“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

【魂の神秘学】お盆休み号

どーも。ぼくちゃんです。

ぼまいらはいかがお盆休みをエンジョイしていやがりますか?

はっはっ。

オレさまは働いている。

といっても、
休みをズラして来週は休むけどさ。

しかし、
考えてみれば今日は終戦の日だな。

ぽまいらは黙祷したかい?

こうした話題はセンシティブだが、
歴史というのは、ほんと、現代人が判断するのは難しいな。
現代史でさえ、昨今日中韓を中心としたアジアではいろいろと摩擦が起きている。

日本は今、先進国で学問の自由が保障された民主国家だ。
そのため、膨大な一次資料にアクセスして歴史的事実を積み重ねを知りやすいし、
歴史をプロバガンダとして利用することは今のところ憚られている。

しかし、
それはそれとして、「歴史認識」を構築することは困難だ。
同じ資料に触れていた10人が別様の歴史認識を持つことは当然のようにある。

ましてや、
「当時の感覚」というものが決定的に難しい。

時代によって常識・非常識は、
いとも簡単にかわる。

いや、同じ時代でさえも、
地域や文化が異なればその差違は激しいというのに。

だが、
それはそれとして、
少なくとも今オレさまたちがこの豊かな時代、
社会に生きているのは、先人の行為の積み重ねの上にある。

そして人類は未だ「恒久の平和」を手にしたことはない。
せいぜい、数十年単位の平和をつなぎ合わせてきただけだ。

ならば、
いまの繁栄と平和を次の世代に手渡すのは、
いまを生きるオレさまたちの役割だろう。

受け取った平和と繁栄というバトンに感謝しつつ、
次の世代に渡していかねばなるまいよ。

それをもって、
平和で豊かな時代を享受できなかった先人への鎮魂としたいものだ。

ま。そんな話だ。


【編集後記】

仕事の合間に、
ぽつぽつと9月14日・15日の講座の準備を進めている。

座学半分、
実践半分で進めていくスタイルを昔から踏襲している。

いつも思うが、
この講座初期というものが内容設定に一番困るな。

まったくの初心者が相手なのか。
ある程度は知っている人が相手か。
瞑想の経験はあるのか。etc….


一応、ベーシック編と謡っているが、
そこまで初級にしてもつまらんだろうしな。(笑


なにはともあれ、ぽまいら。
夏バテ注意な。(笑



・・・せっかく来たので押していただけると、
   とってもうれしゅうございまする。。。
   はい、ぽちっとな♪   


          人気ブログランキングへ



関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter