スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

講座お疲れ様でした!

たまたまTwitterで

目に付いたシュタイナーのbotが

この強い日差しの中で

叡智の知らせを受けなさい

とかなんとか言ってたので

「そうか」

と思ってカーテンと窓開けたら、

爽やかに曇ってた。

 

シュタイナー、ちょいと表に出やがれ。

 

たーこです。

 

はい、そんなこんなで

講座お疲れ様でした!

総復習・・・ちょっと大変でしたね!

口頭でさらっと中々のこと言ってた気がするし

わからないことなどありましたら夏樹にドシドシ

質問してくださいネ★←他人事。

 

忘年会もお疲れ様でした!

ちょ〜っと高かったですかね?^^;

申し訳ない。

次回はもっと手頃で楽しめるようなお店探しますね!

 

まあ、そんなこんなで

引き続き神秘学に興味のある方は

来年も講座でお会いしましょう!

201512212227

講座受講しているショコラたんに戴いた燻製チーズ。

ワインちびちびしながら齧ってます。

ありがとうございます。(美味しい!)

千葉からいらして下さった方からのお土産は

写真とる前に胃袋に消えてました。。。

ありがとうございました!美味しかったです!

 

 

※【重要】講座でのお土産等々について

私は頂き物は有り難く頂戴する

スタンスではありますが、

場合によっては恐縮してしまいます。

お気持ちだけでも十分有り難いので、

どうぞご無理のないようにお願いします。

特に、いわゆる

「人の気をひく為のお土産」

(↑わかるひとはわかるかと。)

これは、講座の主旨的にも非常に

よろしくないような気がしますので

ご遠慮くださいます様、お願い致します。

そういうの関係なく気楽な感じで下さる方も

マジで無理のないようお願いします。

何卒、何卒。

 

〜というのも

教える立場・教えられる立場

という構造が発生すると

どうしても(どういうわけか)

お金戴いている側が「エラい」

みたいな、謎の事態が発生しやすいみたいです。

 

一方で普通のショッピングは

時にお金払う側が「偉い」みたいな

逆の自体が発生するという。。。

(人はこれを「クレーマー」という。)

つっても私店員さんの態度にはかなり厳しめ

みたいなので、なんともですが。(夏樹談。

 

夏樹は神秘学講座において

「なんかそういうの」を

かなり気をつけています。

 

実際

「名誉とは罠なんだ」

〜と、かのダスカロスも言ってたようで。

 

※なんや知りませんが

「先生」と呼ばれることは

とても気持ちいいことみたいです。

うふんあはん。

 

夏樹も私もただの人です。

 

勝手申し上げますが、

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

人生を変える8本のメールレッスン

昨今、告知を忘れていた無料メール講座。

「復活の呪文」

★★★★★★★★★★★★★★
プロのヒーラーが学びに訪れる
スピリチュアルの専門家が
書き上げました!
 
1055人が読むだけで元気になり、
 
「人生を諦めない!」
 
と気力が爆発した8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/


より詳細な説明はコチラから

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter