“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

神秘家ダスカロスの神秘学的天使論3~大天使論を中心に~

本記事の概要

はい、どーも。一部の天使たちから悪辣な呪いを一身に浴びつつあるオレさまですが、ぽまいらはいかが心優しい天使ちゃんたちの歌声に癒されていやがりますか。まぁアレです。どこかに高次存在を敬う、畏敬の念を捨ててしまったのでしょうか。しょせん、オレさまとフィーリングの合う天使なんざルシファーくらいだぜ。(藁 と今日もやさぐれモードのオレさまです。


さて、今日は大天使の自己認識についてだが、早速まずはダスカロスの「エソテリック・ティーチング」から抜粋しよう。

また、まず

神秘家ダスカロスの神秘学的天使論1~大天使論を中心に~

神秘家ダスカロスの神秘学的天使論2~大天使論を中心に~

上記が未読の方はどうぞ、

 

大天使の自己認識


「・・・大天使が自己認識をもっているのかどうか、考えてみましょう。もちろん持っていますが、それは私たち人間の自己認識とはかけ離れたものです。大天使は全なる知恵を持ち、法則原因について、またそれらの表現について理解しています。



しかし、大天使は人間のように潜在意識がなく、自己意識超自己意識的な自己認識ももちません。大天使が持っているのは、絶対的な自己認識です。全なる知恵は全なる知恵の本質を知っているのでしょうか? 光は光の本質を知っているのでしょうか? 大天使のあるものが特定の目的のために人間のイデアを「人の子」とならない限り、大天使の自己認識は、私たち人間のそれとは異なっています。



大天使は自らの任務を果たしても、特定の出来事について記憶する、ということがありません。なぜなら、神聖なる瞑想の中で生じる大天使のイデアは、時間と場所の印象を受け取るように作られていないからです。」

大天使の法則としての理解


さて、今日の抜粋部分はとても重要だ。


まず、大天使は法則と原因を理解している、とある。つまり彼らは自らの任務である宇宙の創造・管理において、完全に「原因と結果の法則」にのっとって働いている、ということだ。逆に言えば、彼らはカルマの法則から外れることは決してしない。というより、むしろその法則の運営側にいる。



そして潜在意識がなく、絶対的な自己認識がある、とある。人間は、自分の人生に何が顕れるのか、よくわかっていない。自分の前世で蒔いた原因は無論のこと、今日の決意・選択・行動がどんな結果となって顕れるか見通せず、人生の荒波に翻弄される。



だが、マスターと呼ばれるヤシらはそうではない。潜在意識が限りなく存在せず、意識領域のほぼすべてが顕在意識(理性)によって照らされている。

 

一方、大天使らは初めから潜在意識がない。ゆえに自分の行動はすべてどんな結果になるか分かっている。すべてを顕在的に、意識的に理解している。何をどう行動すべきかは、初めから有している「全なる知恵」によって分かっている。

この点が、最大級の違いといえる。

 

 

大天使は記憶しない


そしてさらに特筆すべき点がある。彼らは、特定の印象について記憶することはない。



これはどういうことかというと、「物事を比較・検証・判断する能力がない」ということなんだ。

 

すべてを知っている彼らは、初めから答えをもっている。完全無欠のコンピューターのようなものだ。完全無欠ゆえに新しい物事を覚える必要はない。必要があるならそれは全なる知恵ではない。ゆえに初めから、そのようなインプットは機能として持たない。「全」ははじめから欠けていないゆえに「全」なのだ。



一方、人間は日々、色んな物事を比較して、検討して、自分で考えて答えを導いて生きていかねばならない。記憶するからこそできるよな。これが人間と大天使との最大の差だ。そして実は、この比較・検討して自分で考えるという能力こそ、「進化を可能とする能力」なんだ。



考えて見てくれ。霊的に進歩しようとしたら、オレさまたちは内観をして、自己分析をする。そして「ここはああしたほうがいい、あはれすべきではなかった・・・」と考え、自分を改め、少しずつ進歩していく。これは、物事を比較・検討した結果、「こうするほうがいい」と自分で結論するだろ。



この「進化するために欠かせない能力」が、大天使はないんだ。そして比較できないがゆえに、ダスカロスに本文中で「光は光の本質を知っているのでしょうか?」と書かれている。



生まれてから水中しか知らない魚は水を知るだろうか。水でない場所を知り、初めて「水」というものがいかなるものかを知るだろう。



同様に「善」しか知らない彼らは、善の意味を知るだろうか。

 

 

大天使とは聖書の放蕩息子のたとえ話の「兄」である


さぁ、ここで「放蕩息子」のたとえ話を思い出して欲しい。なぜ放蕩の旅に出た息子が、戻ってきたとき、「永遠の知恵」をあらわす指輪を父にはめてもらえたのだろうか。父の宮殿を出た息子は、放蕩の限りを尽くし、荒野をさすらい、父の栄光とは真逆のものを知った。普通に考えれば、救いようのないドラ息子だ。そんなもん、経験するまでもなく予想しろ、という話かもしれない。



だが、このことこそ、「父なるもの」の本質を息子に教えた。体験的に、強烈に叩き込んだ。だからこそ、父のもとからずっと離れず、父の仕事を助け続けていた兄・・・つまり、大天使よりも、放蕩に出た弟は、偉大なる知恵を獲得して父のもとに帰ることができた。



さらに言えば、現実問題としては、いま「弟」は放蕩しているが、兄たちは助けの手を伸ばしている。兄は、進化する能力を持たないが、弟が進化することを通して自分もまた少しずつ進化している。



つまり人間を通してのみ大天使たちは、進化することができるのだ。もっとも困難な学びのプロセスにいる人間は、宇宙の諸存在の進化それ自体を担ってもいるわけだ。



これが大天使と人間の兄弟に喩えられる関係性だ。そして人間が宇宙の中心的存在である所以だ。

 


善しかしらぬ大天使たちは完全かもしれないが、逆説的に不完全である


さて。そんな「善」しか知らない、ミスターパーフェクト。記憶もできない比較・検討も必要ない、すべてのデータがインプット済みのコンピューターのような自己認識をもつ諸存在と、どこまで「人間的な」おれたちとの会話が成立するだろうか。オレさまは甚だしく疑問だな。

 

まぁ成立はしても、それはおれたちのイメージする会話、対話とは大きく異なる形式をとるだろう。うまく伝えにくいのだが。


もっとも、オレさまも正直に言ってしまえば、大天使の自己認識について知ることは、こうした概念的なことばかりだ。抽象的な知識としてしか伝えられない。自分なりの真相は、できるだけ自分たちで手探りで実感していってほしい。

 

自身の発達に応じて、少しずつわかってくるだろうよ。

ここまで大天使という存在を非人格に描写しておきながらなんだけど、彼らだってかなしみはないものの、喜びはある。そしておれたちに対して、喜んで仕え、協力だってしてくれるのだ。その「高さ」におれたちが至るとき、それはとてつもなく大きな成長の証となるだろう。



ま。そんな話だ。(藁

次回の「神秘家ダスカロスの神秘学的天使論4~大天使論を中心に~」も引き続きどうぞ。

 

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter