スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

理性

はい、どーも。オレさまDeath。ちょいとブログの更新をさぼっていた。



いやー。書く気がしないときはしないもんだな。



さて。このところ、<理性>というものを考えていた。



とくに日本だと、すぴな世界も含めて「感覚」というものを重視するきらいがある。理性、そして理性から生まれる思考というものをとかく軽視するきらいがあるんだな。



学生時代出入りしていた某掲示板でも、デンパ感覚の発達した連中に共通していたのが、そういう傾向だった。当時から理性・思考重視のオレさまはデンパ人の中でも異端だったわけだが。



しかし、シュタイナーにしろダスカロスにしろ、「理性」を極めて重視しており、むしろこの道を歩むにあたって中心的な捉え方をしている。



というより、人間存在を「理性的存在」としている。



理性と感覚。単に前者を人間の能動的な思考能力、後者を受動的な判断能力といった能動性と受動性以上のものとして捉えている。



このあたりのことは、むしろ霊性思想の研究家たる菅原さんが詳しい。彼によると、「理性」というものは単なる論理的思考ではなく、元来は宇宙的な叡智を捉える神的知性を意味していた、とのこと。



それが今のような意味のような矮小な意味になってしまったのは、啓蒙主義に伴う科学的な世界観が世界を席巻するようになってからのようだ。



つまるところ、本来の意味であれば、<理性>こそ能動的に霊的世界を踏破していくために欠かせない力となる。



偉大な神秘家が重視するのも当然かもしれない。



というより、霊的深みに到達した神秘家で、非理性的なのはいないんじゃなかろうか。



バカにするつもりはないが、たとえば古代的な没我状態(トランス)で霊的世界を垣間見るようなシャーマニックな手段などの霊媒では、低い階層のアストラル界に達するのがせいぜいではなかろうか。



自分がどこにいて、何を見ているのか。さらに先に進むためには何が必要なのか。



それらを意識的に理解して探求していくには、やはり<理性>的でなくてはならないと思う。



霊的世界を垣間見たとき、理性的であることは確かに難しい。通常の理解を超えた世界をどう判断していいのかわからない。「感覚的に」いいモノであった、悪いモノであった、と判断するのがラクだし、それが限界のように感じてしまうのだろう。



だが、それではしょせん、「霊感」者、デンパなどとと呼ばれるレベルにとどまってしまう。結局、どこにも行き着かないだろう。



科学者がこの世界を理解するのに理性を用いるように、霊的世界もまた同様に理性を・・・「神的知性」をもって理解していくことが求められる。



ルドルフ・シュタイナーが神秘学・霊学を「精神科学」と呼んだ理由は、このあたりにあるように思う。ほんとうの理性は、宇宙から到来する叡智を受け取り、それによって命を吹き込まれた生きた思考となる。そうした思考から生み出された道理でなければ、あらゆる生命の<根源>たる「それ」へと分け入っていくことは叶わないに違いねぇ。



人としての限界はあるものの、自分で決めてしまうことだけは避けたいものだ。<宇宙>への信頼があれば、諦めない限り、許されるところまでは歩いていける。そしてそこは、本人が思っているよりも、はるか先まで伸びていたりするものだと、オレさまは信じている。



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(21/02/21)
    中☆高☆年!! 大変興味深い記事でありんした。 ふと、友人が昔、霊障に悩まされて永代寺さんに駆け込んで助けてもらった話を聞いたことが思い出されました。 あそこは高野山の関係だそうで。興味本位で、一度お寺の話を聞いてみたいなと思ったんですが、結局その機会はありませんでした。(ひやかしはブロックアウトなのかしら(笑)「不安を払拭」「脱洗脳」も受けてみてぇ) 話は変わるけど、最近見た話で、ある日本の宗教学者さんが言うには アメリカでもスピリチュアルはエセスピの意味合いが強くなり、スピリチュアルという言葉を敬遠するようになってきたのではないかと。 個人的には、そのうちまた新しい言葉が生まれるんじゃないかと当て込んで?います(賭けてない)。
    » なぜ詐欺的なスピリチュアルを信じ、ハマる人は多いのか。
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/02/16)
    随分古い記事にコメントありがとうよ。(笑) 下手に内省や精神的治療をやるよりも、 エネルギーワーク(エーテル系ワーク)で心の浄化が進んだり、 癒えたりする方法もあるってこったな。 これも一つの方法さー。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar Mayuko さんより(21/02/16)
    夏樹さん 次回の神秘学講座を目前に、多くの中からこのブログにあたりました。記憶の傷を癒す、原因を赦すという箇所を読んだ時、「ええ、マジで?!」と叫んでしまいました。 内省は自己否定付きという誤ったやり方でしたが経験もあります。(辛い) でも、エーテル体へのアプローチなんて全く知りませんでした。というか、エーテル?何?というレベルでした。これからの講座、俄然やる気がでてきました。ブログ、有難うございます。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar 藤千晶 さんより(20/12/02)
    はじめまして、藤千晶と申します。 いつもメルマガ拝見させて頂いています。 住まいは奈良県になり、神秘学講座を学びたいと思いながらも遠方なこともありなかなか行動出来ずにおりました。コロナによりZOOM講座も取り入れていただき、この度受講させていただきたいとメールさせていただきました。 受講希望はどちらから申込みさせていただけばよろしいでしょうか? どこかに記載くださっているはずですが、うまく申込み先を見つけられず、申し訳ありませんがご教示いただきたく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 ふじちあき
    » メールマガジン発行者・ブログ情報

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter