叡智と真理を探究する者のために

原因と結果の法則編5

そんなワケでちょいと離れ気味だった「原因と結果の法則」の続き、だ。なんつーかね。スピリチュアルに踏み込むなら、やはりまっとーな神秘家の「哲学」を誰か一人二人はきっちりと学んだほうがいいな。



あるスピ批判系のブログでも、「批判になっていない」「単にバカにしてるだけ」のいい歳ぶっこいて頭わるすぎるオヤジも闊歩しているご時世だし。中年になってクチが悪いだけってどーよ?といささか哀れなんだが・・・。まぁ、それも知ったこっちゃねーけど。(藁



ま。それはともかく。早速抜粋しよう。



「私たちの誰もが“カルマ的な状況”を育んでいます。この“カルマ的”な状況は、「真理」と「幻想」に例えられる、永遠の存在一時的な存在の間に、私たちがみずから創った距離を正確に反映しています。また“カルマ的”な状況は基本的に、私たちが自ら創った距離を正確に反映しています、また“カルマ的”な状況は基本的に、私たちの意識組成も示しています。



私たちの“カルマ的”な境遇は、私たちの性質、信仰、価値観、心構え、思考、行動の質に左右されています。病気、混乱、いわゆる不運はパーソナリティーの不調和から生じるもので、私たちを真理や愛や智恵に近づけるための手段なのです。



いわゆる不運や不幸は(生まれつきであれ、その後の成長段階であれ)、その人の人生に絶えずつきまとう摩擦、幻想、誤解に相応して起こってきます。つまり、逆境とは、相対的な調和を取り戻すために必要なレッスン量に厳格に比例しているのです。




とくに下線部は、シンプルだが、ついつい忘れがちになる。たとえば、「最高のヒーリング」でも書いたが、霊学を学んでいくうちに病が緩やかに解けていくのも、こうした「原因と結果の法則」に沿っていることがわかる。



学ぶことで、オレさまたちは未熟な現在のパーソナリティーを永遠のパーソナリティーへと近づけていく。その結果、人生の鞭がより緩やかで、ときには不必要にすらなりうる。



こうした法則(システム)が存在するのは、上記にあるように、「私たちを真理や愛や智恵に近づけるための手段」なのだから。



時間はかかるかもしれねぇ。しかし、だからこそゆっくりと慌てず、学んでいけばいい。それこそが、結局もっとも早く、そして逸れることなく目的地に到達することになるだろう。



さぁ、これでカルマ、いわゆる「原因と結果の法則」の基本的なことは学んだ。あとは、カルマをいたずらに誇張することもなく、無意味に人生の不幸を嘆くこともなく前向きに捉えていけるだろう。



最後に、本章の最後の部分を引用してしめよう。



「サンスクリット語でカルマとは単に“行為”という意味に他なりません。私たちもこの法を、宇宙の秩序を保つために必要な「重力の法則」と同じように捉えています。石を上に投げれば、それが頭上に落ちてこようと誰も文句をいえないでしょう。同じように、原因と結果の法則とは宇宙の秩序であって、絶対なる知性、そして愛の表現なのです。」



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

カテゴリー

最近のコメント

  • 加藤 夏樹 { ビギ まぁ神智学ではないのだが・・・それはともかく、 >何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか? かまわんよ。またコメントするなりメルマガに返信するなりしてくれ。 }
  • ビギ { どうにもその神智学は自分にはまだ少し早い様子、何なら手を付けないのも選択肢に含まれそうです。ですが何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか? }
  • 加藤 夏樹 { ビギ おう。ご希望にそえない点もあったかと思うが、すまんね。 }
  • ビギ { 返信しないとばかり思っていました(・・;) ①の方はほっとくはそう思います。現実に向き合うと言い出しているみたいです。神=キリストなら宗教観が総崩れですね(・・;) キリストの水は検討ついてましたが、物質おばけみたいな魔女とか一緒にわかるとは思いませんでした。 ②も含めて返信ありがとうございました }

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter