スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

人間編2

さてさて。そんなわけで、人間の章の勉強を続けるとしようか。前回の続きを抜粋するぜ。



「絶対存在は、言葉によって“天国”を創造しました。天国とはあらゆる次元の全世界を意味する言葉であり(オレさま注:つまるところ、このオレさまたちの住まう3次元世界も天国の1つ。1番目であり、天国としては最下層。全部で7つある。)、コーザル・ステートからノエティック界、サイキカル界、物質界まですべてを含みます。


すべての生命現象は絶対存在の言葉のみによって創造されていますが、人間と、その他の永遠なる存在は、例外とされています。人間は創造されたものではなく、絶対存在によって放射されたものです。




さて。今回の抜粋部分で一番大切なのは、下線部分だ。この点について考えよう。



そもそもオレさまたちという存在は、「霊―エゴ―存在」とダスカロスが定義する状態のとき(人間のイデアを通過する前の状態。大天使たちと同じクラスに在り、兄弟だったとき)、「永遠の存在」だった。



神としか呼びようのない<根源>から放たれる一条の光そのものだったんだ。



そのオレさまたちは、人間のイデアをくぐりぬけ、「自己認識―魂」と呼ばれるカタチの<魂(意識)>となって被創造の世界へと降りてきた。



そして今、「帰還」への物語を生きているわけだが、その本質として、オレさまたちは「永遠」の存在だし、永遠なるものこそ真の価値あるものだとわかっている。人がなんとなく「死後」もあると考えたり、感じたりするのももともとの出自をかすかに覚えているからだともいえる。



また、人はこの地上を生き、さまざまな有限の塵に等しき富や快楽にふけり、蓄積するが、やがて<永遠>なるものしか真に価値あるものはないと気づいていく。



わかるかい。


被創造物ではない、「創られざるもの」としてのオレさまたちは、つまるところ、本質的に永遠だ。永遠を内包している。永遠主義哲学が生まれるのも当然の資質を持っているわけだ。この資質が、人を永遠へと導いていくんだ。



人は誰しも、やがては幼子がそのおもちゃを脇に押しやるように、有限なるものをそっと押しやっていく。「スピリチュアル」なものへと関心領域が移っていくんだ。旅立つ準備が整うときだ。



本当の意味で「スピリチュアル」を求めるというのは、「永遠」への帰還を踏み出そうとするときということなんだ。



だからな。逆説的だが、これだけでも、自分のスピリチュアルへの関心が本物なのか、まがい物なのか、わかってしまうんだ。



地上でしか通用しない願いや好奇心を満たそうとする手段なら、それはまがい物だ。便利な魔法を欲しがる子どもと変わらない。一方、永遠へと通じる道への一歩なら、それは本物となりうる。ゆっくり、慎重に歩むことだ。




人はそうやって、誰しも歩み始めるときが必ず訪れるのだから。



いささかカタくなっちまった。



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter