スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

人生の問題の99%は筋肉が解決してくれる【霊性からお金までw】

貯金と貯筋が身を助ける

どーもー。

なつきちです。


さてさて。

うちの神秘学講座では、気功の基礎を取り入れているんだけど、

そのことについて質問がきたので改めて。

 

神秘学なのになんで気功を行うのか、と。

 

スピリチュアルな訓練の道では、

「エーテル」

というものの取り扱いや学びを深めていくのな。


まぁ単純に、エーテルは東洋人の言う「気」のエネルギーと思ってくれればいい。


いわゆるヒーリングとかもそうだし、実は視覚化の訓練もエーテルを使う。


ほんでな。

 

東洋人は基本的に気の身体文化というものが発達しているんだ。


高橋巌さんだったかシュタイナーだったか忘れてしまったが、東洋はエーテル文化圏である、と。


実際、「気」のつく言葉が日常に溶け込んでいるだろ。

 

そして日本人の「ハラ」を重視した身体文化(言語)も重要だな。


このエーテル体の中心を感覚的にとらえている。


西洋人はやはり思考優位の文化であり、エーテルのプラクティスも思考力から入り、発達させていく。

 

しかし、日本人は、身体文化から入っていくのが適している。

 

だから、おれは気功を取り入れて、

気の感覚というものをまずカラダで覚えてもらおうとしているわけ。

 

そしてれこれは何度も言うけれど、スピリチュアルでよく言われる「グラウンディング」ね。

 

簡単に言えば、肉体的にも霊的にも地に足がついた状態。


これはへんなスピリチュアルな技法に頼るより、適切な筋骨の鍛錬でやってしまうのがてっとり早いし、本物だ。

 

武道家やスポーツ選手のグラウンディングのディープなことよ。イチローなんてすげぇじゃん。


その意味でうちで導入している気功、とくにタントウ功は、武術においても最初に学ぶ。

気の鍛錬+足腰の強化だからだ。(笑)

 

 

一見、ただ立つだけなんだけど、とても深淵だ。


なぁに。

そうやって足腰を丈夫にしておけば基本健康だし、人生100年時代、少しでも長く働くこも可能だろう。

筋肉はお金をも生み出すのだ。

 

つまり、筋肉とお金という2つの「ちょきん」(貯筋・貯金)が、人生においていかに重要か理解するべきなのだ。(笑)

 


人生の問題の99%は筋肉が解決してくれるんだよ。(笑)


ま。そんな話さ。

 

 

「風の時代」も乗り切る本物の霊的成長と社会・経済的成長を達成するメールレッスン

『2021年以降でも人生で成功するための伝統的神秘学の教え』

 

ご登録後、無料e-Bookをダウンロードでプレゼント。
動画は本文よりリンク。

※2021年以降にご登録の場合、その年の最新版の登録特典がダウンロードできます。

 

 

無料メール講座は下記の通りです。

 

第一部<スピリチュアル編>
【霊的成長編】

1通目:人格主義=霊的成長。それが前提
2通目:天国へと至る 5つ黄金の鍵とは何か
3通目:内省はすべてのベース
4通目:我々は真理の現れも観察する
5通目:集中力なくして達成できるものは何もない
6通目:霊的成長とは何か
7通目:もっとも重要なスキル—視覚化—
8通目:瞑想でこの世界を超越する
9通目:【重要】なぜ学ぶのか―魂のパトス—
10通目:お仕事編の学びを進めますか

 

【第二部お仕事編】

【spiritual&marketing】
1通目:真・善・美からそれないこと。
2通目: 個の時代の到来をはき違えるな
3通目:あなたの強みを具現化するということ
4通目:100年食いっぱぐれない力とは何か
5通目:非成長型社会を乗り切れる人種は〇〇
6通目: 再びモノづくりの時代へ
7通目: 日本人に最適な働き方

※第二部の配信はクリックした希望者のみ。

※icloudのメールは配信不可です。

『2021年以降でも人生で成功するための
伝統的神秘学の教え』

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter