“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

秘儀と印(ムドラー)の機能について考えてみた

どうも、夏樹です。

一見さんはあまりになつきませんが夏樹です。

さて。

戯言はともかく。

最近とてもなるほど!と思ったことをね。

 

秘儀参入の世界での学びにおいて、実はオレ、すげー疑問があったのな。

密教系の人には馴染みがあるだろうけど、印(ムドラー)ってヤツ。身口意とかいって、手には印、口は真言、意は仏に集中、みたいなカンジで言うじゃん。

あれ、特に「印」ってのが、一体どれほど役に立つというか、意味があるのかね、と。

 

シュタイナーとか、ダスカロス関連本、あるいはエッセネ派とか。キリスト教神秘主義において、一般的になっているレベルだと、印のは出てこない。

が、実は、秘儀においては、ちょいと出てくるのな。

 

けど実際のところ、どれだけ意味があるのだろう、と、かなりオレは「印」というものに対して、懐疑的だった。

それを別系統―気功系―の霊学を学ぶ仲間と話していたおり、ふっと疑問が氷解したワケ。

 

これはお互いの仮説の融合だが、

 

・手は第二の脳と言われる

 

・脳の状態と手の形は相似関係にある。

・ある種の霊的回路を開く行法では、特定の意念の集中がいる。

・その意念の集中状態と同様の状態を「型」として手で行う。

・結果として、目的とする脳の回路を開く助けとなる。

 

なるほど!と思ったね。

とある霊的目的のために必要な脳の回路の開発。

 

その「回路が開いた状態」を先に手で行うことで、まさに「カタチから入る」ようにするのか、と。武道の型のようなものだな。最初は意味がわからなくても、とにかくその型にそって、身体の力を当てはめていく。繰り返すことで、型の効能が身体に浸透し、ものになっていく。

 

そう考えると、武道における型は、叡智の結晶みたいなものだしなぁ。なんかすごく自分なりに納得がいった。レイキとか、そっち系の人の印の話は、なんか納得いかなかったので。

いやはや、スッキリした。というわけで、シェアしたくなった話でした。

 

 

人生を変える8本のメールレッスン

★★★★★★★★★★★★★★
プロのヒーラーが学びに訪れる
スピリチュアルの専門家が
書き上げました!
 
1055人が読むだけで元気になり、
 
「人生を諦めない!」
 
と気力が爆発した8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/

より詳細な説明はコチラから

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter