スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

修行ネタ チャクラ関係6

いささか飽きてきたオレさまですが、はじめたからには最後まで、と続けますぜ。



さて。これまでのチャクラ開発は、アストラル体へ働きかける方法論だった。ここからは、エーテル体方面からなんだ。面白いもんでダスカロスの行法はエーテル体方面からアストラル体方面のスキルへと移行するが、薔薇十字系は反対なわけだ。



この点、ダスカロス系の方がむしろヨガ系に近い気もする。彼はとくにエーテル系ワークを重視するしな。それは彼が過去世で元ヨガ行者だったからか?と思わないでもないが、真相はオレさまではわからん。



まぁいいや。



さて。ここからはエーテル系に入るわけだが、これまで記してきたチャクラ開発を終えていると、その段階でかなり意識的にエーテルを取り扱えるようになっているんだ。



気功とか習ったことがあると分かるが、そうしたスキルを習わない限り、自身のエーテルの流れというものはまったくの不随意でコントロールできていない。



しかし、少しずつイメージ、意志の力でコントロールできるようになっていくだろ。つまるところこれまでの行法で思考力、意志力が強化されているので、比較的容易にエーテルの流れをコントロールできるし、何より開発されたチャクラのおかげでエーテルの流れを感じ、分かるようになっているんだ。だから、ここからはある程度、早い。



さて、自身のエーテルの集中がここからの行法になる。最初はある種のイメージを心魂に浮かべて、そこに集中する。エーテルの集中点は、いわば頭部に作られる。



(すまん。ここからは、少しポイントは隠す。「いか超」以上のコトはブログではあまり出せん。)



この集中点からエーテルの流れが始まるんだ。こうした頭部(心魂)への集中をマスターしたら、つぎはノド元のチャクラへの集中を行う。



この行を続けていくと、エーテル体それ自体の在り方を意識的にコントロールできるようになってくる。そしてエーテル体のエーテル流を自在に操れるようになってくる。ただ主に、両手を中心に流れていくことを発見するだろう。(だからヒーラーは“手”をかざす。自然とエーテルは腕にそって流れると感じているわけだ。)



そして自在に操れる段階に至ったとき、このエーテルはノド元の集中点から額のいわゆる第3の目のチャクラへと移り、ここが次なる集中点となることがわかる。



エーテルの流れを真にコントロールするのは、この第6チャクラなのだ。



そして行が深化していくと、エーテル体それ自体を全体的に把握できるようになり、外部の、宇宙的なエーテルの流れをも知覚するようになる。(ここまでいくと、ホンモノのヒーラー)



そしてさらにエーテルの流れの集中点は移動する。今度はハートチャクラだ。こここそ、エーテル体の中心である、と修行者は自覚する。



ここまで至ると、初めてホンモノの霊界参入、秘儀参入へと至る。アストラル体、エーテル体が「一人前」に形成されてきたからだ。修行者は単なる霊視力(Imagination認識)を霊的合一能力(Intuition認識)へと高め、事物それ自体の内奥を直接経験するようになる。




と、とりあえずこのあたりを目指すことが、「神秘学徒」の目標となるわけだ。・・・といってもこの「入り口」でさえ、テレビタレント的なスピリチュアリズムの霊能者やら青森の神さまとか言われてる凡百の霊能者のはるか先に位置するのだが。



いやはや。



もちろんオレさまはまだ至ってねぇよ。w



必要なことはすべて習ってはきたが、実践、習得がおいついていない。やれやれ。



道はまだまだ遠いな。ぽちぽち歩いていこう。とりあえず駆け足でざっとチャクラ開発ともいうべき行法を『いか超』をベース(オレさまの行法自体これがベースなので)に見てきた。細かい点や身体的技法はいくつか割愛したが、おおまかな概観はできたのではないかと。



文字量にしたら、このチャクラ関係の記事は大したことはないだろう。しかし、体得するとなったら「いったい何年勝負だよ!」と思っただろうおまいの感覚は正しい。



どんな学問だって芸事だって、一人前になるには何年もかかるだろ。



それがスピな領域なら「意識設定ひとつでずっと短縮できる」ではなくて、反対に「もっと時間をかける必要がある」んだ。アセンションが近いだかなんだか知らないが、数日のセミナーで(しつこいw)すむような、そんないい加減な話はない。



これらの記事で、多少なりとも「なぜそんな時間がかかるのか」「なぜ慎重に時間をかけなきゃならんのか」とかが伝わったなら幸いだ。



しんどい道だが、ぽつぽつ歩いていこうぜ。



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(21/02/21)
    中☆高☆年!! 大変興味深い記事でありんした。 ふと、友人が昔、霊障に悩まされて永代寺さんに駆け込んで助けてもらった話を聞いたことが思い出されました。 あそこは高野山の関係だそうで。興味本位で、一度お寺の話を聞いてみたいなと思ったんですが、結局その機会はありませんでした。(ひやかしはブロックアウトなのかしら(笑)「不安を払拭」「脱洗脳」も受けてみてぇ) 話は変わるけど、最近見た話で、ある日本の宗教学者さんが言うには アメリカでもスピリチュアルはエセスピの意味合いが強くなり、スピリチュアルという言葉を敬遠するようになってきたのではないかと。 個人的には、そのうちまた新しい言葉が生まれるんじゃないかと当て込んで?います(賭けてない)。
    » なぜ詐欺的なスピリチュアルを信じ、ハマる人は多いのか。
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/02/16)
    随分古い記事にコメントありがとうよ。(笑) 下手に内省や精神的治療をやるよりも、 エネルギーワーク(エーテル系ワーク)で心の浄化が進んだり、 癒えたりする方法もあるってこったな。 これも一つの方法さー。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar Mayuko さんより(21/02/16)
    夏樹さん 次回の神秘学講座を目前に、多くの中からこのブログにあたりました。記憶の傷を癒す、原因を赦すという箇所を読んだ時、「ええ、マジで?!」と叫んでしまいました。 内省は自己否定付きという誤ったやり方でしたが経験もあります。(辛い) でも、エーテル体へのアプローチなんて全く知りませんでした。というか、エーテル?何?というレベルでした。これからの講座、俄然やる気がでてきました。ブログ、有難うございます。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar 藤千晶 さんより(20/12/02)
    はじめまして、藤千晶と申します。 いつもメルマガ拝見させて頂いています。 住まいは奈良県になり、神秘学講座を学びたいと思いながらも遠方なこともありなかなか行動出来ずにおりました。コロナによりZOOM講座も取り入れていただき、この度受講させていただきたいとメールさせていただきました。 受講希望はどちらから申込みさせていただけばよろしいでしょうか? どこかに記載くださっているはずですが、うまく申込み先を見つけられず、申し訳ありませんがご教示いただきたく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 ふじちあき
    » メールマガジン発行者・ブログ情報

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter