スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

天使論7

いやはや。すっかりここんところ、更新が停滞していたぜ。またぽつぽつ再開するか。



さてさて。そんなわけで天使論の続きだ。前回は、大天使の階級について少しやったな。で、高き大天使たちは、もはや人間の認識からしたら、「神」と違いがわからないほど崇高な存在と感じるという点について触れた。



続きを抜粋しよう。



「次に、私たちの守護大天使について考えてみましょう。彼らは、トロウンズの階級からやって来て、私たち一人ひとりにのすべての転生に連れ添ってくれています。



この大天使はトロウンズの大天使となんら変わりなく、他のすべての大天使たちと一体化しています。つまり、人間の自己認識―魂が聖なるモナドから投影されているように、守護大天使はトロウンズから投影されているのです。」




さて。ダスカロスの天使論はいささか他の神秘家と違っているが、ここもその最たる点の1つだ。たいていの神秘家たちは、守護天使を天使の階級としている。シュタイナーもそうだし、わが師ダンブルドアもそうだ。天使の階級の中では一番低く、進化段階では人間の1つ上に位置している。いわゆる「天使」だ。



ところが、ダスカロスは守護天使は大天使であるといい、しかもそれがトロウンズ(座天使)であるという。一般的な天使のヒエラルキーにおいていは、上位三隊にも入っている、非常に高位の大天使だ。



どれくらいて高いかというと、シュタイナー的天使論では「創造神」でさえ、エクスシアイという中級三隊に位置している。それより高位だ。



もっとも、ダスカロスの天使論においても同様なのか不明だが。



問題は、トロウンズから「投影されている」という点だ。ダスカロスはこのプラトンのイデア論的な投影という表現をよく使う。人間の自己認識―魂が聖なるモナドから投影されている、ともいうように。



少しここがイメージつかないかもしれない。なので、プロジェクターを想像してくれ。



そこに、「聖なるモナド」というスライド(雛形、原形、根源・・・とでも言おうか)がはいっている。スイッチをいれると、スクリーンには聖なるモナドの画像が映し出されるだろ。



この場合、オレさまたちの生きている物質次元が、スクリーンだ。つまりオレさまたちは、聖なるモナドが三次元に投影された“影”のような存在だ。



まぁ仮初の姿だな。この“影”はそれ自体が、少しずつ進化して、自分の根源である「聖なるモナド」の状態へと戻っていくのだが・・・。



このアナロジーによって類推しよう。人間に寄り添っている守護大天使は、トロウンズの“投影”だという。



であれば、人間の聖なるモナドと投影された“影”の差異と同じように、実際のトロウンズと比べたら、非常に大きな差があるのかもしれない。



だから他の神秘家は、守護天使を「天使の階級に位置する存在」と見てしまったが、霊視力・認識力がハンパなかったダスロカスは、その本質は「彼らはトロウンズだ」と見抜き、以上のように書き残したのかもしれねぇ。



とは思うものの、「この大天使はトロウンズの階級の大天使の何ら変わりなく、他のすべての大天使たちと一体化しています」と記しているのが不可解なんだよな。



正直、ナゾだ。



この点、ダンブルドアに尋ねたことはあるんだが、ヤシはオレさまと比べたらダスカロスには関心が低く、「さて。誤訳とか・・・ってダメ?(藁」とあまり考えてくれんかった。(苦笑



まぁ、それにこのヒエラルキーにおける段階について考察するよりも、もっと重要なことを触れていこう。それは、オレさまたちが霊的に進化するほど、この守護大天使と一体化(アチューンメント)し、コミュニケーションを絶えず行うようになるということについてだ。



それは、次回に。



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/06/07)
    おっと、コメントに気づかず承認が遅れて失礼! お、うちの会社も本体事業はソーシャルビジネスなんで、 そういうのに興味もってくれるのもうれしいね!
    » なぜ投資家よりビジネスオーナーを勧めたのか。夏樹ラジオVol.4
  • User Avatar ポチ さんより(21/06/02)
    たびたびすみません。 投資家より、事業オーナーを目指すなら、宗教・精神世界に生きる人達にピッタリなアクティビストの書籍があるので紹介させてください。 7つの習慣は個人主義ではなく人格主義なあるべき論ですが、あるべき論を超えて「事業オーナー」のソーシャルビジネスノウハウ書籍です。 素敵な書籍をご紹介頂いたので、なうな書籍をご紹介返しさせてください。 (有名な方なのでご存知かもしれませんが。。。) https://www.amazon.co.jp/dp/456984913X この会社のシステムを見れば意思が垣間見れるかもしれません。 こちらをご覧ください。 https://www.borderless-japan.com/whoweare/ 経済に友愛を、お邪魔しました。
    » なぜ投資家よりビジネスオーナーを勧めたのか。夏樹ラジオVol.4
  • User Avatar ポチ さんより(21/05/27)
    「教える」は重要ですが、力はムーブメントで時代精神なので、感じる人が率先して証明するのが理想だと思います。 ファシリートは誘導の力で必要ですが、思い切りは結局は意志の力なので「覚悟を決めろ」に尽きるとやり取りで学びました。 頑張ります。
    » なぜ投資家よりビジネスオーナーを勧めたのか。夏樹ラジオVol.4
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/05/11)
    生物多様性と霊性多様性はわりと同じ意味ってことで(笑) なんてやり取りを見ていた人から 神秘学選書講座に「七つの習慣」はどうかという声が(笑) あれをファシリテートするのは難しいねぇ。
    » なぜ投資家よりビジネスオーナーを勧めたのか。夏樹ラジオVol.4

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter