叡智と真理を探究する者のために

ダスカロスのジョシュア・イマニュエルの話

ダスカロスのジョシュア・イマニュエルの話

どうも。なつきちです。


2017年、日本語版が出たので、ダスカロスの

ジョシュア・イマニュエル」を

再読している。

簡単に言うと、

神秘家ダスカロスの視点で

描かれた、

イエス・キリストの生涯だ。


興味があるヤシは読んでくれたら

いいけど、

そもそもクリスチャンでも、

最近は受け入れないことがいろいろと

書いてある。


そのさいたるものが、

「イエスは、神である」

ということ。


スピリチュアルに関心があるヤシでも、多くは「イエスはすごいレベルのマスターだった」という視点になってしまうんだな。

 

地上に、神が受肉した、「神ー人」であるということがどうもわからない。


それはまぁ仕方がない。


しかし、一度、

「神が地上に受肉して人として生きる」

とはどういうことなのか。

 

その具体的な例と向き合いときは

一読を勧めるね。

キリスト教の最大の神秘はまさにこの

「神が人として生まれたとはどういうことなのか」


と向き合うことだと言ってもいい。

いまや教会も直視していないこの神秘から、

神秘学派は逃げない。

むしろ積極的に向き合ってきた。


ゆえに神秘学は、

人が神へと至るためのシステムを説いている。


ま。そんな話さ。

 

編集後記

ちょいちょい聞かれますが『神秘学講座』は、2年かけて一周するしステムでぐるぐると回転させています。

ですのでいつどの回からの参加も歓迎です。

詳細はこちら。

※日時はチェックしてください。毎月第三土曜日開講。1週間ほど前に申し込みフォームが新しくなります。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

カテゴリー

最近のコメント

  • 加藤 夏樹 { ビギ まぁ神智学ではないのだが・・・それはともかく、 >何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか? かまわんよ。またコメントするなりメルマガに返信するなりしてくれ。 }
  • ビギ { どうにもその神智学は自分にはまだ少し早い様子、何なら手を付けないのも選択肢に含まれそうです。ですが何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか? }
  • 加藤 夏樹 { ビギ おう。ご希望にそえない点もあったかと思うが、すまんね。 }
  • ビギ { 返信しないとばかり思っていました(・・;) ①の方はほっとくはそう思います。現実に向き合うと言い出しているみたいです。神=キリストなら宗教観が総崩れですね(・・;) キリストの水は検討ついてましたが、物質おばけみたいな魔女とか一緒にわかるとは思いませんでした。 ②も含めて返信ありがとうございました }

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter