“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

「エソリテック・ティーチング」人間編7

いい加減に続きやらんとな、ということで、『エソテリック・ティーチング』精読シリーズ、人間の章の続きだ。


前回の「6」を読み直してくれると良いと思う。


さて。人間という存在は、<自己認識―魂>とダスカロス派が命名している、聖なるモナド(神の分霊みたいなもん)としての自己の本質部分が大天使的人間のイデア、続いて人間のイデアを通過して人間に投影されて、まず「高次の自己」(永遠のパーソナリティ)が成立すると考える。



この永遠のパーソナリティがオレさまたちの本質的なエゴ(セルフ。エゴイズムというときのエゴと区別するように)だ。


以下、抜粋。


「このエゴは自己認識―魂としての自己から空間・場所・時間の世界に投影され、転生の循環の中に入ります。エゴは永遠のパーソナリティであり、永遠にして不滅の素材で作られています。


永遠のパーソナリティは経験の世界に降りてくるとき、そこに独自の色を映し、自らの人生のシナリオを考えます。そして空間・場所・時間の世界において、さまざまな名前を持つさまざまな現在のパーソナリティーを身に纏い、これらの世界であらゆる方法によって自分自身を表現していくのです。」




ハイアーセルフなんて概念もあるように、オレさまたちの「パーソナリティ」は決して、いまモノを考え、感じているこの自己だけではない。



かつて降りてきた高みの世界とともに在る。というか、むしろこの脆弱で、移ろいやすい気質の弱い自己は、高い自己から投影された一時的なものにすぎない。



一種のアバターみたいなもんだな。(藁


そしてアバターの経験することを永遠のパーソナリティのほうで蓄積していくわけだ。どこに記憶するかといえば、「永遠の原子」と呼ぶものの中にある。



オレさまたちのほんとの自己のありかである、霊的なハートにそれは位置している。この永遠の原子こそ無限のメモリースティックのようなもので、オレさまたちのすべてが転生を超えてインプットされていく。


そしてこのインプット内容によって、オレさまたちが転生のたびにまとうエーテル体やアストラル体も進化していくわけだ。ゆえにハートの浄化(内省)に務めることは、そのままオレさまたち自身の霊的進化に直結するとても重要な作業なので、怠ることは許されない。



今回は、ここまで。次回は、死後のプロセスを少し触れる。



ま。そんな話だ。




                     訂正 1  



せっかく来んだから、押しておけって、コレ。(藁↓
                        

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter