“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

アセンションよりも・・・

はいどーも、放射能の影響でナゾの生命に進化しつつあるオレさまですが、ぽまいらはいかが不謹慎な日本脱出計画を立てていやがりますか。



いやー。



更新をさぼっていた。はっはっ。



いやな、最近はアストラル界でダンブルトアにしごかれていて・・・というのはもちろん冗談だが。



しかしなんだな。ここまで日本、涙目な事態が続くせいか、「アセンションアセンション、とにかくアセンションくるよ! 日月とか黙示録のアレくるって! UFOだってUFJに融資受けてたから!」と叫ぶスピ系が10.8倍(当社比)ほどに増加している様子。



そろそろ「すでに宇宙人が公園で昼寝してます」なんて本も出るかもなんて勢いだ。



でもな。オレさまも基本はアセンションは最終的には「起こる」としているが、「もうすぐ」とか言われるとマユツバだな。



だってさ。メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」にあったんだけどさ、日本は1853年1860年―とくに幕末の三年間―の間に、もっとなみだ目な事態にあってんだよね。



そのメルマガ事態引用してる部分になるので転載はさすがにやめとくわ。なので時系列にまとめると。




嘉永六年(1853年)小田原大地震。



7月、黒船四隻来航。



8月、長崎にロシア軍艦四隻。



嘉永七年(1854)2月、黒船七隻で再来。



5月、京都大火。



7月、伊賀地震。



12月23日、東海地震。



24日、南海地震。


26日、豊予地震。


わずか4日間で大地震三連打に大津波で死者は三万人超。


で、すぐに安政に改元したと思えば、江戸大火。


で、年が替わって安政2年2月。再び江戸大火が発生。


11月11日、江戸直下型の安政大地震。


まぁそのあとには安政の大獄だの桜田門外の変といった政治系も・・・。



そりゃね、放射能こそないけどよ、こんだけ天変地異と人災のコンボをくらってそれこそ日本人にとっては世界がグレンwとかわってくれたが、まぁ空からの助っ人はなかったってわけだ。



当時のほうが生活のすべてがシンプルだから回復は早いという向きもあろうが、代わりに政治的、技術的な救済制度とチカラは現代と比べ、及ぶべくもない。



どっちがより辛く、大変かというのは比べようがないけどさ。



要は、「バカみたいにひどい」天災が来ても、結局人は人のチカラで乗り切ってきた。神に祈っても、救いの手は人の手であったし、再興の力は人の内から流出したものなのだ。



思うんだが。



おすぴな方々のようにスピな知識・スキルを振り回してみたり、アセンションとなえてみたりするよりも。リアルに明日を描いて取り組んでいくマインドとチカラの方が、よほどスピリチュアリティが高いと思うんだがね。



神の愛も救済のチカラも。結局は、「ひと」を通して具現される。それはほかならぬ、おまいら自身を通してなのだ。




ま。そんな話だ。




                     訂正 1  



せっかく来んだから、押しておけって、コレ。(藁↓
                        



関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/01/28)
    ゆうゆう まーほんと。 そういうこと言うヤツぁ流行りに のっかってるだけだろ。 「占い師に過去世とか聞いてくる人たちもいて困る」 という占い師側の苦悩も言う人はいるけどw 機械のやつな。どうだろう。 いわゆる「オーラ」とされている色に、 身体のになんらかの情報を変換しているだけだろ。 そこにどんなアルゴリズムがあるか しらんけど。 信ぴょう性はないと思ってる。
    » 占いでオーラが見えるは嘘!スピリチュアルの本質を理解しよう
  • User Avatar ゆうゆう さんより(19/01/28)
    興味深く拝見いたしました(^^) 実際、まともな占い師さんで「オーラが…」なんて言いだす人はいませんね。 オーラといえばキルリアン写真を思い出しますが、あれは信ぴょう性あるのでしょうか… ゲーセンやスピサロンでオーラ写真とかオーラ判定とかやってますよね。あれもどうなんだろ? ご意見お聞かせ願います。
    » 占いでオーラが見えるは嘘!スピリチュアルの本質を理解しよう
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/01/18)
    >justice いや、別に強い表現とかとは気にしてねぇよー。 そうか、あんたの「救いたい」は 業界というよりも、 「ヒーラー」とかやっちまう病んだ連中の 心なのかもしれねぇなぁ。
    » 偽物スピリチュアルヒーラーの実態と3つの見抜き方
  • User Avatar justice さんより(19/01/18)
    すみません、誤解を与えたようです。 文面をよく見ると、表現が強かったですね、すみません(笑) ただこの問題については、意外と根が深いと思います。 ご存じだとは思いますが、スピリチュアルのお仕事している圧倒的多くは、さまざまな事情でスピリチュアルの世界に辿りつき、心の拠りどころとしてスピリチュアルを自分の居場所をとしている方が多いです。 心にいろいろ問題を抱えているのだと思います。だから、理屈に合わない行動を取り、スピリチュアルの仕事やクライアントを「モノ」として利用してしまう人が多くなったのだと思います。 偉そうに言ってすみません。文面の一部は、今日書いたわたしのブログから抜粋しています。 こんなこと書いていますが、スピリチュアルは好きです。 加藤夏樹さんのキャラも好きで、記事も楽しく読ませてもらってます。
    » 偽物スピリチュアルヒーラーの実態と3つの見抜き方

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter