“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

【評判に頼らない】スピリチュアルカウンセラーの選び方で絶対失敗しない方法

 

スピリチュアルカウンセラーの選び方に関する記事の概要

 
未だにスピリチュアカウンセラーとかヒーラーとか、ネットの評判とかを頼りにそういう人のもとに駆け込み、ボられている人がいるとかいないとか。
 
 
東京とか横浜とか都市部には腐るほどいます。評判も選び方もクソもない。Gのようにわいている。
 
試しにスピリチュアルカウンセラーという言葉で画像検索してみろよ。ほとんどキモいから。
 
まぁ中にはきちんとした良心・能力をもっている人もいるかもしれないし、そういう人にあたることもあるかもしれない。
 
しかし、とくに東京・横浜などの大都市圏に跋扈するスピリチュアルカウンセラーの被害にあう人も多い。
 
そこで今回はいつもケチつけているたけじゃなくて、こういう人ならいいんじゃね?というスタンスで書くことにしてみた。
 
 
 

【評判に頼らない選び方】スピリチュアルカウンセラー=頭悪いかつ倫理がない

はい、世の中のスピリチュアルカウンセラーのみなさんごめんなさい。いきなり毒を吐きました。もう言いません。赦してください。反省してます。評判とか選び方もクソもないですね。
そんな気がします。
 
 
・・・いきな小見出しから言ってしまいました。。。今回こそは穏便に書こうとしたのに。
 
 
・・・まぁいいか。(ゲラゲラ
 
 
人間無理はするもんじゃないよね♪(テヘペロ
 
 
まずな、そもそも論だけど、スピリチュアルカウンセリングしますという時点で、その意味をわかっていないから。
 
何度かこのブログで書いてきたが、スピリチュアルカウセンリングの本質は、霊的道の学びにおける教導的対話なんだよ。師が弟子に行うヤツね。
 
 
決して、人生相談、オーラ診断、未来予知的な話じゃない。そんなもんは占い師にまかせておけ。
 
 
 
 
 
まぁ昨今は、占い師が「こっちの肩書の方が売れるから」とか、「占い師にオーラだの過去世だのを聞いてくる人が多いから」という理由で、スピリチュアルカウンセラーを名乗るケースもあるから片腹痛し、舘ひろし。(←?)
 
 
 
 
 
仮に方便としても、スピリチュアルカウンセリングを行うスピリチュアルカウンセラーを名乗っている時点で、もうアウト。なんかのゲームだったら、あれよ、
 
「はい、ダウト―♪ m9(^Д^)」
 
と叫ぶところだっちゅーの。
 
 
つまりは、世の大半のスピリチュアルカウンセラーは、さしたる理由もなく、「それで通じるから」「今やこの言葉の方が理解されやすい」とか。そして「ほんとはそんな意味があるなんて知らないしー。霊感やチャネリングでカウンセリングしてるから、これってスピリチュアルなカウンセリングじゃない?」ってな理由で、スピリチュアル・カウンセラーを名乗っている。
 
 
となると、ここで二つの問題がでてくる。
 
 
 

【評判に頼らない選び方】仮にも資格職的に自己をスピリチュアルカウンセラーと呼ぶケースの問題点

自分で自分をスピリチュアルカウンセラーと恥ずかし気もなく言いよったぁ!

 
 
一つ目の問題。
 
これは頭の悪いケースだが、そもそものこの言葉の意味も分からずに、あるいは誤解したまま名乗るというのは、その時点で知的怠慢にもほどがある。
 
エラそうにHPで自分のミッションだの使命だのをこのテの人たちは垂れ流すが、そのクセ、「スピリチュアルカウンセラー」の意味を分かっていない。
 
そんないい加減な人を選べるだろうか? つか、選び方も評判とか、そもそも見るべき点じゃねぇな。(おっと、いきなり本記事の意味を否定しまったw)
 
 
 
ただ逆に、もしHPでスピリチュアルカウンセラーとはなんぞやをきちんと説明し、「本来の意味とは違うが、今は●●のような意味で使われているので、私もそれに倣って使い、名乗ってます」くらいのただし書きがあれば、少なくとも、自己の在り方に対しての厳密さ、厳しさが少しは見えるので、信頼性は少しは増すだろう。選び方ってほどじゃないけど、単なる評判よりはマシかもしれない。
 
 
ほんの少しだけど。
 
 
 

単にスピリチュアルカウンセラーの意味を分からず名乗っている場合

次は単に霊感やらチャネリングでカウンセリングだの人生相談するから名乗っているケースな。
 
霊的世界ではオワコンdeathな。
 
 
そんなヒマありゃ、心理資格でも取得してろっちゅーの。
 
 
 
は~い、霊感相談しまぁす。なノリだわさ。
 
 
土台、ガチな霊能で人生相談するような人ってのは、もうね。
 
 
 
人生のすべてがそういう方向に誘導されているかのように、むしろ逃げても逃げても、「やらざるをえない」状態に追い込みかけられて、最後にはなってしまう。そもそもの人生のプロセスが、そこに至るまでの間の修行として必要なことをガッコンガッコン詰め込まれてしまうというか。
 
 
 
ブログとかHPで客を募って・・・なんて時点でオワコンを露呈している。評判とかの次元じゃねぇ。そんな余裕なんぞねーよ。というね。
 
 
 
その時点で、逃げた方が賢明だ。一方で、「風のウワサだけで」「人づてに相談者が来る」という人。概ね、他に稼業を持ちながら、ほんとに人助け的にスピリチュアルカウンセラーとして活動している人ね。
 
 
 
最近も、某所で友人がまさにそんな感じでとあるおばちゃんを紹介されてあってきたそうだが・・・。
 
 
普段は清掃員。
 
 
しかし、ウワサがウワサを呼び、人の相談に乗る。お代も3000円だかそこらじゃなかったか。
 
 
はい、そもそも、スピリチュアル・カウンセラーとすら名乗ってないw
 
 
 
多分そんな横文字すら知らねぇだろうよ。
 
 
 
多分、最大級に信頼できる可能性があるスピリチュアルカウンセラーは、そもそも「スピリチュアルカウンセラー」と名乗っていない、だ。
 
 
 

スピリチュアルな世界はかなり嘘つきが多い

 

画像に深い意味はありませんw

 
 
昔から、俺はほんとはスピリチュアルという言葉をつかうのが嫌いでね。ブログ初期のころも根性で「霊性」という言葉で押し通していた。
 
 
 
が、まぁかたっ苦しいし、良くも悪くも「スピリチュアル」という言葉がエハラーの功績(?)で一般的に通じるようなので、このカタカナ語も使うようにしたんだ。NHKのキャスターまでなんかのニュースのときに「一般用語的に」使ってたことあったし。
 
 
だが、基本的にまだ違和感はある。世のエセスピどもと同じ用語だしな。
 
 
話がそれたが、多くのスピリチュアルカウンセラーを嘘つきと言って悪ければ、「自分はそう思う」という完全なる主観の世界を、さも客観的にファクトのように伝える。そんな特徴があるスピリチュアルカウンセラーね。
 
 
コトバでは、予防線のように確定した事実ではないという風に前フリをしつつな。知り合いの知り合いは、そういう言葉で「縛られて」「妄信して」「恐怖」で身動きとれなくなってたよ。
 
 
も、証拠がないことをイイコトにした、詐欺というかカルト的洗脳というか。タチ悪いぜ。
 
 
 
 
 
 

代表的なウソは、お金はエネルギー

 
でもってこれね。よくいますねー。スピリチュアルで高額サービスのとき、お金はエネルギーなんでうんぬんかんぬん。スピリチュアルサービスで高額なのをよしとするロジック。断言します。ウソですから。ウソといって悪ければ、間違いです。
 
 
 
お金なんぞ、ただの価値交換媒体に決まってるだろ。アホぅか。「この紙と数字には価値があります」「ゼロが多いほど高い価値です」という約束ごとだ。
 
 
 
神のものは神に。カエサルのものはカエサルに。
 
 
っつー言葉があんのよ。意味はぐぐりなされ。
 
 
つかさ、自分のことだけど、おれの講座が低額なのも、そもそも利益事業としてみてないんで、運営経費になれば十分なのと、完全無償にして冷やかしを廃除する防波堤としての役割程度なわけ。基本、赤字にならなければいい。
 
 
ビジネスパーソン気質で見ると、資料作成費・人件費までも計算にいれたら完全に赤だけど、そこまで厳密に考えるのもアレなんで多少は緩い気持ちでいる。
 
 
 
ただ学習にはある程度は身銭を切る意志がある人でないと、学習の場として成立させるのは難しい。
 
 
 
 
おれはさすがにダスカロス(ヒーリングも学習も完全に無償)ほど度量は深くはない。
 
 
 
 
ただ学習意欲があるのに金銭が壁になってはいけないので、年金生活者や学生でも可能なレベルで設定している。それでもきびしいときは申し出てくれれば、さらに低減している。そのような運営方針なのも、「スピリチュアル」なものは、天の価値に属するものだからだ。
 
 
 
金銭にそもそも価値交換媒体としての役割を設定していない。エネルギーの交換とか。(笑) それは無理なことだからだ。
 
一方で、高額設定する人たちは違う。
 
 
 
エネルギーだ、交換だ、わけわからんことをほざく。そして正当化する。
 
「神のものは神に。カエサルのものはカエサルに」という答えはとうにでているのだ。
 
 
 
 

エセなスピリチュアル・カウンセラーの選び方のまとめ

 
 
結局かなりの批判的言辞が中心になっちまった感があるが・・・。
 
 
強引にまとめると。
 
 
やっぱり選び方も評判もあったもんじゃないのよ。
 
 
1.そもそも本物はスピリチュアル・カウンセラーを名乗ってない
2.ブログやHPでクライアントの募集をしていない
3.人づてで偶然的にしか出会えない
4.そもそも本業にしていない
 
 
こんな感じではなかろうか。
 
 
私事でアレだが、おれの師匠・通称ダンブルドアも、弟子であれ、紹介は受け付けない。「そんなこと絶対にするな。おれを必要とする人は、おのずと出会える。カルマが導くからだ」というスタンスだ。
 
 
 
シュタイナーやダスカロスのように、「教えること」や「神秘学の社会化・実学化」といった使命がない限り、本を書いたり、今ならネットとかを使って周知活動にいそしむ必要がそもそもないのだ。
 
 
 
以ここで前紹介したトム・ブラウンjr.の「ヴィジョン」に出てくるネイティブのマスターも、同様なことを言う。
 
 
 
彼自身はこのブログでよく言う、創造エーテル(生命体を生命体として成立させるバイタリティ。誰もが有しているが、霊性の高いものにしか「意図的な」使用許可の下りない高次のエーテル・バイタリティ。我々が通常、気功、ヒーリングで意識的に扱うのは、運動性エーテル、感覚性エーテル、記録性エーテル。)を使えるレべルに達しているが、別にそれを喧伝することなく、自分を必要な人と出会えば、癒す。無論一切の謝礼は受け取らない。自分はただ、荒野の探究者として、一生をネイティブアメリカン各部族の教えの収集と探求、そして自己の霊性の探究にささげた。
 
 
 
そしてたった一人、しかも白人の少年を継承者として残すのみだった。
 
 
こうした本物の「風格」「在り方」は、本物のスピリチュアル・カウンセラーとしての在り方、生き様を示してくれる。
 
 
にも拘わらず、世の「スピリチュアル・カウンセラー」は、あの手この手で、客をとろうとする。高額な価格体系がまるでレストランのメニュー表のように存在する。
 
なんじゃそりゃ??と思わずにはいられない。
 
 
 
 
 

結論:本物の「スピリチュアル・カウンセラー」は選ぶこともないし、評判も関係なく、必要な人は出会える

 
 
 
ここまで読んできて、「いや、そうはいっても自分は今、そうした存在を必要としている。出会いたい」と思っているかもしれない。そんなときはどうするのか。
 
 
 
最終的な結論はこうだ。
 
 
もし、おまえさんが本物のスピリチュアル・カウンセラーを必要とする状態であるならば。
 
 
そのときは必ず、偶然のような契機が重なり、必ず導かれ、必要なときに出会える。
 
 
意識的に躍起になって探す必要なんて、まるでない。
 
 
 
そしてそれで出会わないのであれば、おまえさんの問題は、この地上のことわりによって解決すべきであり、解決できるものなのだ、ということ。人は、乗り越えられない困難に出会うことはない。決してないのだ。
 
そういうものだ。おまえさんは、ほんとのところは、スピリチュアルカウンセラーなんて必要ないのだ。
 
 
 
そのことだけは信じて欲しいと思う。
 
 
 
ま。そんな話さ。

 

 

 

人生を変える8本のメールレッスン

~キミが幸せになっても、誰も困らない~

★★★★★★★★★★★★★★

伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと落とし込みました。

「人生を諦めない!」

と気力が溢れてきた8本のメールを公開しています。

★★★★★★★★★★★★★★

 

「もう引き寄せの法則とか、いりません」

 

メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、

伝統的神秘学を平易にかみ砕き、

そのエッセンスで

読者の魂の力を賦活する

メールをお届けします。



このメールは、

ともすれば自分の人生に

見切りをつけ始めた、

とくにover40歳など、

オトナたちのために書かれています。

今こそ、「ムリだ」というヤツを笑え!!


追伸

本メール講座で「スピリチュアル・リンケージ」という

概念を知り、身に着けてください。

  

☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/

 

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter