スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

内観の章の続き

冷たい風に「オレさまだけでいいから避けて通りやがれーーー!!」となみだ目で叫んでみたいものの、まるで聞き入れられずに木枯らしに吹かれてまくつているオレさまですが、木枯らしに吹かれてといえばアルフィーよりも小泉今日子が歌ったversionの方がなんかいいかもと思ってしまうぽまいらよ、こんばんわ。



常春の国マリネラにさっさと移住したいもんだが、「常春、いいねー。でもあたいは床春よ、キャッキャッ♪」なんてことオレさまの前で言おうものなら、今なら刺せる。寒さで凶悪化した今なら、刺せる・・・!と半ば本気で思っちまいましたぜ。



あ、さて。



例によって、エソテリック・ティーチングの内観の章の続きを見ていこう。前回の続きをまた抜粋する。



「私たちを取り囲む世界の本質と、その素材、すなわち私たちがエーテル・バイタリティーと呼ぶ素材や超素材について知るには、非常に大きな努力が必要です。



それは、あらゆる修養(ワーク)の基礎となるもので、私たちがサイキカル素材やノエティカル素材に精通し、真実の自己を知るように導いてくれます。



こうした学びによって、最終的に私たちは浄化と霊的進化への欲求をどんどん強めていくでしょう。



そうなって初めて、私たちは「婚礼の礼服」(新約マタイ:22-11)という魂がまとう輝く衣装を作るための布地選びを始めるのです。それは、“主の居られる所”(新約・ヨハネ14-2)に入るために身に着けなければならないのです。



霊的進化に必要なのは、単なる論理的知識ではなく、継続的な、忍耐強いエクササイズです。私たちは、さまざまな領域の世界で修養を積む必要があるのです。」



オレさまたちがこの物質世界に生まれ落ち、生きていくに従い、持つ欲求も次第に、高次なものになっていく。少し前にマズローの欲求段階説を引用しつつ、そのことを話したよな。



結局のところ、宇宙では、人は神より生まれ、神に還るという、英雄神話と同じ構造の物語を生きている。宇宙の物語の本質はそこに帰結する。



ゆえに衣食足りて礼節を知る、ではないが、低い次元の欲求から次第に高次への欲求を持つように人は進化してくる。「旅立つ準備」が整ったものは、自然とそうした道に出会う。



そしてもちろん、ここからが、この「魂の冒険」の本当に長い長い旅路が始まるんだ。



オレさまたちは、理性を通して、少しずつこの世界を学んでいく。目に見える物質とは何か。そして物質の背後にある「見えない物質」とは何か。手探りで、少しずつ理解を深めていくんだ。



もちろん単に好奇心を満たすわけじゃない。もっと深い根源的な欲求に人は突き動かされて、魂の旅路に踏み出していく。



その過程では、オレさまたちは<自分>というものを知り、向き合い、ときに本当に苦しい課題が待ち構えていたりもする。だが、それでも人は、歩き続けようと願う。先人たちの灯したかがり火が、オレさまたちの暗い旅路を照らし、導いている。



旅を続けるために、必要なのは、単なる知識じゃだめだ。航海士のように、それは実践され、体得されたものにならなくてはならない。長い長い時間をときに要することもあるだろう。



だが、ひとつひとつ体得した者の前には、この物質界を越えたより広大な世界が待っている。そしていまや、おまいの身には、その広大な海を踏破する力と知識がある。



その旅は、どこへ向かうのか。終着の地は、わかっている。オレさまが言うと、胡散臭いが、言葉がないので言うしかない。この旅は、ただ愛へと向かっている。ただ、それだけなんだ。



どれだけ多くの知識を学び、どれだけ多くの技術を体得し、どれだけ大きく力を発揮できるようになっても。それはただ、より愛に近づき、よりよく愛を表現できるようになったということを意味する。そうでない表現をしたときが、堕ちることになる。魂の旅路、そしてその学びとは、つまるところ、ここに帰結するのだ。



つまりさ、物質界を理解することも、さらにアストラル界やイデア界を理解し、神秘的な力を体得していくことも。すべて、愛の顕れとしての世界を理解していくことに他ならないんだ。



単純すぎる結論かもしれねぇが、それもまた、真実のひとつの側面だと思わないか? 



宇宙は人間知性を超越して複雑だが、同時にシンプルで美しい。



ま。そんな話だ。



次回は、内観の章のまだ続きだが、エーテルのエクササイズと関連する。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter