“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

「エソリテック・ティーチング」人間編7

いい加減に続きやらんとな、ということで、『エソテリック・ティーチング』精読シリーズ、人間の章の続きだ。


前回の「6」を読み直してくれると良いと思う。


さて。人間という存在は、<自己認識―魂>とダスカロス派が命名している、聖なるモナド(神の分霊みたいなもん)としての自己の本質部分が大天使的人間のイデア、続いて人間のイデアを通過して人間に投影されて、まず「高次の自己」(永遠のパーソナリティ)が成立すると考える。



この永遠のパーソナリティがオレさまたちの本質的なエゴ(セルフ。エゴイズムというときのエゴと区別するように)だ。


以下、抜粋。


「このエゴは自己認識―魂としての自己から空間・場所・時間の世界に投影され、転生の循環の中に入ります。エゴは永遠のパーソナリティであり、永遠にして不滅の素材で作られています。


永遠のパーソナリティは経験の世界に降りてくるとき、そこに独自の色を映し、自らの人生のシナリオを考えます。そして空間・場所・時間の世界において、さまざまな名前を持つさまざまな現在のパーソナリティーを身に纏い、これらの世界であらゆる方法によって自分自身を表現していくのです。」




ハイアーセルフなんて概念もあるように、オレさまたちの「パーソナリティ」は決して、いまモノを考え、感じているこの自己だけではない。



かつて降りてきた高みの世界とともに在る。というか、むしろこの脆弱で、移ろいやすい気質の弱い自己は、高い自己から投影された一時的なものにすぎない。



一種のアバターみたいなもんだな。(藁


そしてアバターの経験することを永遠のパーソナリティのほうで蓄積していくわけだ。どこに記憶するかといえば、「永遠の原子」と呼ぶものの中にある。



オレさまたちのほんとの自己のありかである、霊的なハートにそれは位置している。この永遠の原子こそ無限のメモリースティックのようなもので、オレさまたちのすべてが転生を超えてインプットされていく。


そしてこのインプット内容によって、オレさまたちが転生のたびにまとうエーテル体やアストラル体も進化していくわけだ。ゆえにハートの浄化(内省)に務めることは、そのままオレさまたち自身の霊的進化に直結するとても重要な作業なので、怠ることは許されない。



今回は、ここまで。次回は、死後のプロセスを少し触れる。



ま。そんな話だ。




                     訂正 1  



せっかく来んだから、押しておけって、コレ。(藁↓
                        



関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter