スピリチュアルとは何か。瞑想のやり方や理論、霊的学びや真理の探究など。

神秘家は、アストラルを越えてナンボ

そんなわけで、たまにはまじめな記事である。



昨今、やはりキテレツなスピ業界の人間は多い。もちろん、霊能者と呼ばれるような能力者であってもだ。というか、能力者に対してこそ、注意がいる。



本山博『のスピリチュアリティの真実』には、オレさまが懸念していることが、実にうまくまとまっている。



たとえば、霊能者はよく、あの世や霊のことに対して、言うことがてんでバラバラであったりする。それだけでは、イカサマということはできない。なぜなら、アストラルレベルまでしか覚醒していないということがあるからだ。



大半の理由はこれである。アストラル界は、心理・感情・欲、そして「主観」がカタチとなってみてとれる世界だ。この世界までしか見えないということは、自分の主観やらイメージに大きく左右されてしまうのである。



だからこそ、本山師は、アストラル界を越えて、カラーナレベルで覚醒することを目指さなくてはならないという。



カラーナ(コーザル界)レベルでは、もはや色や形は失われる。すべてが直感的な意味として認識される。そしてこの世界は、神的な愛と叡智、知恵が流れてくる世界でもある。だから人は、霊的に覚醒してまずはこの世界にまで到達するように努めねばならない。



だからこそこの世界で本当に覚醒している神秘家たちは、神的な意味での普遍性がある。シュタイナーにせよダスカロスによマイスターエックハルトにせよ。



本物の神秘家たちの語る世界は、人種、国籍、文化、言語等が異なっても、語る世界はどこか共通している。それは根源を同じくしているからに他ならない。この普遍性がない発言をしている霊能者、神秘家はやはり要注意だ。



菅原さんも言っていたと思うが、「この人くらいしか言っていない」という発言が目立つヤシは、やはり問題があるのだ。アストラル界を越えていないのである。それは、発言でわかる。



本山師はたとえアストラルまでしか覚醒していない霊能者でも、霊的世界を示しうるので意味はあると述べる。そして自分のいるレベルを自覚している霊能者は必ずさらに上を目指していくので、いずれはカラーナに到達すると。



しかし、その自覚がないとき、いとも簡単に自分の世界がとんでもなく高次であると錯覚し、傲慢になり、反省できなくなるのがアストラルレベルの覚醒である。これは注意したい点だ。霊的に堕ちやすいのだから。



そしてアストラルレベルの霊能者に付き従っていた者も、学びがすすむと、より高次の真の教えを求めていくようになる、と。まぁだからこそ、誰につき、学ぶかは重要なのだが。



たまにオレさまのブログでも、オレさまの師や誰かを紹介してほしいという旨はいわれる。



しかし、オレさまとしては、ある意味、一生の問題になりかねないことを気軽に紹介したりするつもりはないので、これまで応じたことは一度もない。今後もないだろう。



自分の目を養い、研鑽していれば、必要なときに必要な師は必ず現れるものだ。そして何より、日々の稼業こそが大きな学びをいつだって提供してくれる。



ま。そんな話だ。

 

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

カテゴリー

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/12/12)
    ビギ まぁ神智学ではないのだが・・・それはともかく、 >何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか? かまわんよ。またコメントするなりメルマガに返信するなりしてくれ。
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar ビギ さんより(21/12/05)
    どうにもその神智学は自分にはまだ少し早い様子、何なら手を付けないのも選択肢に含まれそうです。ですが何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか?
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/12/05)
    ビギ おう。ご希望にそえない点もあったかと思うが、すまんね。
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar ビギ さんより(21/12/04)
    返信しないとばかり思っていました(・・;) ①の方はほっとくはそう思います。現実に向き合うと言い出しているみたいです。神=キリストなら宗教観が総崩れですね(・・;) キリストの水は検討ついてましたが、物質おばけみたいな魔女とか一緒にわかるとは思いませんでした。 ②も含めて返信ありがとうございました
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter