“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

人間編5

さてさて。オレさまです。「人間とはそもそも霊的にはいかなる存在なのか」。この点を考察する本章は非常に重要なパートだ。めんどくせぇがw、じっくりと考察していこう。




では続き。



「1つの聖なるモナドとして、また1つの「霊―エゴ―存在」としての自己において、人間は大天使とほとんど変わりなく、「大天使的人間」と呼ばれています。しかし、その自己は人間のイデアを通過し、その瞬間から絶対存在の中でそれ自身、個別の光を放ち始めます。



これは「霊―エゴ―存在」が「自己認識―魂」となって、全なる愛、全なる智恵、全なる力により、別の領域に入ったことを意味しています。」



覚えてっか? 人間のイデアをくぐる前の人間は、「霊―エゴ―存在」と呼ばれる超自己意識性をもった状態であり、大天使とかわりがない。人間のイデアをくぐると、個別的自己認識という「殻」につつまれた、個別的魂となる。これを自己認識―魂、単に魂といってもいいかもしれねぇな。こういう状態になる。



はやい話、前者をハイアーセルフの状態、後者の今の人間的パーソナリティ、と捉えるとわかりやすいかも。



逆に言うと、人間は「人間のイデア」をくぐるまでは、大天使と同じレベルの存在だった。にもかかわらず、オレさまたちは人間のイデアをくぐり、この世界へと降りてきた。



なぜだろう。



よく引用していた聖書の放蕩息子の話を思いだしてほしい。



父の宮殿に残ったアニキと違い、弟は財産を父にもらうと、放蕩の旅に出た。遊びつくし、途方にくれた。そして父のもとに帰る決意をした。単なる使用人でもいいから、帰りたいと思った。



そして戻ったとき、父は息子を「死んでいたのに甦った」と大歓迎した、という話。そして旅に出たからこそ、ずっと父のもとに残ったアニキ(大天使)よりも、経験という宝を手に入れて、大きく成長して帰ることができたのだ。



それほど、大きなものを獲得できるのが、人間として生きることなのだ。



遠い遠い未来の話になるだろうが、今でこそ「ミカエル」とか「ガブリエル」なんて呼ばれている存在たちも、人間へと産まれることを選択するチャンスがあるだろう。



そのとき、オレさまたちははるか先へと進化していることだろう。場合によっては、「人間」となった彼らから見たら、それこそ「神」と認識されるほど高い次元へと進化していることだろう。



そのときは、かつて世話になった礼に、オレさまたちがケアする番だな。



宇宙の進化のゲームは連綿と続き、壮大で悠久の流れをもっている。「今」の不遇も、「人間」としての大きな学びの一つだ。



だから、いま「辛い」と思っているヤシよ。あえて言おうか。「おめでとう」と。



おまえさんは今、その身にある父からもらった「財産」を用いて、栄光をその身で示す具体的な舞台へと上げられている。それが人間として生きるということだ。



「放蕩息子」の本領発揮をするのは、そんなときだ。「もうだめぽ・・・」から、人生が始まる。



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter