スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

同じものを読んでも、同じものを学ぶとは限らない。

どーも。


オレさまです。


さて。


よく思うところだが、書籍だろうがメルマガだろうが、
「読んで」学ぶということについて、オレさまは非常に重視している。


自分の先生―愛称ダンブルドア―がまぁ学者だったこともあり、
シュタイナーもそうであることから、
「思考」というものを重視しているからだ。


とりわけ大事なのは、
単に知識を獲得することにとどまらず、
書き手の「思考」を読み取ることと、
言葉による叙述の描く先の理念(イデア)を観照することにある。


しかしながら、
思うところは、「読み取る内容」の個人差が非常に多い。


人それぞれ受けた教育、社会的(職業的)立場が違うので、
自然と焦点があたるポイントに違いが生じ、
結果として受け取る内容に差がでるのも当然ではあるだろう。


だが、残念に思うのは、
「自分の都合にいいように読み取る」ケースが非常に多いということ。


読書



それは自分にとって効果的に利用するためには必要なこともあるだろうが、
あくまでもその著者の描きたかったことを十分受け取ってからの話ではないだろうか。


オレさまがこういうことをふと思うのは、
たとえばダスカロスの著書を「法外の有料ヒーラー」や「エセチャネラー」が引用し、
さも自分も「ダスカロスに共感する」といった体で語っている。


そんなケースをスピ業界でチラホラ見る。


なんだかなーと。


ほんとにちゃんと読むべき点を読んで、
イデアを受け取ったのかな?と思う。


読書ってのは、
それ自体で主要な「神秘行」になる。
「魂の気分」といった、
己の「在り方」について大きく影響を与えるからだ。


人は、見たいものしか見ず、
信じたいものしか信じないという。


だが、「学ぶ」とは、
そんなスタンスではいけないはずだ。


ま。
そんな話だ。




関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter