スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

2014年流行語大賞は「ダメよ~ダメダメ」と「集団的自衛権」と「壁ドン」と

画像出典:ヤフーニュース

 

あー、ども。夏樹です。

2014年の流行語大賞ね。

いろいろありましたねぇ。

「ダメよ~ダメダメ」とかマジどうでもいいです。

本気でどうでもいいです。

 

しかし「ダメよ~ダメダメ」に限らず、

その多くがピンとこないあたり、すっかり浮世離れというか、

若者文化についていけないというか。

来年40歳になるんだけどさ、

この分じゃ四十にして惑わずどころか、

人生迷子な勢いになりかねんわ~って勢いですわ。

だって、たとえば「壁ドン」ね。

壁ドン。

なにあの、甘酸っぱい使い方。

「壁ドン」っていったら、1Kルームとか、薄い壁の向こうで、

騒ぐガキどもや恋人たちのベッド上でのあえぐ声とかに対して

「うるせーわっ!(ドン!」と壁をブッ叩くことじゃなかったっけ??

このヤるかヤられるか。

そんな殺伐としたアパート文化こそ「壁ドン」じゃねぇの?

あー、もう。

それがなにこの甘酸っぱい「壁ドン」

なにコレ。

コレが昭和と平成のジェネレーションギャップか。

G-Gapとか書いてみると、ちょっとシャレオツなブランドみたいじゃね?

なんて思ったり。

やれやれだわー。

あとね、集団的自衛権ね。

あれもね、元政治学徒―-外交・安保論専攻として、

めっちゃ違和感あるのな。

なんかこの集団的自衛権容認=戦争翼賛みたいな報道とかオピニオンって。

そこを結びつけるって、

頭わるいを通り越して、もう特定思想に依拠した「悪意」すら感じるっちゅーねん。

リアルに軍事大国が自分たちの地域に存在し、

しかも当該大国は武力を行使している。(おぉ、国名を出さないオトナの書き方だ!w)

まさにそんなときこそ、

みんなで安全を守ろうぜ、自分一人での対処って無理だよね」

を実現するために集団的自衛権という概念があるのだけどなー。

なんかとくに政治って、

ほんと一つの事象に対する見解や報道も、

それぞれの信条体系に左右されるよな。

やれやれ。

平和に生きたいもんぜよ。

 

ま。そんな話さ。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/02/16)
    随分古い記事にコメントありがとうよ。(笑) 下手に内省や精神的治療をやるよりも、 エネルギーワーク(エーテル系ワーク)で心の浄化が進んだり、 癒えたりする方法もあるってこったな。 これも一つの方法さー。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar Mayuko さんより(21/02/16)
    夏樹さん 次回の神秘学講座を目前に、多くの中からこのブログにあたりました。記憶の傷を癒す、原因を赦すという箇所を読んだ時、「ええ、マジで?!」と叫んでしまいました。 内省は自己否定付きという誤ったやり方でしたが経験もあります。(辛い) でも、エーテル体へのアプローチなんて全く知りませんでした。というか、エーテル?何?というレベルでした。これからの講座、俄然やる気がでてきました。ブログ、有難うございます。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar 藤千晶 さんより(20/12/02)
    はじめまして、藤千晶と申します。 いつもメルマガ拝見させて頂いています。 住まいは奈良県になり、神秘学講座を学びたいと思いながらも遠方なこともありなかなか行動出来ずにおりました。コロナによりZOOM講座も取り入れていただき、この度受講させていただきたいとメールさせていただきました。 受講希望はどちらから申込みさせていただけばよろしいでしょうか? どこかに記載くださっているはずですが、うまく申込み先を見つけられず、申し訳ありませんがご教示いただきたく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 ふじちあき
    » メールマガジン発行者・ブログ情報
  • User Avatar なが さんより(20/07/26)
    久々に(今頃)読んだけど、いい記事やった。 夏樹氏もブレないし(一時期質問の返答がみんなこれだった←そりゃそうだ) ああ、勉強したくねえ。(本音)
    » マスク作りが面倒な疑い深い私の疑問と神秘家の回答

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter