スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

スピリチュアル系についての雑感【アセンションとかの戯言】

スピリチュアル系のアセンションとかそーいうのってなんだ?

どうも!なつきです。

先ほど、つらつらとブログのはしごをしていた。スピリチュアル関係だ。


「アセンション」やら「ヒーリング」やらが相変わらず多い。

そしてそんな「スピリチュアル」関連は、はっきり言うと、好きになれないのが多い。


「スピ系ブログを書いてるおまえが言うな」とツッコマレそうだが。


しかしさ、そういうブログをざっと見ていて思うんだが、毎年のように「今年は大変化の年です」的なメッセージも目立つよな。



おまえはオバマかっつーの。(藁


変化を強調するのはこのテの系統の人たちの共通項じゃない?

今は変化のとき!!

とか。

いや、オレとてしても確かに変化は語りたいところでもある。


よく言うように2012年を区切りとするなら、もしかしたら、そこに向けて変革の波は本当に動いているのかもしれない。


だが、まるで「アセンション」してすべてが激変するかのようなムードのスピリチュアル系には同調したくないと思う。

2012年のマヤ暦とかアセンションとか色んなのが湧いてるよね

実際のところ、2012年に学生の人間は、卒業じゃないなら、翌年も普通に学生だろうし。

リーマンなど勤め人は、翌年も普通に勤め人をしていることだろうよ。

別に宇宙人が助けに来るわけでもなく、経済的な変動はともかくとして、社会は社会として依然、続いていくだろうぜ。


仮に『アセンション』なる現象があるとしても、社会背景というか、この世界にある「原理」が更新されていくというのが一番イメージに近い。


今は自由主義・資本主義・・・つまり弱肉強食のものが、より調和的であり、共同体的になるというか。

いや、一文字で表現できるが、やはり、オレが言うとウサンくさいのでそのコトバは使いたくないのだが。



とはいえ、貨幣経済から脱却できるのはまだまだ先のことのはずだがね。


やれやれ。

スピリチュアル系こそ、この社会の滅びを待ち望んでないかね…

つまるところさ、スピリチュアル系でアセンションを待ってる連中こそ、まるで2012年に大変革が強引に発生して社会がすべてひっくりかえって、すんげー生きやすい社会の到来!的な夢物語を期待してるように思う。

というかスピのアセンションって、ニューエイジ的終末論の焼き直しだろ?

 

そんでもって、「ぶっちゃけおまえらの願望だろ?(藁」と言いたくなってくる。


実際、そうだと思うんだがね。



おしゃべりでメッセージを伝えたがる宇宙人やら大天使たちが闊歩しているのを見ると、つい冷笑的に見てしまうのは、どうも「オレさま」時代から結局、変わっていねぇようだぜ。(苦笑

やれやれ。

ま。そんな話さ。

 

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter