スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

判断と論理理性。ちょとボヤきw

いやはや。最近、バタバタとしていたもんでさ。仕事でもプライベートでも。仕事は言うに及ばずだが、プライベートでもロジカルにおかしいことを言ってるのだが、「オレさまはコレについては分からないだろうけど、」と自分が得た理解を上位に置きたがるスピ系によくお目にかかりがちな言動を見つめる経験を得てしまった。w



だが、仕方がないのかもしれない。改めて考えてみると、「論理」ってヤツはそれ自体ヘヴィな学問体系だし。



日常生活レベルでは、「論理的に考え、筋を通す」ということは普通に誰しも行っている。そうでなくては、「判断」などできないからだ。



普通、人は帰納法的思考をよくするんだ。ごくごく簡単に言ってみよう。

「Aさんが私をバカと言った」
「Bさんもバカと言った」
「Cさんだけは普通と言った」……(事例の収集)



そこから導き出される答えは?



と、やっていく。
Aさんが私をバカと言った。(判断材料1)、
Bさんもバカと言った。(判断材料2)

・・・・


という、判断材料への解釈は固定的だ。必然、導き出される答えも限定されたものしかない。この場合、友人A~Zの発言を拾い、1/3が普通といい、2/3がバカと言ったらせいぜい「私の友人の66%以上が私をバカと思っている。」ということか。w



そこで、帰納法的思考にあわせて、先に答え(命題)を幾つも想定しておいて演繹的に考えると、一気に得られる回答の幅が広がるので、あわせてそうする。たとえば、上記の例では「私はバカではない」という命題を成立させるには? 



その上で「判断」を積み重ねてみるというのもテだ。つまり判断とは「認識可能なこと」、「自明なる証拠」がいるわけだ。



ところで、この「自明なる」がクセモノだ。数学の世界ならともかく、リアルで適用するならば、人聞きの情報だけでは、もちろん自明とはいえない。だから既存の判断材料に対して、「こう解釈することはできるか?」「さらに他の判断材料を求めるべきだ」とか、帰納法的思考だと変わらなかった前提に対してさらにいろいろと考察を加えることを思考的に強制される。



その上で成立する命題を残しておく。その他は、どうしても成立しないなら、「いや、こっちの可能性がある。つかこっちが真実じゃね?」と思っても、本当は「コレは判断不可」、「現時点ではコレは保留」にしなくてはならないことなんて幾らでもある。



ロジックが甘いと、いとも簡単に「ほんとは判断不可」「判断材料たりず。保留にすべし」といったことまで判断してしまうのが人なんだけど。




それぞれの訓練・習慣を経ていないと実はかなり難しい。(っていうかめんどくさいw) それにどこの筋が通っていないのか、自分ではなかなか分からないものだ。だから論理の破綻、矛盾は容易に起こり、分けてはいけない問題を「それとコレとは別」と平気で分けてしまったりもする。



そもそも『逆・裏・対偶』に慣れていないと、論理的に考える、ということ自体おっくうだしな。



そして、一つの結論を得た。



「人は結局、自分の好みのことしか見ないし、考えない」と。



ぽまいらも。せめてたまには「逆に考えると・・・」くらいはクセにおくといいぜ?



ま。そんな話だ。









☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


はいはい。そんなワケで。オレさま主催の『神秘学講座 基礎編』の案内だ。


↓ここ見ておくんなまし。参加してみっか、という奇特なヤシはどうぞ。


神秘学講座 基礎編 参加要綱はこちら


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


                     訂正 1         
                        人気ブログランキングへ

        とりあえず、このランキンングバナーを押すがいい。(藁

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/06/07)
    おっと、コメントに気づかず承認が遅れて失礼! お、うちの会社も本体事業はソーシャルビジネスなんで、 そういうのに興味もってくれるのもうれしいね!
    » なぜ投資家よりビジネスオーナーを勧めたのか。夏樹ラジオVol.4
  • User Avatar ポチ さんより(21/06/02)
    たびたびすみません。 投資家より、事業オーナーを目指すなら、宗教・精神世界に生きる人達にピッタリなアクティビストの書籍があるので紹介させてください。 7つの習慣は個人主義ではなく人格主義なあるべき論ですが、あるべき論を超えて「事業オーナー」のソーシャルビジネスノウハウ書籍です。 素敵な書籍をご紹介頂いたので、なうな書籍をご紹介返しさせてください。 (有名な方なのでご存知かもしれませんが。。。) https://www.amazon.co.jp/dp/456984913X この会社のシステムを見れば意思が垣間見れるかもしれません。 こちらをご覧ください。 https://www.borderless-japan.com/whoweare/ 経済に友愛を、お邪魔しました。
    » なぜ投資家よりビジネスオーナーを勧めたのか。夏樹ラジオVol.4
  • User Avatar ポチ さんより(21/05/27)
    「教える」は重要ですが、力はムーブメントで時代精神なので、感じる人が率先して証明するのが理想だと思います。 ファシリートは誘導の力で必要ですが、思い切りは結局は意志の力なので「覚悟を決めろ」に尽きるとやり取りで学びました。 頑張ります。
    » なぜ投資家よりビジネスオーナーを勧めたのか。夏樹ラジオVol.4
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/05/11)
    生物多様性と霊性多様性はわりと同じ意味ってことで(笑) なんてやり取りを見ていた人から 神秘学選書講座に「七つの習慣」はどうかという声が(笑) あれをファシリテートするのは難しいねぇ。
    » なぜ投資家よりビジネスオーナーを勧めたのか。夏樹ラジオVol.4

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter