叡智と真理を探究する者のために

「エソリテック・ティーチング」人間編7

いい加減に続きやらんとな、ということで、『エソテリック・ティーチング』精読シリーズ、人間の章の続きだ。


前回の「6」を読み直してくれると良いと思う。


さて。人間という存在は、<自己認識―魂>とダスカロス派が命名している、聖なるモナド(神の分霊みたいなもん)としての自己の本質部分が大天使的人間のイデア、続いて人間のイデアを通過して人間に投影されて、まず「高次の自己」(永遠のパーソナリティ)が成立すると考える。



この永遠のパーソナリティがオレさまたちの本質的なエゴ(セルフ。エゴイズムというときのエゴと区別するように)だ。


以下、抜粋。


「このエゴは自己認識―魂としての自己から空間・場所・時間の世界に投影され、転生の循環の中に入ります。エゴは永遠のパーソナリティであり、永遠にして不滅の素材で作られています。


永遠のパーソナリティは経験の世界に降りてくるとき、そこに独自の色を映し、自らの人生のシナリオを考えます。そして空間・場所・時間の世界において、さまざまな名前を持つさまざまな現在のパーソナリティーを身に纏い、これらの世界であらゆる方法によって自分自身を表現していくのです。」




ハイアーセルフなんて概念もあるように、オレさまたちの「パーソナリティ」は決して、いまモノを考え、感じているこの自己だけではない。



かつて降りてきた高みの世界とともに在る。というか、むしろこの脆弱で、移ろいやすい気質の弱い自己は、高い自己から投影された一時的なものにすぎない。



一種のアバターみたいなもんだな。(藁


そしてアバターの経験することを永遠のパーソナリティのほうで蓄積していくわけだ。どこに記憶するかといえば、「永遠の原子」と呼ぶものの中にある。



オレさまたちのほんとの自己のありかである、霊的なハートにそれは位置している。この永遠の原子こそ無限のメモリースティックのようなもので、オレさまたちのすべてが転生を超えてインプットされていく。


そしてこのインプット内容によって、オレさまたちが転生のたびにまとうエーテル体やアストラル体も進化していくわけだ。ゆえにハートの浄化(内省)に務めることは、そのままオレさまたち自身の霊的進化に直結するとても重要な作業なので、怠ることは許されない。



今回は、ここまで。次回は、死後のプロセスを少し触れる。



ま。そんな話だ。




                     訂正 1  



せっかく来んだから、押しておけって、コレ。(藁↓
                        

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

カテゴリー

最近のコメント

  • 加藤 夏樹 { ビギ まぁ神智学ではないのだが・・・それはともかく、 >何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか? かまわんよ。またコメントするなりメルマガに返信するなりしてくれ。 }
  • ビギ { どうにもその神智学は自分にはまだ少し早い様子、何なら手を付けないのも選択肢に含まれそうです。ですが何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか? }
  • 加藤 夏樹 { ビギ おう。ご希望にそえない点もあったかと思うが、すまんね。 }
  • ビギ { 返信しないとばかり思っていました(・・;) ①の方はほっとくはそう思います。現実に向き合うと言い出しているみたいです。神=キリストなら宗教観が総崩れですね(・・;) キリストの水は検討ついてましたが、物質おばけみたいな魔女とか一緒にわかるとは思いませんでした。 ②も含めて返信ありがとうございました }

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter