スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

ため息ついて、アートな視点で世界を見ると、キレーに見える気がする。

あー、どもども。夏樹です。

ところでなんですね。

スピリチュアリスト、神秘家なんてやってると、

ネガティブ思考なんてものとは縁がないのかというと、
そんなことは無論なく。

むしろ腹立たしいコトも結構あるわけですわ、
この「業界」的に。

やれやれ。

そんでふと思い出すこともあるこの言葉。

 

「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。
 意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい 」

 

夏目漱石の「草枕」の冒頭の言葉だな。

これ結構、好きな言葉のひとつ。

なんつーか、すごく「ふー、やれやれ」って

ため息が聞こえてきそうじゃね?

で、おれも詳しくは知ってるわけじゃないんだけども、

草枕ってのはつまるところは芸術論で、
主人公はこの言葉のあとに、
「どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生まれて、画が出来る」

と言う。で、

「住みにくき世から、住みにくき煩いを引き抜いて、
難有い世界をまのあたりに写すのが詩である、
画である。あるいは音楽と彫刻である」と語る。

まぁつまるところ、
わずらわしいモンを取り払って世界のイイところを映し出す芸術ってよくね?
ということだろうか。

そんなわけで、
ちょいと夕方の空でも眺めつつ、
詩でもひとつ・・・と自分に問いかけると、
フシギと世界の綺麗な姿を観ようとする。

ほう。これはいい。

なんでもいいもかしれないな。

自然でも人工物でも、
大好きな人でも。

観つつ、思いつつ、触れつつ。

 

「はい、詩をひとつ」

自分にそう言ってみる。


できなくても、
詩的に、アートな目で見ようとするだけで、
いつもよりきれいな点にもっと目が行く。


すると少しだけ、
いつもよりリラックスして生きてる自分に気付く。


うん、これはこれで、
アートな生き方かもしれない。


なんつーか、
さっきついた「やれやれ」のため息さえ、
今はすると、もっとアートっぽい気がするぜ。

おまいさんはどうだい?

共感できてもできなくても、
それも人生。

リラックス猫

 

 

ま。気楽にいこうかね。

 

人生を変える8本のメールレッスン

★★★★★★★★★★★★★★
伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと

落とし込みました。

1055人が読むだけで元気になり、

 
「人生を諦めない!」
 
と気力が溢れてきた8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter