スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。ルカ福音書二三章三二ー四九節

神さまの真実

どうも。夏樹です。先日、facebookでこういう人をみかけました。その人は自称クリスチャンで、無償でエクソシズムを行っていて、スピリチュアルやヨガなどを批判していました。特に有償で、それでいてうんこちゃんのようなスピリチュアルを批判していました。それはいいんだけど。

ですが、その人は「無償で霊的使命を神のために行うおれはエラい。本物のクリスチャン」という自己承認欲求と名誉にかられ、かつそうして得た信頼を自己の別にビジネスへと転用しているのが透けて見えた。

 

無償の神への奉仕を喧伝し、信頼と名誉を得ていたのだ。隠れて祈る、ということとは無縁。(笑)

 

まぁ、心理方面のスペシャリストのようなので、無償奉仕によって得た信頼、エセスピリチュアルを攻撃することによって得る、オーディエンスとの共通の敵の設定。

そうして得る信頼・・・。そういう方法なんてお茶の子さいさいだっただろう。

 

さて。

一方でたとえばインドの聖者パラマンサ・ヨガナンダなど、ヨガの大師でありつつも、キリスト意識とはどういうものか理解し、クリスチャンより本物のクリスチャンで、そして欧米にヨガによって霊性をといた。

彼ほどキリストを理解していたヨガの師もいないでしょう。

 

本物の神の師ってのは、洋の東西、奉ずる宗教の差なんて意味はなかった。

 

ただ真理にむかっていた。

 

またダスカロス。正教系のキリスト教神秘主義でありつつ、イスラム教徒にはコーランで真理を説き、無神論者の科学者には彼の理解できる言葉で真理へと導いた。※ダスカロスは指導もヒーリングもすべてが無償だった。

ヨガナンダ師は普及事業の使命のために有償ではあった。

しかしいずれもその霊的高みはすさまじい。

 

神のために無償で戦い、その栄誉を喧伝し、結果として利用する者と、淡々と己の霊的使命に順ずる神秘家たち。

その差は歴然だ。

 

つくづく「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです」というルカ福音書二三章三二ー四九節を想起せずにはいられない。

 

ま。そんな話でしたとさ。

 

追申

この記事の続きは、こちらです。『悪魔のささやき『いいから勉強しろ』щ(゚Д゚щ)ゲッゲッゲッ』です。

 

「風の時代」も乗り切る本物の霊的成長と社会・経済的成長を達成するメールレッスン

『2021年以降でも人生で成功するための伝統的神秘学の教え』

 

ご登録後、無料電e-Bookをダウンロードでプレゼント。
動画は本文よりリンク。

2021年以降に登録される方は、その年の最新版の特典がダウンロードできます。

 

無料メール講座は下記の通りです。

 

第一部<スピリチュアル編>
【霊的成長編】

1通目:人格主義=霊的成長。それが前提
2通目:天国へと至る 5つ黄金の鍵とは何か
3通目:内省はすべてのベース
4通目:我々は真理の現れも観察する
5通目:集中力なくして達成できるものは何もない
6通目:霊的成長とは何か
7通目:もっとも重要なスキル—視覚化—
8通目:瞑想でこの世界を超越する
9通目:【重要】なぜ学ぶのか―魂のパトス—
10通目:お仕事編の学びを進めますか

 

【第二部お仕事編】

【spiritual&marketing】
1通目:真・善・美からそれないこと。
2通目: 個の時代の到来をはき違えるな
3通目:あなたの強みを具現化するということ
4通目:100年食いっぱぐれない力とは何か
5通目:非成長型社会を乗り切れる人種は〇〇
6通目: 再びモノづくりの時代へ
7通目: 日本人に最適な働き方

※第二部の配信はクリックした希望者のみ。

※icloudのメールは配信不可です。

『2021年以降でも人生で成功するための伝統的神秘学の教え』

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter