スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

サイン―守護天使の声?

たまには、
ライトなスピリチュアルな話を。


よくスピな方々がよく言う「サイン」。


あれ、ほんとに読み取るのは難しいよな。


人のことだと、
「それって明確なサインじゃん」と思うものの、
いざ自分のことになると、信じられなかったり、
見落としたり。


まぁそんなもんだよな。


ではそもそも、
いわゆる「サイン」ってなんだろうな?


ある朝、出かけようとしたら、
やたらと「事故」という言葉や映像が目や耳に飛び込んでくる。


なんとなく事故が連想されて、
「いきたくないなー」と思っていて、
案の定、予定にしたがってでかけたら、事故に巻き込まれた・・・。


反対に、
足止めのサインにしたがって家を出なかったら、
事故に巻き込まれなかった。


ぽまいらも、
そんな経験はあるかもしれない。


知り合いでは、こういう経験をもってる人がいる。


東京の人だが、
ある晩、地元の友人からある日、電話が来た。
聞けば、「意味はないが、とにかく電話をしなくてはいけない気がした。」


という理由だけだという。


しかし、翌日は普通に会社がある。
時間はもう深夜だ。


だが、なぜか、自分もむしょうに話を続けたくなり、
会話を続け、朝になった。


少しだけでも、と出社時間まで仮眠をとったのが運のつき、
豪快に寝過ごしてしまった。


慌てたものの、もう遅い。


だが、結果として彼は、そのまま出社どころではなくなった。


いつも自分が利用するルート、時間にドンピシャリで、
あの地下鉄サリン事件が起きていたのだ・・・。


さて。


そんなサインだとか虫の知らせだとか予兆とか。


往々にして、
それらは予期していないときに来るという。


つまり、心に余計なものがないときだ。


「受け取り」やすくなっているときだな。


そんなときに、フッとやってくる。


そしてそれは、
自分の守護天使からのサインであることが多い。


彼らは、極力、我々の人生には関与しない。


しかし、ここぞというときには、
必ず何かしらのメッセージを送ろうとしてくれる。


オレさまたちが「人間」存在になったその瞬間から、
いつか人間以上に進化するそのときまで。


輪廻という輪の中において、
常に寄り添い続けてくれる存在だ。


いつだったか、
NHKで守護天使の正体は?みたいな番組がやっていた。

https://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20130504-31-02057


ほんの終わりの部分しか、
オレさまは見れなかったので詳細は知らない。


ただ、極限状態で生還を果たした多くの人は、
何かしら、自分を助けた「声」について語っている。


もちろん科学者は、その声に合理的な説明をするだろう。
そして実際、その通りのこともあるだろう。


だが、
幾つかは、
本物の「守護天使」からのメッセージに導かれていることもある。


たまにはぽまいらも、
心をからにして、
自分を見守る優しい眼差しに思いをはせるのもいいかもしれない。


往々にして彼らは、自分が必要と思うときは、
何もメッセージはくれないだろう。


だが、彼らなりの方法で、
その眼差しを感じさせてくれることはある。


そんな瞬間が、ふっと訪れるとき、
心に優しい光が灯される。



たとえ有益なメッセージだのサインだのでなくとも、
まぁいいじゃねぇか。


自分はどんなときでも独りではない、
と信じられるだけでもよ。


ま。そんな話さ。




・・・せっかく来たので押していただけると、
   とってもうれしゅうございまする。。。
   はい、ぽちっとな♪   


          人気ブログランキングへ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter