スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

内観の章―ラストスパート編2

さてと。それじゃ気を取り直して、と。神秘学的考察編ということで、ダスカロス著「エソテリック・ティーチング」18章「内観」の続きをまたぽまいらと読んでいこう。この18章って最終章なんだが、これから「原因と結果の法則」の章もやっていこうと思っているが、なかなか、18章が終わらない。(藁



前に抜粋したところの続きだが、少し飛ばしている。



「私たちの真実の自己は、本当に私たちのすぐそばに存在しています。ただ私たちが真実の自己をより近くに引き寄せるかわりに、その上着(オレさま注:つまり現在のエゴイズムに満ちたパーソナリティのことな)を私たちの自己だと思って、都合のいい錯覚に身を委ねているだけなのです。



しかし、私たちの自己は、この上着からはそれほど離れているわけではありません。私たちがやらなければならないのは、ただこの上着を脱いで内なる自己と知り合いになることです。なぜなら、私たち自身がまさに永遠の自己なのですから。



内なる自己を知ることもも聖霊と協力して自分の住む“家”をきれいにすることも、基本的な義務であって、私たちにはそれだけの力が与えてられていいます。



3つの体(肉体、サイキック体、ノエティック体のことな)は私たちが住まう場所であると同時に、神の住まう神殿でもあるのです。」





さて。少し視点を逸らすが、よくスピな人は「浄化」ということを口にする。中には浄化自体が中毒のように「浄化浄化~」というヤシもネットでよくみかける。



だが、内観を通して自己を知るプロセスこそ真の浄化だ。このプロセスは真実の自己へと至る道であるが、それは見方を変えれば、自分の「汚れ」をクリアにしていく作業だからだ。



どんなエネルギーワーク、ヒーリングワークをしたとしても、内面が汚れ、低い欲望にまみれ、ほんとの自分から目を逸らしているんじゃ、意味はねぇよ。内側に汚れの原因を飼い、自分で育てているようなものだからな。



ゆえにオレさまたちは、この内在するものを観るプロセスを通して、3つのカラダを「神殿」と思い、クリアにしていかなきゃいけねぇんだ。



引き続き、抜粋するぜ。



「大天使も3つの体を創り、維持するために、他の天使たちと調和を保ちながら働いています。これらの体は生命現象を表現するために、私たちのパーソナリティーとしての自己に使われているのです。大天使たちの維持している体や全体の仕事について、パーソナリティーが調べて理解することによって、彼らは信じられないほど喜びます。」



たとえば、血液の<熱>はミカエルが司る。体液・免疫系はラファエルが。大天使たちの力と機能は、一人ひとりの肉体に目を・・・インナー・サイトで見つめることで、感じられてくる。だからヒーリングもほんとは単にエネルギーを流すだけではなく、個々人の身体で働く大天使たちとの協働作業、ともいえる。



オレさまとしては、こうした協働作業について有効なアドバイスをする、自称大天使とのチャネリングをしている方々をついぞ見かけない。大きなお世話にしか見えない、地球の未来にかかわるようなメッセージばかり流したがっているようだが。w



そんなご大層なことよりも、だ。わが身に働く大天使たちにつながり、ミクロコスモスからマクロコスモスとの繋がりに目を向けるほうが、ほんとに偉大な神秘に触れることになるんだけどなぁ。



さて。もう少し抜粋しよう。



「内在するものを観ることは、物質的イメージしか映さない鏡を破壊し、その奥にある私たちのサイキカル体とノエティカル体、さらにその内奥を見つめていくことで可能になります。



それは(物質を否定することも軽蔑することもなく)物質のマスターになることであって、物質の呪縛から解放されることでもあります。



もしこれに成功すれば、私たちは物質を本来使われるべき方法で活用できるようになり、自分や周囲の人々のための天国を創造することもできるでしょう。」



結局のところ、オレさまたちが霊性的な意味でも、能力的な意味でも、真に正しい意味において進化していくには、内観しかねぇんだ。



本質は、ここだ。もちろんさまざまなイメージ瞑想としてのワークはあるぜ、そりゃ。



しかし、そすべては、枝葉を落としてみれば、形を変えた、内観からの派生的な技術といえる。角度を変えながら、目的を特化させながら、内観しているだけなんだ。



そしてそれは、<人生>においても基本はそうだ。人間関係であったり、仕事関係であったり。



人は出会う出来事を通して、「自分を見つめ、理解していく」。日常生活こそ真のスピリチュアル、という言葉が正しいのは、この点を意味しているときだ。



だから、ある意味、秘儀など知らなくても、誠実に日常生活を送れば人は霊的にちゃんと成長する。



つまり、煎じ詰めれば、霊的な行も、生きるということも、「自分を見つめる」内観行に他ならないということなんだ。



ゆえに。生きることはそのまま修行ってワケだ。(藁



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter