“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

人間編3

はい、オレさまです。今日もお勉強開始といくか。「エソテリック・ティーチング」人間の章の続きだ。



「すべての生命現象は絶対存在の言葉によって創造されていますが、人間と、その他の永遠なる存在は例外とされています。人間は創造されたものではなく、絶対存在によって放射されたものです。



聖書には、神ご自身の唾液によってこねた土から人間の物質的な形態をつくったとありますが、彼は魂をもたない土の型にただ生きるように言ったのではありません。



彼は、ご自身の命の伊吹をその鼻に吹き込まれたのです。(旧約・創世記2-7) ゆえに人間は創造物というより、むしろ神のご自身の最愛の子どもであり、善悪を経験し、そうすることで「物事を受け入れるべきか拒否すべきか」自ら判断できるように、あらかじめ父によって定められているのです。」



まず下線部分は、日本人にはわりと分かりやすいんじゃねぇかな。話を単純化してしまえば、「人は神さまの分魂。もとは同じひとつの魂」と言ってる。西洋の、たとえばマイスター・エックハルトのように「私は神である」なんて言って異端扱いされるキケンもねぇし。



というより、わりと「フツーの感覚」でわかるんじゃねぇかね。(ただ、エックハルトのようにほんとの意味で「私は神である」の感得はそうそうできるモンではないので、ニューエイジなど最近のすぴ系がこの言葉を使うとうさんくさい。シュタイナーが言うように、いきなりそんなQ極レベルの視点を言うと「なんと物ぐさな人なのだろう」と思うね。w)



ただまあなんだ。光源それ自体を「神」とたとえるなら、そこから放たれる「光」(の粒子)の一つひとつが人間の魂ということだろう。それが人間のイデアをくぐり、人の肉体へと宿ることを可能とする「魂の存在形式」を獲得する。
(この人間のイデアをくぐる前が、大天使と同じ状態。ゆえに人間と大天使は兄弟)



そして人は、<神の命の伊吹>を与えられた。これが西洋神学思想で言うところの「スピリトゥス」に(多分)該当する。よくここで使う言葉でいえば、エーテルとかプラーナと言われるような「気」のエネルギーだ。



多分、多くのスピ系がとらえているよりも、「エーテル」(気)という<エネルギー>の問題はもっともっと高次の問題領域を含んでいる。神的領域、神的存在論へと切り込んでいくほど重要なものだ。それは、「人の魂」と「物質的肉体」を稼動させる神的エネルギーであることからも予想される。



「魂」と「肉体」、そして「神のいのちの力」。この3つがあわさって、人という生命現象は成立するんだ。



無論、ここまで優遇(?)されている存在なんてほかにはない。



物事を相対的に判断するパーソナリティをもつことを許され、永遠とも呼べる時間(輪廻のことな)をも与えられ。あらゆる宇宙をまたにかけて旅をして学ぶことをゆるされた存在。それが人間だ。それを「神の最愛の子」と言わずしてなんという、ってなところだ。



まして、学びのため、「判断」という現象を成立させるために、「相対性」(つまり善と悪)までもが成立している。悪にも悪の働きがちゃんとあって存在している。だから視点を変えれば、高次の善はこの次元ではときに「冷酷」「悪」として映るし、低次の「善」も、高次の視点から見れば「悪」となりうる。



「悪とは時代と場所を間違えた善に他ならない」とシュタイナーが言うのももっともだ。(だからシュタイナーは、アーリマンなどアクマ存在の働きも重視するし、彼らを“救済”することも人の使命だという)



人間とは、それほどの<世界>を与えられた存在なのだ。まるで、「宇宙それ自体が人間の学びのために存在している」と思えるほどに。



<人間>とは人間が思っているよりも、ずっとずっと深い“神慮”を内包する存在なのだ。



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/29)
    >天使=大天使のエレメンタルだとするなら、 悪魔=ルシファーのエレメンタルということでオッケーですか? さらにルシファーが悪魔しか作らないとするならば、シャマエルは悪魔なの??? 微妙。シャマエルは確かにルシファのエレメンタルとして活動するね。その作用は「機能的」なのであまり悪魔として認識されないように思う。 いわゆる「悪魔」とは別と考えた方がいい。 シュタイナーの文脈でいえば「アーリマン」に属する人(笑)たちが悪魔だねー。 悪魔は人間の感情をトレースできるので「善でも悪」でも柔軟にw行動できちゃうけど、ルシファーとかは根本は大天使なので「悪と呼ばれる行為(作用)しか」(ルシにとっての善)できないわけです。
    » 天使と悪魔
  • User Avatar ひろ子 さんより(19/07/29)
    昨日教えてもらったことを復習しにやってきました☆ 天使=大天使のエレメンタルだとするなら、 悪魔=ルシファーのエレメンタルということでオッケーですか? さらにルシファーが悪魔しか作らないとするならば、シャマエルは悪魔なの??? とするならば、私たちの肉体を司る存在の中に悪魔がいる!? 気になります。
    » 天使と悪魔
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/13)
    となるとアレね。やはり王道はシュタイナーやダスカロス本の紹介でいいんでないかねー。 まぁ『信者』になってるとなかなか難しいものはあるけどな。
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。
  • User Avatar なが さんより(19/07/13)
    だよねえ。周りの人曰く“ピュアな人”らしいんだけど、神秘家をピュアって形容しないしねえ。 多分ピュアでいい人なんだと思う。そのスピな人。カルマの負債を増やす前に誰か教えてあげてって祈るわ。 結局私にできるのは、信者(どストレート過ぎて使いたく無かったけど)達に、 こういうブログがあるよって教えることか、 ダスカロスかシュタイナーの本の紹介するくらい。 自分が認識甘いのに人のこととやかく言えないよなあ、と思うこともある。 モヤモヤの半分は私の過去を見ているみたいだから関わりたくない、なんだけどもね(笑)
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter