“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

サイン―守護天使の声?

たまには、
ライトなスピリチュアルな話を。


よくスピな方々がよく言う「サイン」。


あれ、ほんとに読み取るのは難しいよな。


人のことだと、
「それって明確なサインじゃん」と思うものの、
いざ自分のことになると、信じられなかったり、
見落としたり。


まぁそんなもんだよな。


ではそもそも、
いわゆる「サイン」ってなんだろうな?


ある朝、出かけようとしたら、
やたらと「事故」という言葉や映像が目や耳に飛び込んでくる。


なんとなく事故が連想されて、
「いきたくないなー」と思っていて、
案の定、予定にしたがってでかけたら、事故に巻き込まれた・・・。


反対に、
足止めのサインにしたがって家を出なかったら、
事故に巻き込まれなかった。


ぽまいらも、
そんな経験はあるかもしれない。


知り合いでは、こういう経験をもってる人がいる。


東京の人だが、
ある晩、地元の友人からある日、電話が来た。
聞けば、「意味はないが、とにかく電話をしなくてはいけない気がした。」


という理由だけだという。


しかし、翌日は普通に会社がある。
時間はもう深夜だ。


だが、なぜか、自分もむしょうに話を続けたくなり、
会話を続け、朝になった。


少しだけでも、と出社時間まで仮眠をとったのが運のつき、
豪快に寝過ごしてしまった。


慌てたものの、もう遅い。


だが、結果として彼は、そのまま出社どころではなくなった。


いつも自分が利用するルート、時間にドンピシャリで、
あの地下鉄サリン事件が起きていたのだ・・・。


さて。


そんなサインだとか虫の知らせだとか予兆とか。


往々にして、
それらは予期していないときに来るという。


つまり、心に余計なものがないときだ。


「受け取り」やすくなっているときだな。


そんなときに、フッとやってくる。


そしてそれは、
自分の守護天使からのサインであることが多い。


彼らは、極力、我々の人生には関与しない。


しかし、ここぞというときには、
必ず何かしらのメッセージを送ろうとしてくれる。


オレさまたちが「人間」存在になったその瞬間から、
いつか人間以上に進化するそのときまで。


輪廻という輪の中において、
常に寄り添い続けてくれる存在だ。


いつだったか、
NHKで守護天使の正体は?みたいな番組がやっていた。

https://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20130504-31-02057


ほんの終わりの部分しか、
オレさまは見れなかったので詳細は知らない。


ただ、極限状態で生還を果たした多くの人は、
何かしら、自分を助けた「声」について語っている。


もちろん科学者は、その声に合理的な説明をするだろう。
そして実際、その通りのこともあるだろう。


だが、
幾つかは、
本物の「守護天使」からのメッセージに導かれていることもある。


たまにはぽまいらも、
心をからにして、
自分を見守る優しい眼差しに思いをはせるのもいいかもしれない。


往々にして彼らは、自分が必要と思うときは、
何もメッセージはくれないだろう。


だが、彼らなりの方法で、
その眼差しを感じさせてくれることはある。


そんな瞬間が、ふっと訪れるとき、
心に優しい光が灯される。



たとえ有益なメッセージだのサインだのでなくとも、
まぁいいじゃねぇか。


自分はどんなときでも独りではない、
と信じられるだけでもよ。


ま。そんな話さ。




・・・せっかく来たので押していただけると、
   とってもうれしゅうございまする。。。
   はい、ぽちっとな♪   


          人気ブログランキングへ



関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter