにグダグダで利己的であろうと、 これが自分の中にあるものだ と認めて見ぬふりとか押さえつけるのとかを止め始めたら、 今まで教わったことが分かるようになってきた気がする。 まだ、ダスカロスの内省する時の言葉の通りにはいかないけどw
    » エゴイズムと向き合う
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/01/20)
    ははは。(笑)まぁ不吉なほどの難問来たら食らっておきなよw そーなんだねー。httpsも済んでるし。理由がわかんなくてさー。Twitterに問い合わせてもレス寄越さないし。 やれやれだよ。
    » 【実録!】グラウンディング無きスピリチュアルがヤバいワケ【後編】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter