“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

やることヤらないとね。

はい、どーも。本日は朝から副業関連のお仕事に取り組んでいるぼくちゃんです。2012年に気になる色ということで「赤」を選んだ僕ちゃんとしては、目的に向けてがっつり向かっていくバイタリティはとりあえずあるようなので。




まぁこれから数年はワーカホリックと言われようとも、馬力だしてすすんでいきますとも。相棒らだってがんばってるのだ。オレさまだけがのんべんだらりと安穏としているわけにもいくまい。



まぁね、神秘学徒的態度としては自分の能力、体力、精神的余力などをかんがみて、働きすぎもせず、だらけすぎもせず。適度なバランスを取るように、という姿勢が求められる。




とはいえ、人生で少しくらい、ワーカホリック的に、突っ走ってもいいんじゃないの、という数年間はあると思う。




天の時、地の利、人の和。そうした状況が揃いつつあるときにふんばらないでどうすんの、みたいなさ。



やりたいこと、やるべきこと。



そうしたものが目の前にあり、状況、環境が整いつつある。



2012年。かつての1999年のように「スピリチュアル」な方々のかしましいその時に、より実社会的ベクトルが増していくというのも、精神世界系の住人として反主流ってなモンでいいだろ。



うん。ロックだぜ。(藁




別に反骨精神だけで言ってるわけじゃないんだが、そういうあり方を選択してしまうタチなので、これはいた仕方なし。



スピリチュアルな方面としては、今年も伝統的なキリスト教系神秘学派の流れの中で研鑽し、アジア人として東洋的メソッド(エネルギーワークで)を取り入れた形での歩みを継続していこう。
(この基本的スタンスとしては「魂のロゴス」の菅原さんに近いんだよなぁ。ただ彼はどういうワケか、米国系ヒーリングメソッドにも傾倒しているが・・・)


今世でどこまで前進するかわからんが、死の瞬間に「まぁよくやれたんじゃねぇの」と思えるようにはしておきたいものだ。



ま。そんな話だ。



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter