“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

実現性の循環とかいうこむずかしい法則

実現性の循環について

どーも。夏樹です。


さてさて。

ダスカロスの教えに「実現性の循環」という概念がある。

うちの神秘学講座でもこれに焦点を当てた講義を用意しているわけ。

 

正直、これは結構抽象性が高くて難しい。

思わずそんな法則に文句言いたくなるよね。うん。


 


たとえばさ、花のタネをまくと、花は花として成長して、咲き誇り、やがて枯れて、土に還るだろ。


植物も動物も、全てそうだ。


ヒマワリのタネからはヒマワリしか育たない。

生長の途中で別の種に変わることはない。

ヒマワリのタネには、ヒマワリを実現するプロセスがインプットされているわけ。

実現性の循環の『コード』ともいうべきものがさ。


この仕組みについて学んだのな。


ここには、宇宙の運行にかかわるとても深淵の真理があるから、慎重にゆっくり、自らの観察・探求を通して体得していく必要があるんだけどさ。

大丈夫。気持ちはわかる。



ほんでさ、種は種として成長し、死を迎え、命を引き継ぎ、次の命が同じ種として同じプロセスを繰り返すだろ。(循環)

 

この仕組で考えると、ダーウィン進化論の論者は、決してミッシングリンクを見つけることはないだろう。


人は人として生まれたのだ。

種の壁を超えるような、猿から人へ、なんてのはありえない。

それは神的秩序として自明なんだ。

人は初めから人としての種として生まれた。

 

ほんでな。

厄介なことに、実現性にはさ、途中で実現性を途中でストップさせる「蓋然性」がある。

寿命尽きる前に捕食されたり事故死したり病死したり。

必ずしも生命サイクルをつつがなく終えられるわけではにないのだ。

実現性の循環には、そんな蓋然性もまた包含されているのだ。

 

 

で、そんな実現性の循環を自ら学ぶプラクティスとして、講座ではこういう瞑想を訓練したんだ。

広い草原に麦のタネを蒔き、その成長のプロセスをイメージし、インナーサイトで観察する。


生長のプロセス(実現性の循環)をじっくりと観察して、自らの内的世界で学んでいくんだ。


このプロセスは確かにイメージだ。

だが、霊視がなぜイマジネーション認識と呼ばれるか。

そのことがよく分かる。


薔薇十字瞑想も、同様に植物の生長過程をじっくり観察する。

それは霊的に認識をすることで、

観察対象の持っている霊的意味をイマジネーションを通して正しく観察し、体得することができるからだ。

 

観察対象の姿の表面にある色彩などの意味が、形から離れて、その「意味」だけとなる。


肉眼による観察は、物質的なものしか見ないが、イマジネーションを通すと、意味だけを観ることができる。


このときイマジネーションは認識となる。それがイマジネーション認識(霊視)だ。


瞑想を通して観察し、真理を探究する。


そのプロセスは、必然的に霊的認識としての霊視訓練でもある。

 

スピリチュアルな道を歩むものは、内的観察を通して、豊かな真理へと一歩ずつ近づいていってほしいと思うぜ。

 

ま。そんな話さ。

 

 

「人生が変わる」「魂が変わる」8本のメールレッスン

~キミが幸せになっても、誰も困らない~

★★★★★★★★★★★★★★

伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと落とし込みました。

「人生を諦めない!」

と気力が溢れてきた8本のメールを公開しています。

★★★★★★★★★★★★★★

 

「もう引き寄せの法則とか、いりません」

 

メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、

伝統的神秘学を平易にかみ砕き、

そのエッセンスで

読者の魂の活力を高め、

人生を切り開く力がパワフルに高まる

メールをお届けします。



このメールは、

ともすれば自分の人生に

見切りをつけ始めた、

とくにover40歳など、オトナたちのために書かれています。


今こそ、「ムリだ」というヤツを笑え!!

【コンテンツ一覧】

1. 人生は「そもそも論」で考えろ!

2. 欲求の階層を把握しろ!

3. 意識にコスモス(秩序)をもたらせ!

4. スピリチュアル・リンケージを生み出せ!

5. 1009回目のプロポーズ

6. 視覚化が未来を拓く

7. 自分の真の敵を知れ

8. もう一度、あなたが立つための力


追伸

本メール講座で「スピリチュアル・リンケージ」という概念を知り、身に着けてください。



☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/11/19)
    そうそう!結局内観が一番のコアですよ。ここに取り組み、それだけで問題ないっす。
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar たかメイ さんより(18/11/19)
    こんにちは! 最近、つくづく思うのです。夏樹さんも言っていたと思われますが(違ってたらごめんなさい)、「内観だけでいい」と。 過去に意識をやたらフォーカスしてしまうと、それが国家規模になるとすごいルサンチマンになってしまいます。 個人たとトラウマですか。 未来にフォーカスだとまだ、希望的観測がありますが、いまここでいられる(時間を忘れている)無我夢中状態というのは、集中力が必須だと思います。 日常で、いまここに立ち帰れるというのは 内観 しかないのではないのかと。 仕事に集中できるってことはいいことなのですね。 「内観」、すごいですね!
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter