スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

「エソテリック・ティーチング」人間編1

はい、そんなわけでエソテリック・ティーチング人間編の精読に入ろう。ここはちと長い。まぁらっくりとやっていこう。順番は前後しているが、ダスカロスの主著『エソテリック・ティーチング』では第1章~3章は絶対存在、キリスト・ロゴス、聖霊、となっている。続く4章が人間、5章がこれまでやってきた大天使の階級だ。



この5章までが、いわゆる大きな意味での神学的な神秘学といえる。1章から3章はクリスチャンでもないと興味ないだろうと思われることや、概念的すぎること、そして何よりオレさまでは体験的な理解がとぼしすぎるので割愛。



エソテリック・ティーチングは絶対存在というもっとも大きい概念の学びから入り、内観というもっとも身近で現実的なプラクティスの話で終わる。そういう流れだ。



いささかいじって一番ケツから始めたけどな。まぁほんとは段々と現実的な、実生活と関わるという実感のある領域へと近づいていくわけだ。



さて。



では、前置きはそれくらいにして「人間」の章を始めよう。



「人間


神は言われた。「我々にかたどり、我々に似せて、人を創ろう。そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這うものすべてを支配させよう」 神は御自身にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。男と女に創造された。

旧約聖書 創世記第一章26~27節



聖書のこれらの章は叡智にあふれています。天地創造がなされる以前、人間は絶対存在の神聖なる瞑想の中に抱かれ、コーザル・ステートノエティック・ステートといった次元のイデアの世界に刷り込まれていました。



神の全なる愛、全なる智恵、全なる力の御業であるイデアは完全無比の原型であり、それによって天地創造がなされています。」


しょっぱなから、用語解説がいるな。(苦笑


神聖なる瞑想:絶対存在が自身を表現する「創造の喜び」の中にある状態。絶対存在は創造の意志が先に在り、つぎに<表現>を為す瞑想常態に在ると想定されている。



コーザル・ステート:原因界。ノエティック・ステートよりも上位の世界。純粋な愛、原因、イデア、原理の世界。高い階級の大天使によって管理されており、5番目の天国として知られている。ここに至り、相対性は越えられる。



ノエティック・ステート:ここもイデアの世界であり、相対性を超えている。6次元の世界。大天使たちはここから形態を引き出し、生命現象を創造、維持している。我々が転生と転生の間に来る世界。




さて。コーザル・ステートは<原因,イデア>の世界だ。簡略化すると、プラトンがかつて観照したように、ここがすべての「存在」の雛形がある。つまりほんとの故郷だ。オレさまたち存在という存在は、すべてこの世界を<子宮>として産まれてくる。



そして死後、ここに帰っていく。


いまのうちに逝っておくが、1つの転生のプロセスは、肉体の生と死で終わりじゃないからな。肉体が死んで次の世界に行き、そこでアストラル体の死、次はノエティック体の死という具合にさらに2つの死を経て、ようやく1つのプロセスがおわる。


肉体、アストラル(サイキック)体、ノエティック(個我)体という3つの身体を脱ぎ捨てるわけだ。もちろん、後ろ2つの身体を脱ぎ捨てるときは苦痛はない。むしろすがすがしいそうだ。ダスカロス曰く、そのプロセスに気づかない者も多い、とのこと。



いずれにしても、そうやって向こうに逝ったあとも必要なプロセスを経て「死んで」いき、故郷であるコーザル・ステートまでたどり着いてようやく1つのプロセスを終える。そのプロセスの詳細は本章でおいおい触れてく。



とりあえずは、漠然とでいいから、人間の1つの転生のプロセスは、「イデアの世界→サイキック(アストラル)界→物質界」という流れを往復するもんなんだと思ってくれればいい。



肉体が生まれ死んで、だけではないのだ。



先は長い。まずはこのへんで。



ま。そんな話だ。


【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter