“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

カテゴリー:「エソテリック・ティーチング」内観編

内観の章―ラストスパート編8

あんたたちー! 寒さに震えながら「よぉし、パパ、梅なんて見にいっちゃうぞー♪」なんてワケわからんハイテンションぶりを発揮していやがりますか。そんなワケだか、あんなワケだけど、ほんとに終わりが近くなった『エソテリック・ティーチング』18章…

詳細を見る

内観の章―ラストスパート編7

はい、オレさまだ。もう少しで『エソテリック・ティーチング』18章「内観」の章も終わる。そこに向けて、ぽまいらとの学習を進めていくぜ。前回は、内観を続けることで、現在のパーソナリティーが内なる自分(自己認識―魂)が出会い、表現できるように…

詳細を見る

内観の章―ラストスパート編6

はい、どーも。夕飯前にちょいとおやつを食べたことを老人にように忘れて、「ぬぅ。体調不良でもねぇのに今日はなんかゴハンがあまり食べれない気がする・・・」と不思議に思っていたアルツなオレさまですが、ぽまいらはいかが夕飯食べたこと自体を忘れて…

詳細を見る

内観の章―ラストスパート編5

内観の章を書いているからというわけではないが、最近は自分の内面と対峙することが、多い。・・・シャレんなんねーよなぁ・・・と黄昏てばかりのオレさまですが、ぽまいらはいかに日々てめぇの内面に棲むヤシに食われそうになっていやがりますか。ま。少…

詳細を見る

内観の章―ラストスパート編4

あんたたちー! ヴァッキャナブルな脳みそを「休日だーい♪ キャハッ♪」なんてフヤけさせてんじゃないわよ。もともとアンタたちに脳みそにたいしてシワなんてないのだろうから、少しでも刻めるようにお勉強かるわよっ!ってなわけで、今日も始める…

詳細を見る

内観の章―ラストスパート編3

「オレさま、説教くさい記事続けるよねー」ってなことを言われても、続けてしまうオレさまですが、ぽまいらはいかが昔は「うぜぇんだよ」なんてつって親やら教師のおせっかいに悪態ついて盗んだバイクで走り出していやがりましたか。・・・盗んだバイクの…

詳細を見る

内観の章―ラストスパート編2

さてと。それじゃ気を取り直して、と。神秘学的考察編ということで、ダスカロス著「エソテリック・ティーチング」18章「内観」の続きをまたぽまいらと読んでいこう。この18章って最終章なんだが、これから「原因と結果の法則」の章もやっていこうと思…

詳細を見る

内観の章―ラストスパート編1

気合をいれなおし、神秘学徒らしいこと書くかぁ、と腰をあげたオレさまですが、ぽまいらはいかがリキんだ瞬間に「ぶっ!」なんてオナラが出て「恥ずかちぃっ!」なんてかわいこぶっていやがりますか。さてさて。長らく連投してきた「エソテリック・ティー…

詳細を見る

内観の章―まだ続く。

「いつまでこの章つづく? もう飽きたんだけどー」といわれても、「ここは重要な章なんで、ガッツリ逝くんだよ(藁」と言い放つオレさまです。基本、神秘学で大切な学びは、それこそ一般学問のように、理性的に学んでいく部分と内省だ。早い話、それだけ…

詳細を見る

内観の章―さらなる続き

さてと。気合入れなおしてまともな記事を書くか、というボクちゃんです。もっともこの記事が投稿される頃は、新年会であひゃってる最中でしょうけども。ってなわけで、ぽまいらは新年会だなんだと理由をつけて呑んだくれていやがるかい。では、早速、前回…

詳細を見る

内観の章の続き

冷たい風に「オレさまだけでいいから避けて通りやがれーーー!!」となみだ目で叫んでみたいものの、まるで聞き入れられずに木枯らしに吹かれてまくつているオレさまですが、木枯らしに吹かれてといえばアルフィーよりも小泉今日子が歌ったversion…

詳細を見る

「何を欲して生きるのか?」内観の章の続き。

いやはや。本日、関東はエラく寒いぜ。寒さが苦手なオレさまはガクブル状態だが、まぁなんとか風邪はひかずに過ごせている。まだまだ寒い日々は季節は続くなってもんで、無難な気候の話を冒頭にもってきたオレさまだが、ぽまいらはいかが近所の人との会話…

詳細を見る
特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/13)
    オウア 「愛」っつーもんの定義が社会科学的に出来んだろうからそりゃあ難しいだろうさ。 ああ。マザーテレサの狂気性や虚偽性、予定された列聖、欺瞞はもろもろ巷間言われてるな。 それでもアイコンとしてわかりやすいだろ? ナイチンゲールみたいなもんだよ。(笑) でもっておれは彼女のしたことはできねぇしな。
    » スピリチュアルな意味で正しい愛の状態とは?
  • User Avatar オウア さんより(18/05/13)
    スピリチュアルの愛とは、法律・条約等を「愛」の一文字で回すことだと思う(´・ω・`) できるものならやってみろと思わずにはいられない(^_^;) ちなみに、マザーテレサはカトリックの威厳の回復を目的にでっちあげた人物ですよ。 学校建てると募金してネコババしたり、痛みに耐えるのが素晴らしいとか言って見放す割に自分には最先端医療を求めたりしてたようです。日本円で28億円相当を荒稼ぎしたと記憶しています。TVで放送された奇跡はなかったとかなんとか。 「真偽はともかくこの言葉が好き」 そう言われればそれまでですが、なんだか違和感を感じてしまう自分がいる(^_^;)
    » スピリチュアルな意味で正しい愛の状態とは?

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter