スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

キリスト者とは?

はい、どーも。そんなわけでクリスマスネタをもうひとつ。



「クリスチャンとは誰か?」というコトについて簡単に。



ダスカロスは生前よくこういうコトを言っていたそうだ。「熱狂的(狂信的、教条的)なクリスチャンよりも、理性的な無神論者のほうが神に近い(クリスチャンだ)」と。同様の文脈で、キリストを信じておらず、仏教徒であっても、本当のクリスチャンがいる、とも。



つまるところダスカロスにとってクリスチャンとはキリスト教を信仰し、洗礼を受けたかどうかなんて関係ないのだ。人として正しく、優しく、愛を表現して生きているということ。



昨今のスピ風で言えば、「どれだけキリスト意識を体現しているか」ということになるわけだ。



こういう思考ができるというのは、非宗教者にとってはわりと抵抗感はないと思うんだがね。オレさまは既存宗教の中では、いわゆる神秘主義、神秘学派が好きなのは、神秘学派でなくてはこうした本質的な捉え方をしていないからだ。



本物の宗教とその教えは、極論するともはや神秘主義の中にしか見出されないとすら思っている。逆に言えば、神秘学派ならば仏教(つまり密教)、ユダヤ教(カバラ)、イスラム教(スーフィズム)においては普遍的な教え、「神」へと至るプロセスを提示する道が見出される。



そうしたワケでオレさまは「神秘主義」に生き、神秘学徒と称しているのだが。



いま、ぽまいがどのような主義主張でいるか。信仰を持っているか。それはまったく関係がない。その上でオレさまは言おう。



おまいが、『クリスチャン』でありますように。



魂の深みにある神性さは決して損なわれることはない。それは正しく発見され、発露されることを待っている。人はただ、それをおのれのうちに見出していけばいいだけなのだ。



その輝きを顕すものをオレさまはクリスチャンと言おう。



願わくばぽまいらとオレさま自身も、そうありますように。



薔薇の十字架にオレさまはそう願う。




ま。そんな話だ。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


はいはい。そんなワケで。オレさま主催の『神秘学講座 基礎編』の案内だ。


↓ここ見ておくんなまし。参加してみっか、という奇特なヤシはどうぞ。


神秘学講座 基礎編 参加要綱はこちら


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


                     訂正 1         
                        人気ブログランキングへ

「ということは、人間的にデキたあの人は、先祖代々浄土真宗らしいけど、そういう意味で“クリスチャン”といえるのね」なんて思ったら、ぽちっとな♪ 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter