スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

初 体 験 キャッ♪

日曜だというのに掃除やら家事やらに勤しむボクちゃんですが、ぽまいらはいかが夕飯の献立を考えていやがりますか?



さて。今夜はサンマと野菜炒めと味噌汁でも作るか・・・・。



なんてことはどうでもよく。



先日のこと。朝起きたとき、「もう少し寝るか・・・・」と布団をひっかぶった。すると・・・・。



なんか、見る見る視界が開けていくぢゃねぇか。



あれ? オレさま今、布団かぶってるよな。つか、目の上に腕をいま乗せてるよな・・・??



うぉい。天井がはっきり見えてるぢゃねぇか。驚いて眠気はとんだので、そのまましばらく考える。



ちゃんとカラーだ。天井の線まではっきり見える。肉眼とかわらんなぁ。意外とクリアだ。そういえば、ダスカロスは目を傷めて包帯に覆われていたとき、包帯しながら絵を描いていたという話が残っている。こんな風に見えていたならそりゃ普段どおりに描けるわな。



しかしコレは霊視というより、透視の方だな。ま、英語はどっちでもクレアボヤスンか。確かに働く霊的器官はいっしょか・・・。



とはいえ、なぜ急にこんなことになったんだ??



思い当たることといえば・・・。



前日はいつもよりもエーテル系ワークをみっちりやっていた。それだけ、エーテルが体内に満ちていただろう。それでいて、よく寝たので、睡眠によってにエーテルを補給。その結果、クレアボヤンスがはっきり発動するほどエーテルが給った、と考えるのが自然か。



さて。ヨガ行者がプラーナ(エーテル)を取り入れる行をなぜ重視するのかといえば、エーテル・バイタリティとはチャクラを発動させる燃料に該当するからだ。車で言えば、エンジンがチャクラ。ガソリンがエーテル。そして生み出されるスピードが霊力。簡単に言うと、そうした関係がある。



思い出してみれば、前日は山の中(公園だが)で気功(小周天など)もきっちり行っていた。ひさしぶりに、随分と気を練っていたのだ。久々にたっぷりと吸収したので、なんか勢いがよくなり、運良くエンジンが回ったというところだろうか。



逆に言えば、恒常的に発動できるほどエンジンの燃料タンクがまだ拡大していない(つまりチャクラがまだまだ未開発)ということだろう。運良くエンジンが動いたものの、すぐに燃料が足りなくなり、収束ということだ。



なかなか面白い体験ではあったが、まだまだだなぁ、ということを痛感した件ともなった。そういえば、たまにここに顔を出す、あるリア友も昔こんなことを経験していたな。



とまぁそんなわけで、「透視」の初体験となった。面白くはあったが、なんてことのないヨタ的体験にすぎねえけど。(苦笑)



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter