スピリチュアルとは何か。瞑想のやり方や理論、霊的学びや真理の探究など。

受胎と聖霊—親を選ぶ神秘学

今回はある意味とてもセンシティブで議論になりかねない内容です。

どうも。なつきちです。

おっぱいは好きですかー!

はい、大好きです!!!


自信をもってそう言える、

汚れ系神秘家なつきちdeath.


はい、反省していません。



そういえば、そんなおっぱいなマントラを

ルシファーのマントラだと言い張った

遠い過去記事があったな・・・・。



あのときは、スピ界におっぱい旋風を

吹き荒らしたものさ・・・。(遠い目



さて。




今日はね、受胎に関する神秘な話。


いやね。


出来ちゃった婚を昨今は「授かり婚」というだろ。


これ、神秘学的にはほんと、

正しい言葉になったな、と。




現行の人類は、創造エーテルの意識的な

使用を通常の霊性のままでは禁じられている。



その意味で、おれたちが本当の「創造力」を

発揮しうるのは、見方を変えると、

まさに命を授かることくらいかもしれない。



と言った傍からアレだけど、子どもは「授かる」というように、

文字通り授かりものであり、おれたちの意識的な意味での創造ではない。


どういう意味か。




おれたちは、動機が肉欲的なもの、愛する人とひとつになりたい

というより高次の接触的表現としての愛情のコミュニケーションとして、
あるいは子どもが欲しいという家族愛的なものまでを含めて、

「子どもを作る行為」自体は、自由に企図できる。


まぁそうはいっても、相手があってのことなので、完全に自由じゃないけども。(笑)


細かい機微はおいておくとして、

とりあえず、

「子づくり」行為のタイミングは、人の側にある。


しかし、ここに神秘がある。

身心は健康で、

子どもが欲しいにもかかわらず、なかなか子どもができない。


望まぬ状況なのに、子どもだけはできてしまった。


と、「受胎」のタイミングは、人がはかっているようで、測りきれない。



なぜか。


実は、「受胎」のタイミングというのは、聖霊の管轄だからだ。



子は、親を選べないという。


ちがうのだ。

完璧に、選んで、選んでくる。


中には、暴力的被害によって妊娠してしまい、なくなく出産か堕胎かを選択した人もいるだろう。



しかし、

実は受胎が成立するとは、
^^^^^^^^^^^^^^^^
降りてくる魂が、
^^^^^^^^^^^^^^^^^
すべての状況を踏まえた上で、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
自分と親となる人の
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
霊的成長のために最適と判断し、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
聖霊の許可のもとに降りてくる。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


親(片親確定であったとしても)の環境。

親から与えられるでろあう身体。

起こりうる可能性。


それらすべてをひっくるめて、

子は親を選び、カルマの管理者、

そして聖霊のもと、受胎が成立する。




形骸化してしまったが、堕胎を禁止する宗教があるのも、もとはその叡智を受け取っていたからだ。



そして結婚が本来的に神聖なのも霊界から縁ある生命を迎え入れるための準備を意識的にしているからだ。


ゆえに、神職が二人を祝福する。


しかし、まぁおれ自身もそうなのだろうが、

カルマが用意した課題の10%も実行できるかどうか、よくわからない。



せっかく授かった命と環境が厳しすぎ、

向き合いきれないケースも世の中には多々ある。

個々、いろいろなケースはあり、状況によって考えることは

多いのだが、たったひとつ。


今回は、たったひとつ、持ち帰って欲しい知識がある。



新しい命を授かることは、聖霊の祝福により、霊的意味で「望まぬ」受胎というものは存在しない、

ということさ。


ま。難しくいっちまったが、

おまえさんは親を選んで生まれたし、

おまえさんの子どもたちも、

おまえさんを選んできた、ってことさぁね。


ま。そんな話さ。

 

 

 

「風の時代」も乗り切る本物の霊的成長と社会・経済的成長を達成するメールレッスン

『2021年以降でも人生で成功するための伝統的神秘学の教え』

 

ご登録後、無料電子FBookをダウンロードでプレゼント。
動画は本文よりリンク。

※2021年以降にご登録の場合、その年の最新版の登録特典がダウンロードできます。

 

 

無料メール講座は下記の通りです。

 

第一部<スピリチュアル編>
【霊的成長編】

1通目:人格主義=霊的成長。それが前提
2通目:天国へと至る 5つ黄金の鍵とは何か
3通目:内省はすべてのベース
4通目:我々は真理の現れも観察する
5通目:集中力なくして達成できるものは何もない
6通目:霊的成長とは何か
7通目:もっとも重要なスキル—視覚化—
8通目:瞑想でこの世界を超越する
9通目:【重要】なぜ学ぶのか―魂のパトス—
10通目:お仕事編の学びを進めますか

 

【第二部お仕事編】

【spiritual&marketing】
1通目:真・善・美からそれないこと。
2通目: 個の時代の到来をはき違えるな
3通目:あなたの強みを具現化するということ
4通目:100年食いっぱぐれない力とは何か
5通目:非成長型社会を乗り切れる人種は〇〇
6通目: 再びモノづくりの時代へ
7通目: 日本人に最適な働き方

※第二部の配信はクリックした希望者のみ。

※icloudのメールは配信不可です。

『2021年以降でも人生で成功するための
伝統的神秘学の教え』

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

カテゴリー

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/12/05)
    ビギ おう。ご希望にそえない点もあったかと思うが、すまんね。
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar ビギ さんより(21/12/04)
    返信しないとばかり思っていました(・・;) ①の方はほっとくはそう思います。現実に向き合うと言い出しているみたいです。神=キリストなら宗教観が総崩れですね(・・;) キリストの水は検討ついてましたが、物質おばけみたいな魔女とか一緒にわかるとは思いませんでした。 ②も含めて返信ありがとうございました
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar ポチ さんより(21/11/25)
    夏樹さん ご返信ありがとうございます。 ご指摘の通りで「身体感覚の低下」でした。 今までは中途半端に視覚化して中途半端に感覚の内面化を行っていたようです。 夏樹さんからのアドバイスを受けて、視覚化に集中するようになって、内面化の質も一層深くなる予感があります。 慣れるまで地道に続けようと思います。 言葉足らずにも関わらず、的確なアドバイスありがとうございました。
    » 薔薇十字瞑想のプロセスの詳細について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/11/21)
    ぽち ども、夏樹です。身体性への影響の低下の意味がわかった。 身体性というか身体感覚の低下、だな。 感覚の内面化というのはとても良いと思うよ。 一方で感覚の内面化をするのなら本当はこの段階で視覚化がなされているはずなんだ。 今回は意識的の視覚化を前面に打ち出したから、「慣れていない」 と感じてしまっているのではないか、というのがざっと感じたとろこかなぁ。 もう少しやってみたら問題なく感じるべきものは感じられるように思うのだけどな。 それでもなんか違う、というのならまた教えてくれ。
    » 薔薇十字瞑想のプロセスの詳細について

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter