叡智と真理を探究する者のために

さらば、ともよ・・・

とーとつだが。



オレさまは、「捨てる」ということがわりと、ヘタだ。思えば、うちのオヤジなんぞは捨てる。とことん、捨てる。おかげで十代のころは、学校関係などの必要書類が見当たらないと、オヤジがまたゴミ扱いして捨てやがったな!とケンカになっていた。



しかし、いま思えば、あの潔さは学ぶ点が多い。おかげで、ヤツの部屋はいつもシンプルで整理されていた。




いま、オレさまの部屋でもっともあふれているといえば、本だ。本棚が足りない。まるで足りない。っていうか、半数が本棚に入らず、押入れだのちょっとしたカゴだの「便宜的に」押し込まれ、そのまま定位置となっちまった。



そんなわけで!


一念発起。



捨てる!!!! 「いつか読むだろう」「資料として価値がある」「専門書って高かったし・・・」などなど、学生時代から溜め込んだ本どもよ。



おまいらを捨てることは、「知識」を捨てるような気がして、気が引けていたが。



もう、捨てまくってやる!!!!





                     本





そんなわけで、選別された捨て本たち。政治学系専門書、古い小説、古いスピ本、マーケティング理論本、古いマンガも多数。といったところか。



スピ本なんて、もうシュタイナーとダスカロス関連があればいいし。あとはほとんど捨てだな。政治学系も古典的名著だけを残し、捨てだ。マンガの生き残り率が、意外と高い。(藁




古本を捨てられるのは、つぎの月曜日。日曜日に必死こいて縛り上げねば・・・・。




今日は選別だけで疲れた。お。それでも、本棚にはむしろ余裕が生まれたな・・・。なんか、本が少なくなると、アホ度が増したように感じてしまう。(藁



まぁいいか。これでかなりうちの中がスッキリする。いろいろと他のものもガンガン捨てる予定だ。目指せ。モノが少ないシンプルライフ。w



さ。今日はもう寝るぜ・・・。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

カテゴリー

最近のコメント

  • 加藤 夏樹 { ビギ まぁ神智学ではないのだが・・・それはともかく、 >何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか? かまわんよ。またコメントするなりメルマガに返信するなりしてくれ。 }
  • ビギ { どうにもその神智学は自分にはまだ少し早い様子、何なら手を付けないのも選択肢に含まれそうです。ですが何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか? }
  • 加藤 夏樹 { ビギ おう。ご希望にそえない点もあったかと思うが、すまんね。 }
  • ビギ { 返信しないとばかり思っていました(・・;) ①の方はほっとくはそう思います。現実に向き合うと言い出しているみたいです。神=キリストなら宗教観が総崩れですね(・・;) キリストの水は検討ついてましたが、物質おばけみたいな魔女とか一緒にわかるとは思いませんでした。 ②も含めて返信ありがとうございました }

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter