スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

シンプル

結局、物事はシンプルなんだなぁと思う今日この頃、ぽまいらはいかが入梅によってカビに侵蝕され始めていやがりますか。



いやはや。カビ襲来、パターン青!とか。w 



まぁそれはともかく。



さて。オレさまは、自身の霊的行法は「キリスト教神秘主義」の文脈に置かれている体系で統一している。その背景となる思想面に関しては、わりと混在だ。おおむね、キリスト教神秘主義であることにはかわりないのだが。



まぁそんなことはとりあえず置いておくが、そうした神秘学やら密教やらジェームズ・アレンの哲学やら相事象やら。結局、同じものを観ているなぁ、と改めて思っていた。




極論すると、古今東西の霊的な教えってさ、「心をきれいにしましょう」「ちゃんと考え、自分をしっかり律して生きましょう」「人に優しくしましょう」ってカンジだろ。平易な言葉にすると、このあたりに落ち着いてしまう。



言葉の上では、簡単でシンプルなもんだ。



で、もひとつ突っ込んでみよう。



上記のようなことを実践できると、どうなるのだろう?



すると、だ。ここで少し話はそれるかもしれないが、よくオレさまは<神>のことをダスカロスに倣って「絶対無限の存在」「絶対」とか表記する。根源、とかもよく使うが。




で、古くからの表現だと、神をさ、「全知全能」とかただ「愛」なんて言うだろ。



なにを言いたいか、もうわかったんじゃね?w



心をきれいにしたり、人に優しくしたり。自分を律してコントロールしたり。



その行き着く先は、人の神化じゃねぇか。神さまに成ることを目的とした教え、なんだよな。霊的思想って。



真似するとは学ぶこと、とは言ったもんだな。



このブログ、というか霊性思想の前提は、人は「霊的進化する存在であり、やがては神と同一化する」というものだ。東方キリスト教の「神は、神になるために人となった」という公理と同じ。



方法論やそのプロセスはそりゃ複雑だし、色んな段階もあるだろう。



でも結局は、神さまの特徴というか性質をマネして、自らを神さまへと近づけていく。



それだけのことだ。



まぁそれが難しいんだけど。w 言うは易し、行うは難しってヤツだな。



とはいえ、やることはほんと、シンプルなものだ・・・。



人生において迷ったら、自らに問うしかない。



「この問題、<神さま>ならどう行動するだろう?」



<>内は好きな言葉にすればいい。



<本当の自分> <より高い自分> <さとった自分> <マザー・テレサ級に優しい人>etc….



思うんだが。



こんだけを実践できるように努める。



そんな日々のほうが、へんなセミナーでオーラだ引き寄せだ魔法だチャネリングだとやっているより、ずっと本質的に「スピリチュアル」な生き方だと思う。



たぶんな。



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter