“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

講座サマリー

はい、オレさまでんがな。今日は講座サマリー。今日は以下のような内容。


1.いか超 講義

今回の章からは、もう精読をするほどのことはないので、ざっと進めるレクチャー形式にした。神秘学徒の歩み方と今後についてシュタイナーが述べていることをカンタンにまとめて、補足的な説明を加えるというカンジだな。




2.魂の6つの行 思考

今回はちゃんと発表できた人はいなかったな。(苦笑) くどいが、思考・意志・感情という魂の三つの機能は、神秘学徒が鍛えるべきもっとも大切なものだ。引き続き、訓練を続ける。



3.記憶力

難航している様子だなぁ。w 今回は、前回一通り覚えたヤシが、細かい点、一語一句間違えずに、完璧に、正確に覚えられるかというステージだったが、残念ながら正確さは欠けてしまった。


次回こそは完璧にしてくれ。


くどいが、ヒーリングや瞑想を効果的に行うためには、イメージを作り出し、集中し、持続させることが求められる。この記憶力の訓練は地味だが、その基盤となる力を養うのに適している。



ヒーラーにとってはいわば筋トレwみたいなものだ。嫌がらず、腰をすえて少しずつでいいからがんばろう。



もう何回言ったか忘れたが・・・。



それでも、繰り返して言う。



みんな、頼むから、次回までに1つは覚えてくるように。





えー。でもって、プラクティス編。



予備的に取り組む瞑想のあと、



何気にぽつぽつ始めている、四大天使ワーク。www



1.そもそもミカエル存在とは?


世間様の「ミカエルさま~♪(はぁと」とは違う視点で、大天使ミカエルというものについてざっと理解をしてもらった。


そして一人ひとりの身体に宿り、肉体を機能させる「ミカエル」と呼ばれる「力」について考えてもらった。


その上で、


2.ミカエルとのアチューンメント


を練習したな。ミカエルの波動(色彩)を強力に思い描き、意識を沈潜させてもらった。


なかなかいいカンジにミカエルの波動のキャッチして言語化したのもいたな。その調子でアチューンメントというものを理解していってほしい。



3.ミカエルのプロテクション

ミカエルの力を用いたプロクテクション・フィールドの構築。アチューンメントがうまくいけばいくほど、しっかりと構築される。一切の不浄を許さないこのフィールドは、俗に言う「結界」として何気に最上級のチカラを持つ。のちのち、さらに進化したパターンを練習することになるかもしれないが、まずはこの段階のプロテクションをしっかりできるようにしていこう。




で、しめに気功。せい手で邪気抜きをした後、


1.陰陽功


2.たんとう功


3.獅子抱球功


4.車輪功



たんとう功で溜め込んだ気を続く二つの功法で練っていくハズが、皆さん、意外と動作でとまどい、せっかく集めた気をすぐに霧散させてしまう事態に。www



笑っちゃ悪いが、笑わせてもらったよ。(藁



たんとう功まではみんなわりとうまくできるようになってきたのに、獅子抱球功になったら途端にグダグタになっちまったもんなぁ。ww



まぁ気功は上記の流れで、トータルで15分~20分もやってれば、かなり身体はスッキリするので、まぁ各自ぽつぽつ取り組んでみてくれ。



気感がそれなりに得られてきたら、朝と晩などやる時間帯を変えてみると、効果の違いがよくわかって面白いぜ。



ま。そんな話だ。




                     訂正 1  




 うぉい、押さずに帰る気か、貴様。(藁↓
                        



関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/11/19)
    そうそう!結局内観が一番のコアですよ。ここに取り組み、それだけで問題ないっす。
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar たかメイ さんより(18/11/19)
    こんにちは! 最近、つくづく思うのです。夏樹さんも言っていたと思われますが(違ってたらごめんなさい)、「内観だけでいい」と。 過去に意識をやたらフォーカスしてしまうと、それが国家規模になるとすごいルサンチマンになってしまいます。 個人たとトラウマですか。 未来にフォーカスだとまだ、希望的観測がありますが、いまここでいられる(時間を忘れている)無我夢中状態というのは、集中力が必須だと思います。 日常で、いまここに立ち帰れるというのは 内観 しかないのではないのかと。 仕事に集中できるってことはいいことなのですね。 「内観」、すごいですね!
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter