スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

観察力

路傍にはえていた白ゆりをかっさらってしばらく観察していたオレさまですが、ぽまいらはいかが日々目に入るものをなんら観察することなく生きていやがりますか?



さて。観察、集中、視覚化(ヴィジュアライゼーション)。



神秘学徒が修練する基本の三つだ。



極度に高められた観察力と集中力により、例えば自分や他者の体内すらも透視(霊視)しちまうようになる。ダスカロスやシュタイナーがやたらめったに上記3つを鍛えることを基本に課すのは、まともな霊的能力は、そして高度な霊的能力も、すべてこの3つの力によって達成していくからに他ならない。



それに加えて、この3つはいかなる人生を歩むにおいても、普通に大切な能力なので、それだけでも神秘学派の修行はいいんじゃないかなーと思う次第。




だいぶ前の話になるが、下記のようなことをふと知った。


ちなみに、サンマークから「記憶力」「集中力」という本が出ている。100年近く前にアメリカで出版されて、以来、このテの能力を鍛えたい学生やビジネスマンたちの間でずっとベストセラーを保ってきているそうな。



読んで見て藁った。内容が、神秘学徒の修行とほぼいっしょ。著者はオカルトに相当詳しいヤシだろうなーと思ったら、詳しいどころか。上記2冊を書いたセロン・Q・デュモンとは、ウィリアム・W・アトキンソンの数あるペンネームの1つ、という。



ウィリアム・W・アトキンソン、元祖『引き寄せの法則』を著した、表向きは弁護士の神秘家である。もともとは、いわゆる闇のエリート層が大衆支配のために引き寄せの法則だの願望実現のヴィジュアライゼーションなどなどを利用しているので、一般大衆も知らねば対抗できん、と。そうした理由で神秘学知識の利用方法を分かりやすく世の中に広めていったそうな。



まぁ確かに、そうした支配層はオカルト知識をふんだんに取り込んだ「秘密結社」を作ってきた。なんだっけ、ブッシュ元大統領のスカル・アンド・ボーン?確かそんなような名前のもんとか。数え上げたらキリがないんだろうぜ。



そんなわけで、「富の集積」「豊かになる」ための方法論は、神秘学からのスピンオフなので、世の中の書店を見ても、ビジネス系自己啓発本の類は半分は精神世界系と重なっている。そして微妙にマーケティングとも重なる。きっと、生まれが近いから違和感なく並ぶのだろう。(藁



なんてどーでもよく。



ほんとにどーでもいい前フリだな。





そんなわけでオレさま、まっとーに観察力を鍛えるために、最近は「白ゆり」の観察をずっとしていた。ひとつひとつの細かい点までのチェックももちろん大切だが、シュタイナー的にはこのとき湧き起る感情が、魂の新たな認識器官を育てていく。




つぼみの段階。咲き誇る花。そして花が散り行き、枯れていく。



このプロセスで、格段階にふさわしい思考内容と感情を魂に響かせていくんだ。

以下、引用

「ある植物の生長と開花に眼を向ける場合、彼は他の一切の事柄を自分の魂から排除し、まったこのことだけから受ける印象に没頭しなければならない。以前ならこのような場合に魂をかすめとうるだけで終わったであろうような感情が、やがて彼の内部でふくらみ始め、力強い形式を取るようになる。自分の内部におけるこの変化に気付いたなら、この感情形式の余韻を、心を鎮めて、内部に響かせねばならない。」

『いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか』(p55-56より)



こうした観察の訓練を始めると思うのは、なんでもいいが、1つのものを徹底的に観察していると、いかに自分が多くのものを「見過ごして」生きているのかに気付く。愕然とするほどだ。

 

多分、毎日の通勤路のことだって、まともに答えられるヤシは少ないだろう。もちろん、オレさまもだが。たとえば、駅前の店の並びを正確に答えて行けるか? 駅から家までは? 毎日歩いているはずの道なのに、いざ聞かれると思い出せないことのなんと多いことか。


人は、そうやってルーティンな生活を繰り返し、「日常をつまらない」「短調だ」と言い捨てて、魂を無気力の中へと埋没させていくのだろう。



何も、観察力を神秘的な霊的能力にまで高める必要はない。もう少しでいい。この観察力を鍛えるだけで、おまいのルーティンな毎日に驚きの発見が相次ぐようになる。そして毎日の通勤コースでさえ、驚きと冒険に満ちたものになるだろう。



そして観察力の訓練を一定期間やったとき。改めて、家族や苦手な同僚や上司を観察してみるといい。そこに、新たな発見があるかもしれない。(藁




ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter