スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

天使論8

週に2回の整体、痛気持ち良さがすっかりクセになっているオレさまですが、ぽまいらはいかがカラダの故障を治そうと努力していやがれますか。


いやはや。なかなか、根治には時間がかかりそうだぜ。さて。それはとかかく「エソテリック・ティーチング」の天使論の抜粋を続けていこう。


前回は、守護大天使とはトロウンズ(座天使)の階級からきているという点まで読んだな。



「私たちがこのトロウンズからの大天使についていえるのは、いくつかの探求システムが彼らを“双子の魂”と呼ぶことからわかるように(オレさま注:もともとツインソウルってのは幾つかの神智学の系統では、この守護天使をさしていた。)、守護天使が常に私たちの中に存在している、という事実です。



しかし、私たちは“双子の魂”というような推測をしません。なぜなら守護大天使が私たちの「エゴとしての自己」と同じではないことを知っているからです。(オレさま注:ダスカロスが「エゴ」というときはいわゆるエゴイズムとは別の意味。永遠の存在、すなわち“自己認識―魂”、本質的なセルフのこと。それは理性と愛に満ちたパーソナリティーを通して顕れてくる。)




守護大天使は、守護大天使ならではの永遠なる本質と存在性を持っています。そして、彼らは私たちの感覚にアチューンメントすることで、私たちと似てくるのです。



霊的に進化した人間は、トロウンズの大天使と意識的もしくは超意識的なコミュニケーションを途切れずに保つことができます。こうしたコンタクトは、地球上での出来事からは想像もつかないほどの歓喜をもたらすのです。」



結論から言うと、守護大天使とのコミュニケーションは、日々の内省を繰り返し、霊性を高めていくしかない。



守護大天使はオレさまたちの「内」に存在しているが、その霊的なパイプは、今は詰まっている状態なんだ。これを少しずつクリアーにしていくことで、彼らとのパイプが開ける。


すると当然、コミュニケーションが可能になるし、彼らもより活発に活動することが可能になる。



オレさまたちは、カルマに応じて人生においてさまざまな艱難辛苦に出会うよな。中には、ひどい痛みを伴う学びだってある。



これらは、オレさまたちの<永遠のパーソナリティー>がオレさまたちのカルマを把握したうえで、必要な状況に導いてくれるからだ。しかし、永遠のパーソナリティーが直面させてくる学びは、はっきりいって、厳しいものが多い。「はよ目覚めやがれ(藁」と強烈な一撃をかましてくれるからだ。



だがその点、守護大天使は、もっと優しく眠りから揺り動かし、覚醒させようとしてくれる。そこはやはり、天使といったところか。



どうせなら、痛みの少ない人生を歩んでいきたいものだろう?



ならば、守護大天使とのパイプをクリアーにする必要がある。そのためには、少しずつ自分の霊性を高めていくしかねぇんだ。



そうした地道な努力自体、彼らは歓喜をもって迎えてくれる。手を差し伸べてくれる。コミュニケートする機会が少しずつ増えていくだろう。



そしておまいらがクリアになればなるほど、守護大天使と波動が近くなり、“双子の魂”と見まがうほど、霊的に近い兄弟となっていく。



そのとき、完全に彼らとのコミュニケーションを獲得し、彼らがおまいの輪廻の初めから最後まで共に歩む永遠のパートナーとしてそこに在る愛の深さを知るだろうぜ。



人は、本当の意味で決して孤独にはならない。



それは、不可能だ。



どんな絶望の闇の中にいても、傍らには常に彼らがいるのだから。



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(21/02/21)
    中☆高☆年!! 大変興味深い記事でありんした。 ふと、友人が昔、霊障に悩まされて永代寺さんに駆け込んで助けてもらった話を聞いたことが思い出されました。 あそこは高野山の関係だそうで。興味本位で、一度お寺の話を聞いてみたいなと思ったんですが、結局その機会はありませんでした。(ひやかしはブロックアウトなのかしら(笑)「不安を払拭」「脱洗脳」も受けてみてぇ) 話は変わるけど、最近見た話で、ある日本の宗教学者さんが言うには アメリカでもスピリチュアルはエセスピの意味合いが強くなり、スピリチュアルという言葉を敬遠するようになってきたのではないかと。 個人的には、そのうちまた新しい言葉が生まれるんじゃないかと当て込んで?います(賭けてない)。
    » なぜ詐欺的なスピリチュアルを信じ、ハマる人は多いのか。
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/02/16)
    随分古い記事にコメントありがとうよ。(笑) 下手に内省や精神的治療をやるよりも、 エネルギーワーク(エーテル系ワーク)で心の浄化が進んだり、 癒えたりする方法もあるってこったな。 これも一つの方法さー。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar Mayuko さんより(21/02/16)
    夏樹さん 次回の神秘学講座を目前に、多くの中からこのブログにあたりました。記憶の傷を癒す、原因を赦すという箇所を読んだ時、「ええ、マジで?!」と叫んでしまいました。 内省は自己否定付きという誤ったやり方でしたが経験もあります。(辛い) でも、エーテル体へのアプローチなんて全く知りませんでした。というか、エーテル?何?というレベルでした。これからの講座、俄然やる気がでてきました。ブログ、有難うございます。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar 藤千晶 さんより(20/12/02)
    はじめまして、藤千晶と申します。 いつもメルマガ拝見させて頂いています。 住まいは奈良県になり、神秘学講座を学びたいと思いながらも遠方なこともありなかなか行動出来ずにおりました。コロナによりZOOM講座も取り入れていただき、この度受講させていただきたいとメールさせていただきました。 受講希望はどちらから申込みさせていただけばよろしいでしょうか? どこかに記載くださっているはずですが、うまく申込み先を見つけられず、申し訳ありませんがご教示いただきたく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 ふじちあき
    » メールマガジン発行者・ブログ情報

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter