“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

カテゴリー:「エソテリック・ティーチング」内観編

内観の章―ラストスパート編8

あんたたちー! 寒さに震えながら「よぉし、パパ、梅なんて見にいっちゃうぞー♪」なんてワケわからんハイテンションぶりを発揮していやがりますか。そんなワケだか、あんなワケだけど、ほんとに終わりが近くなった『エソテリック・ティーチング』18章…

詳細を見る

内観の章―ラストスパート編7

はい、オレさまだ。もう少しで『エソテリック・ティーチング』18章「内観」の章も終わる。そこに向けて、ぽまいらとの学習を進めていくぜ。前回は、内観を続けることで、現在のパーソナリティーが内なる自分(自己認識―魂)が出会い、表現できるように…

詳細を見る

内観の章―ラストスパート編6

はい、どーも。夕飯前にちょいとおやつを食べたことを老人にように忘れて、「ぬぅ。体調不良でもねぇのに今日はなんかゴハンがあまり食べれない気がする・・・」と不思議に思っていたアルツなオレさまですが、ぽまいらはいかが夕飯食べたこと自体を忘れて…

詳細を見る

内観の章―ラストスパート編5

内観の章を書いているからというわけではないが、最近は自分の内面と対峙することが、多い。・・・シャレんなんねーよなぁ・・・と黄昏てばかりのオレさまですが、ぽまいらはいかに日々てめぇの内面に棲むヤシに食われそうになっていやがりますか。ま。少…

詳細を見る

内観の章―ラストスパート編4

あんたたちー! ヴァッキャナブルな脳みそを「休日だーい♪ キャハッ♪」なんてフヤけさせてんじゃないわよ。もともとアンタたちに脳みそにたいしてシワなんてないのだろうから、少しでも刻めるようにお勉強かるわよっ!ってなわけで、今日も始める…

詳細を見る

内観の章―ラストスパート編3

「オレさま、説教くさい記事続けるよねー」ってなことを言われても、続けてしまうオレさまですが、ぽまいらはいかが昔は「うぜぇんだよ」なんてつって親やら教師のおせっかいに悪態ついて盗んだバイクで走り出していやがりましたか。・・・盗んだバイクの…

詳細を見る

内観の章―ラストスパート編2

さてと。それじゃ気を取り直して、と。神秘学的考察編ということで、ダスカロス著「エソテリック・ティーチング」18章「内観」の続きをまたぽまいらと読んでいこう。この18章って最終章なんだが、これから「原因と結果の法則」の章もやっていこうと思…

詳細を見る

内観の章―ラストスパート編1

気合をいれなおし、神秘学徒らしいこと書くかぁ、と腰をあげたオレさまですが、ぽまいらはいかがリキんだ瞬間に「ぶっ!」なんてオナラが出て「恥ずかちぃっ!」なんてかわいこぶっていやがりますか。さてさて。長らく連投してきた「エソテリック・ティー…

詳細を見る

内観の章―まだ続く。

「いつまでこの章つづく? もう飽きたんだけどー」といわれても、「ここは重要な章なんで、ガッツリ逝くんだよ(藁」と言い放つオレさまです。基本、神秘学で大切な学びは、それこそ一般学問のように、理性的に学んでいく部分と内省だ。早い話、それだけ…

詳細を見る

内観の章―さらなる続き

さてと。気合入れなおしてまともな記事を書くか、というボクちゃんです。もっともこの記事が投稿される頃は、新年会であひゃってる最中でしょうけども。ってなわけで、ぽまいらは新年会だなんだと理由をつけて呑んだくれていやがるかい。では、早速、前回…

詳細を見る

内観の章の続き

冷たい風に「オレさまだけでいいから避けて通りやがれーーー!!」となみだ目で叫んでみたいものの、まるで聞き入れられずに木枯らしに吹かれてまくつているオレさまですが、木枯らしに吹かれてといえばアルフィーよりも小泉今日子が歌ったversion…

詳細を見る

「何を欲して生きるのか?」内観の章の続き。

いやはや。本日、関東はエラく寒いぜ。寒さが苦手なオレさまはガクブル状態だが、まぁなんとか風邪はひかずに過ごせている。まだまだ寒い日々は季節は続くなってもんで、無難な気候の話を冒頭にもってきたオレさまだが、ぽまいらはいかが近所の人との会話…

詳細を見る
特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/29)
    >天使=大天使のエレメンタルだとするなら、 悪魔=ルシファーのエレメンタルということでオッケーですか? さらにルシファーが悪魔しか作らないとするならば、シャマエルは悪魔なの??? 微妙。シャマエルは確かにルシファのエレメンタルとして活動するね。その作用は「機能的」なのであまり悪魔として認識されないように思う。 いわゆる「悪魔」とは別と考えた方がいい。 シュタイナーの文脈でいえば「アーリマン」に属する人(笑)たちが悪魔だねー。 悪魔は人間の感情をトレースできるので「善でも悪」でも柔軟にw行動できちゃうけど、ルシファーとかは根本は大天使なので「悪と呼ばれる行為(作用)しか」(ルシにとっての善)できないわけです。
    » 天使と悪魔
  • User Avatar ひろ子 さんより(19/07/29)
    昨日教えてもらったことを復習しにやってきました☆ 天使=大天使のエレメンタルだとするなら、 悪魔=ルシファーのエレメンタルということでオッケーですか? さらにルシファーが悪魔しか作らないとするならば、シャマエルは悪魔なの??? とするならば、私たちの肉体を司る存在の中に悪魔がいる!? 気になります。
    » 天使と悪魔
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/13)
    となるとアレね。やはり王道はシュタイナーやダスカロス本の紹介でいいんでないかねー。 まぁ『信者』になってるとなかなか難しいものはあるけどな。
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。
  • User Avatar なが さんより(19/07/13)
    だよねえ。周りの人曰く“ピュアな人”らしいんだけど、神秘家をピュアって形容しないしねえ。 多分ピュアでいい人なんだと思う。そのスピな人。カルマの負債を増やす前に誰か教えてあげてって祈るわ。 結局私にできるのは、信者(どストレート過ぎて使いたく無かったけど)達に、 こういうブログがあるよって教えることか、 ダスカロスかシュタイナーの本の紹介するくらい。 自分が認識甘いのに人のこととやかく言えないよなあ、と思うこともある。 モヤモヤの半分は私の過去を見ているみたいだから関わりたくない、なんだけどもね(笑)
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter