“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

判断と論理理性。ちょとボヤきw

いやはや。最近、バタバタとしていたもんでさ。仕事でもプライベートでも。仕事は言うに及ばずだが、プライベートでもロジカルにおかしいことを言ってるのだが、「オレさまはコレについては分からないだろうけど、」と自分が得た理解を上位に置きたがるスピ系によくお目にかかりがちな言動を見つめる経験を得てしまった。w



だが、仕方がないのかもしれない。改めて考えてみると、「論理」ってヤツはそれ自体ヘヴィな学問体系だし。



日常生活レベルでは、「論理的に考え、筋を通す」ということは普通に誰しも行っている。そうでなくては、「判断」などできないからだ。



普通、人は帰納法的思考をよくするんだ。ごくごく簡単に言ってみよう。

「Aさんが私をバカと言った」
「Bさんもバカと言った」
「Cさんだけは普通と言った」……(事例の収集)



そこから導き出される答えは?



と、やっていく。
Aさんが私をバカと言った。(判断材料1)、
Bさんもバカと言った。(判断材料2)

・・・・


という、判断材料への解釈は固定的だ。必然、導き出される答えも限定されたものしかない。この場合、友人A~Zの発言を拾い、1/3が普通といい、2/3がバカと言ったらせいぜい「私の友人の66%以上が私をバカと思っている。」ということか。w



そこで、帰納法的思考にあわせて、先に答え(命題)を幾つも想定しておいて演繹的に考えると、一気に得られる回答の幅が広がるので、あわせてそうする。たとえば、上記の例では「私はバカではない」という命題を成立させるには? 



その上で「判断」を積み重ねてみるというのもテだ。つまり判断とは「認識可能なこと」、「自明なる証拠」がいるわけだ。



ところで、この「自明なる」がクセモノだ。数学の世界ならともかく、リアルで適用するならば、人聞きの情報だけでは、もちろん自明とはいえない。だから既存の判断材料に対して、「こう解釈することはできるか?」「さらに他の判断材料を求めるべきだ」とか、帰納法的思考だと変わらなかった前提に対してさらにいろいろと考察を加えることを思考的に強制される。



その上で成立する命題を残しておく。その他は、どうしても成立しないなら、「いや、こっちの可能性がある。つかこっちが真実じゃね?」と思っても、本当は「コレは判断不可」、「現時点ではコレは保留」にしなくてはならないことなんて幾らでもある。



ロジックが甘いと、いとも簡単に「ほんとは判断不可」「判断材料たりず。保留にすべし」といったことまで判断してしまうのが人なんだけど。




それぞれの訓練・習慣を経ていないと実はかなり難しい。(っていうかめんどくさいw) それにどこの筋が通っていないのか、自分ではなかなか分からないものだ。だから論理の破綻、矛盾は容易に起こり、分けてはいけない問題を「それとコレとは別」と平気で分けてしまったりもする。



そもそも『逆・裏・対偶』に慣れていないと、論理的に考える、ということ自体おっくうだしな。



そして、一つの結論を得た。



「人は結局、自分の好みのことしか見ないし、考えない」と。



ぽまいらも。せめてたまには「逆に考えると・・・」くらいはクセにおくといいぜ?



ま。そんな話だ。









☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


はいはい。そんなワケで。オレさま主催の『神秘学講座 基礎編』の案内だ。


↓ここ見ておくんなまし。参加してみっか、という奇特なヤシはどうぞ。


神秘学講座 基礎編 参加要綱はこちら


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


                     訂正 1         
                        人気ブログランキングへ

        とりあえず、このランキンングバナーを押すがいい。(藁



関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/01/28)
    ゆうゆう まーほんと。 そういうこと言うヤツぁ流行りに のっかってるだけだろ。 「占い師に過去世とか聞いてくる人たちもいて困る」 という占い師側の苦悩も言う人はいるけどw 機械のやつな。どうだろう。 いわゆる「オーラ」とされている色に、 身体のになんらかの情報を変換しているだけだろ。 そこにどんなアルゴリズムがあるか しらんけど。 信ぴょう性はないと思ってる。
    » 占いでオーラが見えるは嘘!スピリチュアルの本質を理解しよう
  • User Avatar ゆうゆう さんより(19/01/28)
    興味深く拝見いたしました(^^) 実際、まともな占い師さんで「オーラが…」なんて言いだす人はいませんね。 オーラといえばキルリアン写真を思い出しますが、あれは信ぴょう性あるのでしょうか… ゲーセンやスピサロンでオーラ写真とかオーラ判定とかやってますよね。あれもどうなんだろ? ご意見お聞かせ願います。
    » 占いでオーラが見えるは嘘!スピリチュアルの本質を理解しよう
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/01/18)
    >justice いや、別に強い表現とかとは気にしてねぇよー。 そうか、あんたの「救いたい」は 業界というよりも、 「ヒーラー」とかやっちまう病んだ連中の 心なのかもしれねぇなぁ。
    » 偽物スピリチュアルヒーラーの実態と3つの見抜き方
  • User Avatar justice さんより(19/01/18)
    すみません、誤解を与えたようです。 文面をよく見ると、表現が強かったですね、すみません(笑) ただこの問題については、意外と根が深いと思います。 ご存じだとは思いますが、スピリチュアルのお仕事している圧倒的多くは、さまざまな事情でスピリチュアルの世界に辿りつき、心の拠りどころとしてスピリチュアルを自分の居場所をとしている方が多いです。 心にいろいろ問題を抱えているのだと思います。だから、理屈に合わない行動を取り、スピリチュアルの仕事やクライアントを「モノ」として利用してしまう人が多くなったのだと思います。 偉そうに言ってすみません。文面の一部は、今日書いたわたしのブログから抜粋しています。 こんなこと書いていますが、スピリチュアルは好きです。 加藤夏樹さんのキャラも好きで、記事も楽しく読ませてもらってます。
    » 偽物スピリチュアルヒーラーの実態と3つの見抜き方

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter