スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

スピリチュアル系は過去世を華やかにしたがるのはなぜか

どーも。オレさまです。

みんなのなっちゃんです。


ふとネットサーフィン
していたおり、
スピ系批判ネタばかりが
集められたブログを読んでいた。


まぁご自身もかつては相当痛い
「スピ系」だったようで、
そこから回復されたのは何よりだ。


今は完全否定派なのかどうかはしらん。
(そこまでは読み込んでいない)


陰謀論とかアセンションとか、
そういうのから脱したのは何よりだ。

とくにアセンションアセンション言う
ヤツの98%はバ○しかいねぇ。
(統計オレさま調べ)


ただ少なくとも、
真摯な意味でのスピリチュアル、
「人生で本当に大切な
 ことは一つしかない」

という(ダスカロスの言葉)、
真っ当な意味での
スピリチュアルな探究までも
失っていないといいなとふと思った。

 

スピ系はお熱い過去世が好き

それはさておき。

そのブログを読んでいて知ったのだが、
陰謀論系で明治天皇の孫?だかを
名乗る某スピ系女史。

ほー。前世で自分は天照大神とか言ってんだ。

「アマテラス」なのか「テンテルダイジン」
個人的に興味あります。

後者なら好きになります。

ちなみに後者は中学のときの某友人Fが、
小学生のときテストでの
読み方で書いた回答です。

「答えは分かっていたが、
 思いついて書かざるを得なかった」

とは本人の弁。ステキです。
漢です。

話がそれた。

そのブログによると、

さらに亡くなった、
船井○研の故・F氏は、
ムー大陸の最後の王様だった
とかも言っていたとか。

ほー。

 

・・・・・


・・・・・


オマエらそんなに
過去世を立派にしてええんか?

進化発達の転生の意味からすると、


「今世では堕落しましたが、何か?」

 

って言ってるようなモンだが?


いやー。

痛いですね。

過去世を立派にしたかるスピ系。

いつだったか、
「○○さんにリーディング
 してもらったら、

 ヨーロッパの貴族の娘
 だったことがあると分かり、

 とても自信が持てました!」

とか言ってるブロガーをみつけてさ。

・・・

アレですね。

今は過去より劣ってるんですね、
分かります。

やっぱりそんな風にツッコミたくなりますわ。


ってか貴族と知ってさ、それが正しかったとして、そんなにうれしいかね?


銀河英雄伝説(笑)の貴族将校、
帝国軍の双璧が一人、
ロイエンタール提督は言った。

96D982EA89BA8FO


「貴族とは制度化された盗賊のことか!」


いやー。

ズバリですね。

田中○樹もこの頃は輝いていた。W

ちなみに上記の画像でのホントの
セリフは確か「黙れ、下種!ですw

画像出典
会議で使いたい銀河英雄伝説のセリフまとめ


でもってね。


アレですよ、アレ。


そんなん言うなら、
夏樹はどうなん?


という意見もまぁあるかと。

 

そういう自分はどうなん?


ええ、ええ。

幾つか覚えてはおりますよ。


そしてこの道にいる以上、

過去世もそうした探究経験はもちろんあるさ。


そしてだ。


直近な。


ひとつ前な。


二人の神秘家と霊能者の指摘と

オレの記憶が一致しているから

まぁ正しかろうとふんでるけどさ。

・・・・


・・・・・


売れないフランス人絵描き。

 

そして。


一応このテの探究は

続けていたが・・・


飢えと寒さでくたばりましたが、

何か?

しかも。

 


傍らにはパトラッシュなんていないの。

0d5ab180

一応、

今世ではラッシー(雑種)はいたけどw


・・・大学生のときに死んだけど、

悲しかったなー・・・。

 

あー。話がそれた。

まったく。

自慢にもなりゃしねぇ。

まぁなにはともあれ、
スピリチュアルは、
コンプレックスを癒すための
おとぎ話じゃねぇんだ。


自分を甘やかすだけの
意味のないファンタジーに入り込む前に、
地に足着けて、
仕事して、
日々を生きろっつーの。


やれやれだぜ。

あー、それで「スピリチュアル系は
過去世を華やかに
したがるのはなぜか」
という問いの回答だけど。

考えるまでもない。

1つ、今の自分へのコンプレックス。

2つ、過去もオレすげぇ!という肥大
系のエゴイズム。

 

大体そんなところだろ。


ま。そんなどうしようもない話さ。

 

と、そんなしょうもない話のあとになんですが

6/27日(土)に月イチの神秘学講座っすわ。

講座ではもう少しまともに授業すると思われます。
詳しくはこちら。

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を待ってます。
内容にもどんどん質問してくださいね。

 

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter