“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

カテゴリー:「エソテリック・ティーチング」人間編

「エソリテック・ティーチング」人間編7

いい加減に続きやらんとな、ということで、『エソテリック・ティーチング』精読シリーズ、人間の章の続きだ。前回の「6」を読み直してくれると良いと思う。さて。人間という存在は、<自己認識―魂>とダスカロス派が命名している、聖なるモナド(神の分霊み…

詳細を見る

人間編6

はい、どーも。ぼくちゃんです。また1週間が始まりやがります。気合いれてきばってこーぜ。エソテリック・ティーチング―人間の章の続きをまた読んでいこう。前回は、大天使的状態であった人間存在が、人間のイデアをくぐることで、人としての自己認識を…

詳細を見る

人間編5

さてさて。オレさまです。「人間とはそもそも霊的にはいかなる存在なのか」。この点を考察する本章は非常に重要なパートだ。めんどくせぇがw、じっくりと考察していこう。では続き。「1つの聖なるモナドとして、また1つの「霊―エゴ―存在」としての自…

詳細を見る

人間編4

はーい、オレさまだぴょん。気がついたら丸っと1ヶ月、このシリーズを更新していなかった。www時間って経つのはぇぇなあ。そんなわけで続きだ。前回は、つまるところ人間とは神の被造物というより、むしろ神の御子であり、善悪を経験しながら成長する…

詳細を見る

人間編3

はい、オレさまです。今日もお勉強開始といくか。「エソテリック・ティーチング」人間の章の続きだ。「すべての生命現象は絶対存在の言葉によって創造されていますが、人間と、その他の永遠なる存在は例外とされています。人間は創造されたものではなく、…

詳細を見る

人間編2

さてさて。そんなわけで、人間の章の勉強を続けるとしようか。前回の続きを抜粋するぜ。「絶対存在は、言葉によって“天国”を創造しました。天国とはあらゆる次元の全世界を意味する言葉であり(オレさま注:つまるところ、このオレさまたちの住まう3次…

詳細を見る

「エソテリック・ティーチング」人間編1

はい、そんなわけでエソテリック・ティーチング人間編の精読に入ろう。ここはちと長い。まぁらっくりとやっていこう。順番は前後しているが、ダスカロスの主著『エソテリック・ティーチング』では第1章~3章は絶対存在、キリスト・ロゴス、聖霊、となっ…

詳細を見る
特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/01/18)
    >justice いや、別に強い表現とかとは気にしてねぇよー。 そうか、あんたの「救いたい」は 業界というよりも、 「ヒーラー」とかやっちまう病んだ連中の 心なのかもしれねぇなぁ。
    » 偽物スピリチュアルヒーラーの実態と3つの見抜き方
  • User Avatar justice さんより(19/01/18)
    すみません、誤解を与えたようです。 文面をよく見ると、表現が強かったですね、すみません(笑) ただこの問題については、意外と根が深いと思います。 ご存じだとは思いますが、スピリチュアルのお仕事している圧倒的多くは、さまざまな事情でスピリチュアルの世界に辿りつき、心の拠りどころとしてスピリチュアルを自分の居場所をとしている方が多いです。 心にいろいろ問題を抱えているのだと思います。だから、理屈に合わない行動を取り、スピリチュアルの仕事やクライアントを「モノ」として利用してしまう人が多くなったのだと思います。 偉そうに言ってすみません。文面の一部は、今日書いたわたしのブログから抜粋しています。 こんなこと書いていますが、スピリチュアルは好きです。 加藤夏樹さんのキャラも好きで、記事も楽しく読ませてもらってます。
    » 偽物スピリチュアルヒーラーの実態と3つの見抜き方
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/01/18)
    >justice そうか。アンタおもしれぇな。がんがれよ! おれは救うというより滅ぼしたい側だ。 なのでアンタの正義とはどこかでぶつかりそうだが、そんときはフェアにヤりあおうぜ。(藁
    » 偽物スピリチュアルヒーラーの実態と3つの見抜き方
  • User Avatar justice さんより(19/01/18)
    16日の、偽物のスピリチュアルヒーラーの記事ですが、今更そんな事書いても、もう遅いと思います。 もっと早くに気づき、動くべきだったのです。 わたしが、スピリチュアル業界を救います。
    » 偽物スピリチュアルヒーラーの実態と3つの見抜き方

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter