スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

さらば、ともよ・・・

とーとつだが。



オレさまは、「捨てる」ということがわりと、ヘタだ。思えば、うちのオヤジなんぞは捨てる。とことん、捨てる。おかげで十代のころは、学校関係などの必要書類が見当たらないと、オヤジがまたゴミ扱いして捨てやがったな!とケンカになっていた。



しかし、いま思えば、あの潔さは学ぶ点が多い。おかげで、ヤツの部屋はいつもシンプルで整理されていた。




いま、オレさまの部屋でもっともあふれているといえば、本だ。本棚が足りない。まるで足りない。っていうか、半数が本棚に入らず、押入れだのちょっとしたカゴだの「便宜的に」押し込まれ、そのまま定位置となっちまった。



そんなわけで!


一念発起。



捨てる!!!! 「いつか読むだろう」「資料として価値がある」「専門書って高かったし・・・」などなど、学生時代から溜め込んだ本どもよ。



おまいらを捨てることは、「知識」を捨てるような気がして、気が引けていたが。



もう、捨てまくってやる!!!!





                     本





そんなわけで、選別された捨て本たち。政治学系専門書、古い小説、古いスピ本、マーケティング理論本、古いマンガも多数。といったところか。



スピ本なんて、もうシュタイナーとダスカロス関連があればいいし。あとはほとんど捨てだな。政治学系も古典的名著だけを残し、捨てだ。マンガの生き残り率が、意外と高い。(藁




古本を捨てられるのは、つぎの月曜日。日曜日に必死こいて縛り上げねば・・・・。




今日は選別だけで疲れた。お。それでも、本棚にはむしろ余裕が生まれたな・・・。なんか、本が少なくなると、アホ度が増したように感じてしまう。(藁



まぁいいか。これでかなりうちの中がスッキリする。いろいろと他のものもガンガン捨てる予定だ。目指せ。モノが少ないシンプルライフ。w



さ。今日はもう寝るぜ・・・。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter