“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

ダスカロスのシンボル・オブ・ライフが翻訳されて出版されるそうです

シンボル・オブ・ライフというダスカロスの未邦訳がついに出版される

どうも! なつきちです。

一昨年くらいから、今年こそ今年こそ、と一部業界で話されていたダスカロスの「シンボル・オブ・ライフ」が日本語でも読むことができるようになるそうです。ダスカロスの手によるクリスチャン・カバラの解説書だ。ダスカロスのシンボル・オブ・ライフはこちら。

 

まぁ、おれのPCにはあやしい翻訳原稿が入っているのだが。(笑)

 

さて。この出版を心待ちにしていた人も多いと思うが、残念ながら、読めばわかると思うが、思いのほか、「知的好奇心」は満たされない内容になっているのではないかと思う。

 

なぜならシンボル・オブ・ライフは、ひと言でいえば「クリスチャン・カバラ」の解説書であり、その意味は「瞑想」とワンセットで理解されていくものだからだ。

 

古代エジプト時代に大天使らによって与えられたとされる叡智が根源とされており、それは古代エジプトの宗教の器から、キリスト教という器へと移し替えられ、現代によみがえった。

 

ダちなみに本書の内容はダスカロスの言に従えば、3年から5年もの瞑想行で天使的なエレメンタルを視覚化で創造しつつ、実践(体験)と理解を両輪で理解していく書となっているのだ。知的好奇心、探求心だけで読む者は、はっきり言って「なんか大事なことを伝えていない」といささかフラストレーションすら溜まるかもしれない。

 

あるいは、なんと壮大で深いところまで語っているのだ!と驚嘆するかもしれないが、一方でその深みを体験することが浅く、やがて本棚の片隅に追いやられることだろう。

 

読み込んで理解を深めようとしても、どうしても「シンボル・オブ・ライフ」を理解するための瞑想とワンセットであるというところで壁にぶつかってしまうのだ。

 

普通の読み方を受け付けないのが、このダスカロスのクリスチャン・カバラ「シンボル・オブ・ライフ」という書であもある。

 

まぁそんなこともあって、おれんところではこの書に取り組むのは「上級」というまだ未開講のコースなんだけどね。

 

おれ自身もまだ取り組んでいる最中だ。

 

もう十年くらいたってる気がするけどw

 

っつーわけで、ぶっちゃけこの書を手に取る99.999%は「エソテリック・プラクティスからね」という人ばかりのはずだ。もちろんおれも大きなことは言えないが、この道の探究というものは、知的探求のみならず、実践がどうしても必要となる。

 

何はともあれ、この書に取り組むのは時間と鍛錬がいる、という話でしたとさ。

 

 

 

「人生が変わる」「魂が変わる」8本のメールレッスン
~キミが幸せになっても、誰も困らない~

★★★★★★★★★★★★★★

伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと落とし込みました。

「人生を諦めない!」
と気力が溢れてきた8本のメールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の活力を高め、

人生を切り開く力がパワフルに高まる
メールをお届けします。

このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、オトナたちのために書かれています。


今こそ、「ムリだ」というヤツを笑え!!

【コンテンツ一覧】
1. 人生は「そもそも論」で考えろ!
2. 欲求の階層を把握しろ!
3. 意識にコスモス(秩序)をもたらせ!
4. スピリチュアル・リンケージを生み出せ!
5. 1009回目のプロポーズ
6. 視覚化が未来を拓く
7. 自分の真の敵を知れ
8. もう一度、あなたが立つための力


追伸

本メール講座で「スピリチュアル・リンケージ」という概念を知り、身に着けてください。

(注!!)icloudのメルアドはマジで届かないです。。。

☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter