“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

醜悪なスピ

はい、どーも。記事更新です。ひさびさです。


え? また講座サマリー?


いえ。今回は基本的に前回と同じなので。前回からコアスキルに入っているので、欠席者が一人でもいたときは先に進まず、全員の進歩の歩調をあわせている関係で。


「それやってないんだけど・・・」というまま先に進みたくない領域なので、歩調を緩めてるんだ。



それはさておき。



いやはや。世には醜悪なスピ系は多けれど、その最たるものは「洗脳」しにかかってくるヤシらだな。



「あなたは間違っている」「あなたは考えることがまだまだ多そうですね」なんて超上から目線の何様だ、ヴァカ!wwな態度を恥ずかしくもなくとって、畳み掛けてくるときたもんだ。




まぁいろいろと思うところはあるが。



「いか超」なんかを読むと、指導者は、弟子の意思決定に干渉しない態度で教えることを求められる。本人の自由意志の学びを尊重するわけだ。



そのために、神秘学上の教えや理論、考え方なんかを指導するけども、弟子にそれを強要、押し付けるようなことは決してしない。



現代でいえば、控えめな大学のゼミの指導教授の如き指導だ。



中には、どれだけ丁寧に教えて、手本を示し、理論を説明し、やってみせ・・・と指導しても、単なる知的満足で終えてしまう弟子もいる。それでも、押し付けがましい態度で指導はしない。



ましてや、師の提示するモンに「それおかしくね?」とちょっと異を唱えただけで、「あなたは間違っています」と畳み掛けるだのなんだのと、プレッシャーをかける堕ちた行動は決してしない。



してはならない。



シュタイナーも、ダスカロスも、ダンブルドアも、オレさまの敬愛する神秘家はもちろん、誰一人としてそんなことはしない。こうした霊学的な道で人に何かを伝える立場のヤシらは、まっとうなのは決してそんなことはしたりせんのだ。



それをしては、教祖への同調と服従を表に裏に強要する、カルトと一体なにが違うのだろう? 



閉鎖的な井戸端会議の主婦コミュニティーといったい何が違うというのだ?(これは冗談だがw



しかし、世のスピ的コミュニティはネットであれリアルであれ、「集団」となってくると、そんな傾向があからさまに出てくる。いや、スピな領域だと精神的な、霊的な教え、概念、理論、そうしたもんが背景にあるから余計拍車がかかるかもしれない。



いま、セミナービジネスを中心としたスピな連中の多くは、ヘンな独学だったりなんだったり。大半が、伝統的なしっかりした霊的伝統性の学びをしたものではない。



そういう危ういのが、指導者的立場で乗り出していくと、ほんとに結果は哀れなものだ。



改めて、この道は怖いな、と思うよ。



ぽまいら。



カルトというのは、中に入っているときは、ほんと、自分ではわからないものだ。その空間で共有されるロジックなりなんなりが正しいと思う。気がつけば、教祖の思想的コピーだ。



そしてマジ怖いのは、いいかね、あるミッションのために完全に調査員としてカルトにもぐり込んだだけのオレさまであっても、同調しかけたんだよ。付き合いが長いと。


世の組織・・・例えばオウムでさえ、狂信的なカルトというのが正体であったにもかかわらず、世の宗教学者がだまされた。教えだのなんだのは、伝統的で、正しい内容をふんだんに用いていたからだ。



そのように「正しく見える」点がいっぱいある。中にいれば、そうした正しさや価値ある内容の部分にだまされてしまい、「いいじゃん、ここ」と思ってしまう。



逆にいうと、「すべてが完全に間違った悪の組織・団体(人)」なんてのは、漫画の中にしかいない。いや、いまやそんな子供だましな漫画すらないかもな。



オレさまも、そんな意味で、好意を調査対象のカルトに覚えかけたともある。それを察したダンが、「もういいからヤめろ」と何度か言ったことがあってな。っと、話がそれた。



それだけに、はじめから共感して入ってしまえば、ますます気づかない。ただ、外部の人間には「キモイわー」というのはよくわかるんだけど。


ぽまいらも気をつけろよ。


もし、おまいが学ぶ先、付き合う先のすぴなところが、過剰な同調や「間違った考えを正すように」と畳み掛けてきたら、それはおまいの「精神の自由」に不当干渉をしている。それは霊的にまともなヤシの行動ではない。決して。



ましてや、ちょこっと反対意見を述べただけで、ギャンギャン畳み掛けてくるようなのは・・・いわずもがなだ。



気がついたら、おまい自身が堕とされることになっちまうからな。



いまのスピな世界は、そんなのがゴロゴロしているぜ。



ま。そんな話だ。



関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/11/19)
    そうそう!結局内観が一番のコアですよ。ここに取り組み、それだけで問題ないっす。
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar たかメイ さんより(18/11/19)
    こんにちは! 最近、つくづく思うのです。夏樹さんも言っていたと思われますが(違ってたらごめんなさい)、「内観だけでいい」と。 過去に意識をやたらフォーカスしてしまうと、それが国家規模になるとすごいルサンチマンになってしまいます。 個人たとトラウマですか。 未来にフォーカスだとまだ、希望的観測がありますが、いまここでいられる(時間を忘れている)無我夢中状態というのは、集中力が必須だと思います。 日常で、いまここに立ち帰れるというのは 内観 しかないのではないのかと。 仕事に集中できるってことはいいことなのですね。 「内観」、すごいですね!
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter