“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

宇宙人とかUFOとかアセンションとか。バカみてぇなスピリチュアルはそろそろ捨てよう。

 

【アセンションとか宇宙人とかな記事】

どうも。なつきです。

魂が忙殺されてアセンション(昇天)してました。(藁


いや、すまぬ。すっかり更新停滞、


ここまで放置するとは・・・。

時間の流れるのは早いな。

なかなかコレでも忙しくしているわけですよ、実際。やべぇな。

そんなわけでアレです。2017年も半ばすぎたというのに、未だにアセンションだのUFOだのディスクロジャーだの言ってる人たちがスピリチュアル業界にはいらっさる。

ので、2013年の「なぁにがアセンションだ、ヴォケ」な記事をリライトしてみました。

結論はたったひとつ。アセンションだ、地球からUFOで避難だ、そんなコトほざく自称波動の高い人々こそ、ささっと〇んだ方がいいんじゃね? それこそアセンション(昇天)というものだし、世のためだ、という記事ですw

 

 

アセンションだのUFOで地球から選ばれし人々が助かるという終末思想

アレです。驚きますね。


まぁぁぁぁだ、宇宙人クルクル詐欺の連中って元気だな。


この前もすっげーーーーーー長いコメントがあったよ。

中には、「良心的な」人もいるわけで。好意から、「いいからここ見て!」みたいな。


詳しくは覚えてねえけど、とにかくクルクル詐欺系だった。60年代からすでにいるわけですよ。

「宇宙人が助けにきてくれる」「UFOで良識ある人たちは救われる」

「金星に避難することになる」「銀河連邦はアシュター司令官が・・・」

 

うるさい。〇ね。

 

まぁ、アレです。


そりゃね。オレさまだって宇宙人信じてますよ? 何気に、神秘家の中には「宇宙人」とのコンタクトしていた人たちの記録が残っていたりします。


UFOだって肯定派ですよ?

 

ただ、オレさまが現世で生きてるうちに公式コンタクトがあるかと言われると、ねぇだろーなーと。


ってか、神秘家にとっては、変な話だが、宇宙人ってのは別に疑う必要はない。


コンタクトの逸話もわりとふつうだ。


ここでよく触れる、キリスト教神秘主義の神秘家ダスカロスだってあったよな。


ただそうした神秘家のコンタクトからもわかるように、まっとーに進化し、オレさまたちよりも高位の進化を遂げた宇宙人ってのは、いわゆる科学的―物質的―な探索にはひっかからないし、コミュニケーションもできない。


では、彼等は何者で、どこかる来るのか。

宇宙人

こんな姿かもしれねぇぞ?w


 

 

 
アセンションだのなんだの。「終末思想」にすがる「選民」たち。
 
 
まぁあれね。宇宙人とか言われている人たちね。
 
 
彼らはどこからくるのか?
 
 
それぞれの惑星の「アストラル界」以上の世界から来ている。
 
※いわゆるアストラル界―霊界―もまた、それぞれの惑星領域に紐づいている。
 
 
 
彼らは、そういうレベルにある。
 
 
 
だから、宇宙船やら人工衛星飛ばして、物質的手段でどれだけ探索したって会えるわけがない。
 
 
 
そして彼らが会うと決めたら、物質レベルへと波動を落として現れる。
 
どうしても会いたければ、幽体離脱をマスターするこったな。
 
 
その上で彼らが必要性を認めれば、会うチャンスもあるだろう。
 
 
はっきり言って、アセンションとかいう、終末思想の現代版のようなカルト思想に都合よくフィーチャリングされてしまっている。
 
 
そんな都合の良い宇宙人もいないし、そんな思想にひっかかる「選民思想」にかぶれたスピ系に明日を生きる資格はあるのかねぇ。
 
 
 
 

なぜ「アセンション」を語る人はスピリチュアル界では健在なのか。

 
 
オレさまには、どれだけお花畑の人たちがアセンションは始まってるだのなんだの言っても、アホかとしか思えないねぇ。
 
 
 
そもそも物質次元には、物質次元だから出来る学びという意味があるのだ。
 
 
それを考慮せずに「この次元ごと次の段階にアセンションする」とかいう、脳内お花畑のスピよ・・・と思う。
 
 
 
しかし、もっとたち悪いのだが、「アセンションできる人」に自分とその仲間を位置付けて語る、スピ系エセ教祖たちだな。
 
 
 
一時、おれがこういうロジックにホイホイついてくオツムの弱い連中を「スピリチュアル・ニート」と名付けてやったことがある。
 

あー、まさにこんな感じでしょうなー(笑)

 
往々にして彼らは、社会的には弱く、活躍できない人が多いように感じたからだ。
 
 
 
 
現実社会では虐げられる自分。
 
 
しかし、スピリチュアルな世界だと、一気に「わかっている人」「霊性が高い人」扱いでマウンティングできる。
 
そして、他の人たちを「レベルが低い」「アセンションできない人」と位置づけることができる。
 
 

スピ的には、エラいオレ(笑)みたいな。

 
虐げられし者たちの逆転だ。(笑)
 
 
まさに、ルサンチマンの発露。
 
 
さらに自分をバカにしたり、力を発揮できなかった低次元の社会と人々は、アセンションで一掃される。
 
 
 
もちろん、自分は救われる側である。
 
 
 
そう、上から目線で断じることができる。
 
 
 
甘美な脳内復讐といったところか。
 
 
んで、結局、そんな甘いロジックでからめとる、うさんくさいカルト系スピリチュアルというか、教祖に刈り取られる。
 
 
 
ほんと、こういう連中は、聖者の行動も言葉も、都合よく解釈したり、切り貼りしたり、引用をする。
 
 
悪魔も聖書を引用するとはいったもんだ。
 
 
ふと思い出したが、聖書にイエスも怒り、神殿を汚すものを追い払うシーンがある。
 
 
 
昔、潜入捜査をしたことのあるカルト団体では、ここを拡大解釈して、霊能力で人を攻撃することを是とていたなw
 
 
 
もちろん攻撃対象は、教祖に逆らったり、立ち去ったような連中だが。
 
 
 
え? おれ? おう、もちろんされたよw
 
 
攻撃(というかただの呪いだろw)の晩、ヤツらの集会(?)は、事前にこちらに内通者によってもれてきた。
 
 
 
警戒すべき霊能力もつヤツは二、三人ばかりいた気もするが、しょせん児戯ww
 
 
かる~くプロテクションして終わり。
 
 
 
その結果、おれはこうしてぴんぴんしているが、彼らは滅んだが。(藁
 
 
 
人を呪わば、穴二つ、だな。

科学のカタマリが呪術とかww

 
おっと、話がそれた。
 
 
 
そんなエセスピにハマるのは、「選民」されたい、エゴイズムに心を支配されたヤツらってこと。
 
 
いいかい。
 
 
エセスピは、言葉は甘く、優しい。
 
 
無価値だった自分にスピリチュアルな価値を一見与えてくれるように見える。
 
 
 
だが、それは罠だ。
 
 
 
本物と偽物。これらは表面的には語る言葉は近いかもしれない。
 
繰り返すが、悪魔も聖書を引用するのだ。
 
 
 
だからこそ気を付けるんだぜ。
 
 
本物のスピリチュアルは、アセンションだなんだというまえに、内省だのなんだのと、とても地味で、地道でつまらないかもしれない。
 
 
しかし、おまえさんが霊的に成長するための道を照らすものは、そんな路傍の石のようなものなかにこそ詰まっている。
 
 
先人たちが積み上げた本物の叡智は、たとえ古臭い石ころのように見えても、磨けば光るダイヤのように、永遠の輝きをもっている。
 
 
 
そして誰かれと差別することなく、その意志が本物であるならば、望むものは手にすることができるのだ。
 
 
 
 
ま。そんな話さ。
 
 

人生を変える8本のメールレッスン

~キミが幸せになっても、誰も困らない~

★★★★★★★★★★★★★★

伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと落とし込みました。

「人生を諦めない!」

と気力が溢れてきた8本のメールを公開しています。

★★★★★★★★★★★★★★

 

「もう引き寄せの法則とか、いりません」

 

メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、

伝統的神秘学を平易にかみ砕き、

そのエッセンスで

読者の魂の力を賦活する

メールをお届けします。



このメールは、

ともすれば自分の人生に

見切りをつけ始めた、

とくにover40歳など、

オトナたちのために書かれています。

今こそ、「ムリだ」というヤツを笑え!!


追伸

本メール講座で「スピリチュアル・リンケージ」という

概念を知り、身に着けてください。

  

☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/

 

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter